クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)

風はこれから強く吹く 2021.05.05 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。

すぐになじむか戸惑うか?

何はさておきシートポジションを合わせようとドアトリムに備わるシート型スイッチに手を伸ばすと、あれ、動かない。物理スイッチではなく、タッチタイプに変わっていたのである。だから壊れていると決めつけて力任せに動かそうとしてはいけない。例によってとか、いつもの通りなどと言えなくなったのが現在のメルセデス・ベンツだ。

いつの頃からか、メルセデスは躊躇(ちゅうちょ)なく、しかもかなり頻繁にコントロール類のロジックや配置を変更するようになった。よく言われるのは、かつてはセンターコンソール中央の一等地から動かないはずだったハザードスイッチが、モデルによってあちこちに移動しているというものだが、新型「Sクラス」はそんなレベルではない。その程度で不満を漏らすようなオジサンたちに、この最新型のインターフェイスを使いこなすことができるか、いやそもそもその気になるかどうかすら怪しい気がする。

さすがにSクラスの場合はこの新型でもハザードスイッチはコンソールの真ん中、巨大な12.8インチの有機ELディスプレイ下にわずかに残された物理スイッチ列の中央にあるが、その隣にはスマホのホームボタンのようなタッチスイッチがある。指紋認証によるログイン用センサーだ。ほかにも顔や声、あるいはPINコードでも進化版の「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」にログイン可能で、さらに運転席以外でも行えるという。

今やクルマにログインする時代なのである。MBUXにドライビングポジションやメーター表示、スマホなどの個人プロファイルを登録しておけば、次からは何もする必要がないというわけだ。「ワシは最後までガラケーだ」などとかたくなだと、そろそろ新型車には乗れなくなるかもしれない。もちろん、そんな最新デバイスを無視しても走りだすことはできるが、最先端技術の恩恵にはあずかれない。

8年ぶりのフルモデルチェンジとなった「メルセデス・ベンツSクラス」。本国では2020年9月2日に発表され、2021年1月28日に日本導入がアナウンスされた。今回の試乗車は、ラインナップのトップモデルとなる「S500 4MATICロング」で、車両本体価格は1724万円。
8年ぶりのフルモデルチェンジとなった「メルセデス・ベンツSクラス」。本国では2020年9月2日に発表され、2021年1月28日に日本導入がアナウンスされた。今回の試乗車は、ラインナップのトップモデルとなる「S500 4MATICロング」で、車両本体価格は1724万円。拡大
「デジタルとアナログの調和」がうたわれた新型「Sクラス」のインテリア。センターコンソールに備わる12.8インチ有機ELメディアディスプレイが目を引く。
「デジタルとアナログの調和」がうたわれた新型「Sクラス」のインテリア。センターコンソールに備わる12.8インチ有機ELメディアディスプレイが目を引く。拡大
官能的純粋という意味を持つ「Sensual Purity(センシュアルピュリティー)」がエクステリアのデザインコンセプトに掲げられた「Sクラス」。ラインやエッジを大幅に削減した凹凸の少ないフォルムが特徴といえる。今後のメルセデス・ベンツ車をけん引するデザインでもあると紹介されている。
官能的純粋という意味を持つ「Sensual Purity(センシュアルピュリティー)」がエクステリアのデザインコンセプトに掲げられた「Sクラス」。ラインやエッジを大幅に削減した凹凸の少ないフォルムが特徴といえる。今後のメルセデス・ベンツ車をけん引するデザインでもあると紹介されている。拡大
「S500 4MATICロング」のボディーサイズは全長×全幅×全高=5320×1930×1505mm、ホイールベースは3215mm。車重は2250kgと発表されている。
「S500 4MATICロング」のボディーサイズは全長×全幅×全高=5320×1930×1505mm、ホイールベースは3215mm。車重は2250kgと発表されている。拡大

今のところ6気筒のみ

W223型と呼ばれる新型Sクラスは、ほぼ半世紀前に初めてSクラスを名乗ったW116型から数えて7世代目にあたる。今のところ日本仕様はガソリンとディーゼルの各1種の6気筒エンジンが用意され、それぞれに標準仕様ボディーとロングホイールベース仕様が設定されている。

今回の試乗車は、ガソリンの3リッター直6ターボに「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」と電動スーパーチャージャーを組み込んだM256型エンジンを積む、ロングボディー仕様(ホイールベースおよび全長ともに標準型より110mm長い)のS500である。

新型のロングボディーの車両サイズは全長×全幅×全高=5320×1930×1505mmと従来型よりも若干大きくなっているが(全長は+55mm、ホイールベースは+70mm)、スリークで簡潔なデザインゆえに大型化したようには見えない。エアインテーク以外は押し出し感が強くないボディーのCd値は最良の仕様で0.22というから、メルセデスとしては初めて格納式ドアハンドルを採用しただけのことはある。

