第704回:高級車ってなんだろう? 大矢アキオにとってはアームレストのあるクルマだ!

2021.04.29 マッキナ あらモーダ!

ハイグレードの定義とは?

今回は、こどもの日が来るのにちなんで、筆者の幼少時代からの自動車装備に関する思い入れと、ある玩具のお話を。

読者の皆さんは、自身のなかに高級車の基準をお持ちだろうか。

かつては「気筒数の多さ」が高級車の基準であった。世界のメーカーが、それをあおっていた。日本でも同様で、一例は1983年に日本初のV型6気筒エンジンを搭載した日産の「セドリック」と「グロリア」だ。前者のCMでは俳優の故・二谷英明氏が「V6は高級車の証し」と高らかにうたっていたものだ。

いっぽうここ10年ほどは、ダウンサイジングの潮流で気筒数が少ないクルマに乗っているほうが知的なムードがある。「多気筒=えらい」の法則は過去のものになった。

ある特定の装備が装着されているかどうかを基準としている人も少なくないだろう。

最も単純な例として、ダッシュボードにエンジン回転計があるかどうかで上級モデルかどうかを見定められた時代があった。標準仕様では同じ位置に素っ気ない黒いふた(グロメット)がはめられていたものだ。

ただし、そうした装備の有無も、パーツの納入元である一次協力会社による価格低減努力と量産効果によって、永遠の判断基準ではなくなる。最近の例は、安全運転支援機能や衝突被害軽減機能だ。約10年前に発売されたドイツ系プレミアムブランド車のカタログににぎにぎしく紹介されていた装備以上の内容が、今日では日本の軽自動車にも設定されている。

かつては「ダッシュボードの色がボディーカラーと違う」のも高級車の証しであった。安いクルマの場合、車種によっては製造工程でダッシュボードも一緒に塗装してしまうものがあった。そのうえ、表面を覆うプラスチックやレザー製パッドが少なかった。フォルクスワーゲン(VW)の「タイプ1(ビートル)」のある時期までのモデルが好例である。対して、高級車のダッシュボードは、早くから今日の自動車のようにパッドで覆われていた。

その後、衝突安全の観点からソフトな素材が普及し、ボディー色むき出しの鉄板は消えたが、2007年の「フィアット500」が先代モデルのレトロ風情を醸し出すべくボディーと同色の樹脂製パネルを使用したことにより、今度はボディーと同色が格好良くなってしまった。

ハイグレードやモダンという側面において、不変の法則は存在しないことがわかる。

いっぽうで、あるブランド名、もしくは車種名を基準に、別のクルマが高級車であるか否かを判断する人もいる。

1930年生まれだった筆者の亡母は、何かとスチュードベーカーを基準に車格の上下を判断した。ブランドが消滅して二十数年が経過しても、ひたすらメートル原器のようにその往年の米国車を引き合いに出していたものだ。

90歳になる義父にとって、それは「トヨタ・クラウン」である。俳優の故・山村 聡氏がCMに出演していた時代のイメージを長年抱いているのだろう。レクサスが日本に導入されて久しいが、決して代替基準にはなり得ない。2021年4月の上海モーターショーで公開されたSUV「クラウン クルーガー」については、確固たるクラウン観とともに余生を送る本人の幸せを妨げる恐れがあるので、筆者は触れないようにしている。

ところで筆者はといえば、長年にわたってひそかにある装備をハイグレードの基準としてきた。

それはアームレストであった。

2021年に発表されたキャデラックの電気自動車「リリック」のフロントシート。今回の話題はアームレストである。
2021年に発表されたキャデラックの電気自動車「リリック」のフロントシート。今回の話題はアームレストである。拡大
「メルセデス・マイバッハSクラス」。アームレストといっても、筆者が好きなのは、こういったゴージャスなものではない。
「メルセデス・マイバッハSクラス」。アームレストといっても、筆者が好きなのは、こういったゴージャスなものではない。拡大
筆者の母と「フォード・セダン」(1954年)。生前の本人によると、進駐軍払い下げの「ジープ」で運転を練習したという。
筆者の母と「フォード・セダン」(1954年)。生前の本人によると、進駐軍払い下げの「ジープ」で運転を練習したという。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事