普及のカギを握るのは総務省!? 新型「ホンダ・ヴェゼル」のコネクテッドサービスを試す

2021.04.28 デイリーコラム

エンジン始動もスマートフォンで

これまで一部のハイエンドモデルに限られていたスマートフォンによるクルマの開錠/施錠機能だが、新型「ホンダ・ヴェゼル」に採用されたことで、この春から一気に民主化が進むことになる。

スマートフォンをキーの代わりに使える機能はそれ単独でなく、コネクテッドサービス「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」の一部として提供され、「Hondaデジタルキー」と名づけられている。コネクトをうたうだけあって、スマートフォンからの操作にはBluetoothではなく携帯電話キャリアの回線を通じたインターネットを使う。利用できるのは最上級グレード「e:HEV PLaY」に標準装備、その他グレードにメーカーオプションとなる「Honda CONNECTディスプレー」搭載車と、ディーラーオプションの「Gathersナビ」(一部機能制限あり)搭載車のみ。ナビ非装着車や社外ナビ装着車の場合は、クルマの横でスマートフォンを操作しても何も起こらない。

クルマのロックとアンロックの手順は非常に簡単で、あらかじめスマートフォンにインストールしておいたアプリを起動して「デジタルキー」という項目をタッチすると、錠前のアイコンとともに「ロック」と「アンロック」のボタンが表示される。日常的にスマートフォンを操作している人であれば何も考えずに操作できることだろう。

ホンダのデジタルキーはさらに一歩踏み込んでいて、キーレスでのクルマの始動が可能になっている。スマートフォンでドアロックを解除して乗り込むと液晶メーターに4桁の数字が表示されるので、それをスマートフォンに入力したうえでスターターボタンを押すと、ガソリンモデルであればブルンッとエンジンがかかり、ハイブリッドモデルであれば未来的なサウンドとともにシステムが目覚める。

新型「ホンダ・ヴェゼル」。先代モデルとは一変して、未来的な外観に仕上がっている。
新型「ホンダ・ヴェゼル」。先代モデルとは一変して、未来的な外観に仕上がっている。拡大
スマートフォンに専用アプリを表示したところ。ドアのロック/アンロックに加えて、エアコンの操作もできる。
スマートフォンに専用アプリを表示したところ。ドアのロック/アンロックに加えて、エアコンの操作もできる。拡大
ホンダ ヴェゼル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ヴェゼル【開発者インタビュー】 2021.5.27 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が2代目に進化。2013年デビューの先代は8年間で45万台が販売されたベストセラーモデルだが、当時と違うのはその後にライバルとなる国産コンパクトSUVが続々とデビューし、競争が激化しているところだ。開発責任者を務めた岡部宏二郎さんに話を聞いた。
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.4.22 画像・写真 ホンダのクロスオーバーSUV「ヴェゼル」がフルモデルチェンジ。2014年の発売から累計で45万台を売り上げたというベストセラーモデルは、一体どんな進化を遂げているのか。よりクーペらしさを増した外装と、飛躍的に上質感が増した内装を写真で詳しく紹介する。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.2.18 画像・写真 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が初のフルモデルチェンジ。クーペライクなスタイルをまとう新型が、2021年4月に発売される。それに先立ち世界初公開された、2代目ヴェゼルのディテールを写真で紹介する。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る