M256型直6ターボは従来型Sクラスにも搭載されていたものだが、最高出力435PS/6100rpm、最大トルク520N・m/1800-5800rpmへと従来型(同367PS/同500N・m)に比べてパワーアップしたことで、「S450」ではなく「S500」と、6気筒ながらモデル名が格上げされている。ちなみに全車4WDの「4MATIC」仕様、変速機は「9Gトロニック」と称する電子制御9段ATである。

今回の試乗車は「オブシディアンブラック」と呼ばれるメタリックカラーをまとい、内外装をスポーティーに仕立てるオプションの「AMGライン」が選択されていた。
今回の試乗車は「オブシディアンブラック」と呼ばれるメタリックカラーをまとい、内外装をスポーティーに仕立てるオプションの「AMGライン」が選択されていた。拡大
格納式のアウタードアハンドルをメルセデス・ベンツ車として初めて採用。リモコンキーを持って車両に近づくと、自動でハンドルがせり出してくる。
格納式のアウタードアハンドルをメルセデス・ベンツ車として初めて採用。リモコンキーを持って車両に近づくと、自動でハンドルがせり出してくる。拡大
M256型と呼ばれる3リッター直6ターボエンジンは最高出力435PS、最大トルク520N・mを発生。これに同22PS、同250N・mのモーターが組み合わされる。トランスミッションは9段ATの「9Gトロニック」。
M256型と呼ばれる3リッター直6ターボエンジンは最高出力435PS、最大トルク520N・mを発生。これに同22PS、同250N・mのモーターが組み合わされる。トランスミッションは9段ATの「9Gトロニック」。拡大
足を差し入れる動作でトランクリッドが開閉する「フットトランクオープナー」機能を標準装備。オプションの「AMGライン」が装着された試乗車の荷室容量は、480リッターとなる。
足を差し入れる動作でトランクリッドが開閉する「フットトランクオープナー」機能を標準装備。オプションの「AMGライン」が装着された試乗車の荷室容量は、480リッターとなる。拡大

「Sクラスとしては」の難しさ

エンジンを始動するとわずか500rpmほどでアイドリングすることから、48V駆動のマイルドハイブリッドであると知れる。当然、極めて静粛であり、モーターとスーパーチャージャーがアシストする低中速も、主にターボが働く中高速域でも滑らかに逞(たくま)しく走る(欧州仕様標準ボディーの0-100km/h加速は4.9秒)。

まったく不足はないのだが、「Sクラスとしては」と考えると、若干期待を下回ると言わざるを得ない。従来型の途中で追加されたISG付き6気筒ターボエンジンが艶(つや)やかに滑らかに、そして静かに回ることに驚いた記憶に比べて、この新型はそれほどでもなかったのである。アイドリングストップしない場合など、条件によってはわずかにバイブレーションも感じたぐらいなので、もう少し他の車両も試してみるまで確かなことはちょっと保留にしたい。

乗り心地にしても、従来型ほどのねっとりしなやかな感じは受けなかった。新型は全車3チャンバー式エアスプリングと可変ダンパーを備えた「エアマチックサスペンション」が標準装備されるが、それにしては、たおやかなとまでは言えない乗り心地であり、ふんわりとした浮遊感はあるものの、どのモードに切り替えてもフラット感はいまひとつで、姿勢変化もやや大きいように感じた。S500ロングは本来18インチタイヤが標準だが、試乗車は「AMGライン」(99万8000円のオプション)を装備していたのでタイヤは20インチ(ノイズ軽減タイプ)を履いていた。

デモカーはどうしてもスポーティーなオプション満載になりがちだが(初期のカスタマーは皆フルフルを望むとインポーターは言う)、Sクラスのようなクルマはまずスタンダード仕様で新型を試したいところである。もちろん、Sクラスでなければ気にならない、指摘するほどでもない上等の出来栄えだが、Sクラスは既に達しているレベルから少しでも後退することが許されないのだ。

連続可変ダンパーとエアサスを電子制御する「エアマチックサスペンション」が標準装備される。高速走行時には車高を下げて空気抵抗を低減させ、大きな段差を乗り越える際などには、車高を瞬時に上げることもできる。
連続可変ダンパーとエアサスを電子制御する「エアマチックサスペンション」が標準装備される。高速走行時には車高を下げて空気抵抗を低減させ、大きな段差を乗り越える際などには、車高を瞬時に上げることもできる。拡大
「S500 4MATICロング」には、内蔵されたエアチャンバーの空気量をコントロールし、乗員の体格に合わせてシートのサポート性を調整できる「アクティブマルチコントロールシートバックパッケージ」が標準装備される。今回の試乗車で選択されていた内装色は「シエナブラウン/ブラック」と呼ばれるもの。
「S500 4MATICロング」には、内蔵されたエアチャンバーの空気量をコントロールし、乗員の体格に合わせてシートのサポート性を調整できる「アクティブマルチコントロールシートバックパッケージ」が標準装備される。今回の試乗車で選択されていた内装色は「シエナブラウン/ブラック」と呼ばれるもの。拡大
今回の試乗車には、11.6インチモニターや「MBUX」リアタブレット、フットレスト付きエグゼクティブシート(助手席側後席)、リアベルトバッグなどがセットになる「リアコンフォートパッケージ」がオプションで装着されていた。
今回の試乗車には、11.6インチモニターや「MBUX」リアタブレット、フットレスト付きエグゼクティブシート(助手席側後席)、リアベルトバッグなどがセットになる「リアコンフォートパッケージ」がオプションで装着されていた。拡大
新型「Sクラス」には、後輪操舵機構「リア・アクスルステアリング」が標準装備される。車速が60km/h以下の状態では前輪と逆位相に最大4.5°、60km/hを超えた場合は前輪と同じ方向に最大3°後輪を操舵する。
新型「Sクラス」には、後輪操舵機構「リア・アクスルステアリング」が標準装備される。車速が60km/h以下の状態では前輪と逆位相に最大4.5°、60km/hを超えた場合は前輪と同じ方向に最大3°後輪を操舵する。拡大

