多彩なサービスが1年間無料

デジタルキーだけでなく、ホンダコネクトにはマップデータの自動更新サービスや緊急時のオペレーターサービス、車外からエアコンなどを操作できるリモート操作サービス、ALSOKの駆けつけサービス、ホンダコネクトディスプレー用アプリのダウンロードサービス、車内WiFiなどがラインナップされている。これらはすべて申し込みから12カ月間(WiFiは最初の1GB)は無料だが、その後は毎月の利用料金が必要になる。

マップデータの自動更新とオペレーターサービス、リモート操作は3つセットで基本パック(月額550円)にまとめられているが、デジタルキーやALSOKの駆けつけサービス、アプリのダウンロードサービスはそれぞれ月額330円を個別に支払う必要がある。

「全部有料かよ!」という感想を持たれる方がいるのは当然だと思う。しかし、考えてみれば個別に課金されるということは、12カ月間試したうえで自分には不要と感じたサービスにはお金を払う必要がないということだ。先に書いたようにデジタルキーの仕組みに気がついてしまった人は使わなくなるだろうし、アプリのダウンロードなんかも人を選ぶサービスだと思う。全部タダなら一番いいが、一般的にこうしたサービスは有料のほうがクオリティーが高いという経験則は、多くの人が持っているものだと思う。

現時点でラインナップされているアプリの一覧。「ホンダe」で使える「アクアリウム」が「ヴェゼル」に用意されないのは、1つしかない画面にそれを映す人はいないからだという。
現時点でラインナップされているアプリの一覧。「ホンダe」で使える「アクアリウム」が「ヴェゼル」に用意されないのは、1つしかない画面にそれを映す人はいないからだという。拡大
「よりみちスポット」のアプリを使ってみる。近隣にある立ち寄りたい施設をピックアップした後で寄りたい順番に並び替えが可能で、そのデータをナビに送信することができる。
「よりみちスポット」のアプリを使ってみる。近隣にある立ち寄りたい施設をピックアップした後で寄りたい順番に並び替えが可能で、そのデータをナビに送信することができる。拡大
ホンダ ヴェゼル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.4.22 画像・写真 ホンダのクロスオーバーSUV「ヴェゼル」がフルモデルチェンジ。2014年の発売から累計で45万台を売り上げたというベストセラーモデルは、一体どんな進化を遂げているのか。よりクーペらしさを増した外装と、飛躍的に上質感が増した内装を写真で詳しく紹介する。
  • 「ホンダ・ヴェゼル」がフルモデルチェンジ パワートレインやADASなどが全方位的に進化 2021.4.22 自動車ニュース 本田技研工業は2021年4月22日、クロスオーバーSUV「ヴェゼル」の新型を同年4月23日に発売すると発表した。「センタータンクレイアウト」などの基本構造を先代モデルから踏襲しながら、ハイブリッドシステムを刷新するなどして全方位的な進化を遂げている。
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.2.18 画像・写真 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が初のフルモデルチェンジ。クーペライクなスタイルをまとう新型が、2021年4月に発売される。それに先立ち世界初公開された、2代目ヴェゼルのディテールを写真で紹介する。
  • アウディRS Q8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.7 試乗記 全長5m、全幅2mという巨大なボディーに、圧倒的なパワーを発する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS Q8」。重厚長大という言葉を地でいく巨大で豪速なハイパフォーマンスSUVは、得も言われぬ“勝ち組”感に包まれていた。
  • アウディQ5 40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.30 試乗記 アウディのミドルクラスSUV「Q5」がマイナーチェンジ。広範にわたる改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? エンジンが刷新されたディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る