カギは忘れずポケットに

ドアの開け閉めからクルマの始動までが可能ということは、スマートフォンさえ持っていればキーは携帯不要ということだ。……不要なのだが、ホンダの人によれば、それは推奨していない行為だという。というのも、先に書いた通り、ホンダのデジタルキーはBluetoothではなくインターネットを介している。そのためスマートフォンが圏外の場所でクルマを止めてしまうと再始動ができなくなる。また、スマートフォンのバッテリーがなくなってしまった場合も同様なので、万が一に備えて本物のキーも持っておくほうが安心だ。

ということは、出かけるときには右手にスマートフォンを持ち、ポケットやカバンの中にはクルマのカギが入っているということになる。この状態だと、ドアのオープナーに手をかけただけでロックが外れ、スターターボタンを押すだけでクルマが始動する。アプリの起動も4桁数字の入力も不要である。

つまり、スマートフォンを使わないほうが手っ取り早いということが図らずも露呈してしまうわけだが、そもそも機能が備わっていなければ使うことができないのだから、今回はホンダがBセグメントのクロスオーバーSUVにこの種の機能を展開したというところに意義がある。また、出先でキーをなくしてしまったとしても、スマートフォンさえあれば何とかなるというのは心強い。

メーターパネルに表示された、クルマを始動するための4桁の数字。セキュリティーのために毎回違う数字が表示されるという。
メーターパネルに表示された、クルマを始動するための4桁の数字。セキュリティーのために毎回違う数字が表示されるという。拡大
専用アプリを使うと、自分が離れた場所にいてもクルマがロックされているかどうかをチェックできる。
専用アプリを使うと、自分が離れた場所にいてもクルマがロックされているかどうかをチェックできる。拡大
ホンダ ヴェゼル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.4.22 画像・写真 ホンダのクロスオーバーSUV「ヴェゼル」がフルモデルチェンジ。2014年の発売から累計で45万台を売り上げたというベストセラーモデルは、一体どんな進化を遂げているのか。よりクーペらしさを増した外装と、飛躍的に上質感が増した内装を写真で詳しく紹介する。
  • 「ホンダ・ヴェゼル」がフルモデルチェンジ パワートレインやADASなどが全方位的に進化 2021.4.22 自動車ニュース 本田技研工業は2021年4月22日、クロスオーバーSUV「ヴェゼル」の新型を同年4月23日に発売すると発表した。「センタータンクレイアウト」などの基本構造を先代モデルから踏襲しながら、ハイブリッドシステムを刷新するなどして全方位的な進化を遂げている。
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.2.18 画像・写真 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が初のフルモデルチェンジ。クーペライクなスタイルをまとう新型が、2021年4月に発売される。それに先立ち世界初公開された、2代目ヴェゼルのディテールを写真で紹介する。
  • アウディRS Q8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.7 試乗記 全長5m、全幅2mという巨大なボディーに、圧倒的なパワーを発する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS Q8」。重厚長大という言葉を地でいく巨大で豪速なハイパフォーマンスSUVは、得も言われぬ“勝ち組”感に包まれていた。
  • アウディQ5 40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.30 試乗記 アウディのミドルクラスSUV「Q5」がマイナーチェンジ。広範にわたる改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? エンジンが刷新されたディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る