新機軸が多すぎる

目的地を設定すると、要所でナビの案内矢印が載ったリアルタイム映像がセンターディスプレイに現れ、ヘッドアップディスプレイにも映し出される「ARヘッドアップディスプレイ」(41万円のオプション)は、ひと昔前のSF映画のデバイスが現実になったようで新鮮な驚きがあるものの、実際に役に立つかどうかとなると、正直言ってまだ分からない。

同じくオプションの「3Dコックピットディスプレイ」(13万円)も同様。特に見やすいとは感じられず、表示スタイルのバリエーションもあらずもがなではないかと思った。

そんなものよりも、新型Sクラスにはまだまだ確認しなければならない新技術が満載されている。たとえばプロジェクターなどに用いられるDLP(デジタルライトプロセッシング)技術による130万画素相当の「デジタルライト」の効果も見ていないし、さらにまだ日本仕様にはない「E-ABC」(Eアクティブボディーコントロール)と称するアクティブサスペンションも気になるところ。無論、今後V8モデルやプラグインハイブリッドも追加されるはずだ。

世界中から注視される新型Sクラスとは、素晴らしくて当たり前、常に最高を求められる存在である。今のところは新型Sクラスがひらく新世界の第一幕、これから続々と使用可能な武器が加わって戦闘力が増えてステージが上がる。脱落せずにプレーを続けるために準備しておこうと思っている。

(文=高平高輝/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

コックピットで存在感を放つ12.8インチ有機ELメディアディスプレイ。空調やナビ、インフォテインメントシステムなどの操作が音声コマンドで行える「MBUX」も進化し、新たにどの席の乗員が発話しているのかを聞き分ける機能が追加された。
コックピットで存在感を放つ12.8インチ有機ELメディアディスプレイ。空調やナビ、インフォテインメントシステムなどの操作が音声コマンドで行える「MBUX」も進化し、新たにどの席の乗員が発話しているのかを聞き分ける機能が追加された。拡大
片側約130万画素のプロジェクターモジュールを制御し、前走車や対向車を幻惑させることなく広範囲を高精度で照射するウルトラハイビーム付き「デジタルライト」が標準装備される。
片側約130万画素のプロジェクターモジュールを制御し、前走車や対向車を幻惑させることなく広範囲を高精度で照射するウルトラハイビーム付き「デジタルライト」が標準装備される。拡大
後席の中央に備わるアームレストを開いた様子。取り外し可能な7インチサイズのMBUXリアタブレットはオプションの「リアコンフォートパッケージ」に含まれるアイテム。
後席の中央に備わるアームレストを開いた様子。取り外し可能な7インチサイズのMBUXリアタブレットはオプションの「リアコンフォートパッケージ」に含まれるアイテム。拡大
「S500 4MATICロング」のWLTCモードでの燃費値は11.0km/リッター。現在日本に導入される新型「Sクラス」は、すべて4WD仕様になっている。
「S500 4MATICロング」のWLTCモードでの燃費値は11.0km/リッター。現在日本に導入される新型「Sクラス」は、すべて4WD仕様になっている。拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツS500 4MATICロング

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5320×1930×1505mm
ホイールベース:3215mm
車重:2250kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ+スーパーチャージャー
トランスミッション:9段AT
エンジン最高出力: 435PS(320kW)/6100rpm
エンジン最大トルク:520N・m(53.0kgf・m)/1800-5800rpm
モーター最高出力:22PS(16.2kW)
モーター最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)
タイヤ:(前)255/40R20 101Y/(後)285/35R20 104Y(ブリヂストン・トランザT005 MO-S)
燃費:11.0km/リッター(WLTCモード)
価格:1724万円/テスト車=2002万8000円
オプション装備: AMGライン(99万8000円)/リアコンフォートパッケージ(125万円)/ARヘッドアップディスプレイ(41万円)/3Dコックピットディスプレイ(13万円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:1640km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(6)/山岳路(1)
テスト距離:348.4km
使用燃料:39.0リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.9km/リッター(満タン法)/9.0km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデス・ベンツS500 4MATICロング
メルセデス・ベンツS500 4MATICロング拡大
 
メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。