『CAR GRAPHIC』2021年6月号発売 BMWのハイパフォーマーを試す

2021.04.30 From Our Staff

CG6月号の特集は、BMWのハイパフォーマンスモデル「M」です。表紙を飾ったサン・パウロ・イエローの「M4コンペティション」を筆頭に、2021年大注目のバイエルン製ハイパフォーマンスモデルたちに、一気に試乗しました。(CG編集部)

イエローが目に鮮やかな「BMW M4コンペティション」は、色だけでなくそのパフォーマンスでも鮮烈な印象を残しました。(photo:北畠主税)
イエローが目に鮮やかな「BMW M4コンペティション」は、色だけでなくそのパフォーマンスでも鮮烈な印象を残しました。(photo:北畠主税)拡大
単独試乗からグループ比較までさまざまな角度で取り上げてきた「BMW 5シリーズ」。ついにトップモデル「M5」をテストしました。(photo:荒川正幸)
単独試乗からグループ比較までさまざまな角度で取り上げてきた「BMW 5シリーズ」。ついにトップモデル「M5」をテストしました。(photo:荒川正幸)拡大
Bセグメントのスポーティーな2台、「ルーテシア」(写真奥)と「GRヤリス」(同手前)は価格も含めて真っ向勝負の対決です。(photo:菊池貴之)
Bセグメントのスポーティーな2台、「ルーテシア」(写真奥)と「GRヤリス」(同手前)は価格も含めて真っ向勝負の対決です。(photo:菊池貴之)拡大
レベルの高い新型車が多くみられる昨今の日仏コンパクト。直接比較するグループテストはひときわ楽しいものでした。(photo:田村孝介)
レベルの高い新型車が多くみられる昨今の日仏コンパクト。直接比較するグループテストはひときわ楽しいものでした。(photo:田村孝介)拡大
ザガートが発表した限定生産モデル「イソ・リヴォルタGTZ」にはリヴォルタ家の情熱が込められていました。(photo:Zagato)
ザガートが発表した限定生産モデル「イソ・リヴォルタGTZ」にはリヴォルタ家の情熱が込められていました。(photo:Zagato)拡大

最新のM、その実力やいかに?

ドイツ御三家がそれぞれ鍛え上げた高性能モデルのブランドのなかでも、Mはある種のスーパーカーとして人気が高く、またスポーツドライビングを追求する開発姿勢に共感や憧れが集まり、これまでも新型が発表されるたびに注目されてきました。なかでも「M3」とそのクーペ版「M4」は、Mの象徴ともいえるモデルです。その2台が新型となったのですから関心が高まらないわけがありません。

今号のM特集はM4コンペティションからスタートします。キドニーグリルが巨大になった新デザインに目がいってしまいがちですが、そこはM。ドライビングプレジャーの塊のような一台になっていました。搭載されるS58型エンジンの技術解説と合わせてお楽しみください。

M特集とうたうからには、これだけで終わりません。M4と同じく注目されるM3については、英国からギャビン・グリーンが「M3コンペティション」の試乗記を届けます。さらに「M5コンペティション」と「M2コンペティション」の国内試乗記が続き、Mの世界を堪能できる特集になりました。「『M8』がないじゃないか?」と思った方、ご安心ください。「M8カブリオレ コンペティション」は先月号から引き続き今月号でもCG短期テスト車としてリポートしています。

第2特集は、2021年から続くコンパクトカー関連企画の本命ともいえる「日仏コンパクトカー対決」です。対決1本目はスポーティーな「ルノー・ルーテシア」vs「トヨタGRヤリス」という対決。Bセグメントのなかでも出色の俊足ハッチであるこの2台、「ルーテシア インテンス テックパック」とFWDの「GRヤリスRS」は価格帯も近く、直接のライバルたり得る関係です。対決2本目はもっとベーシックな「日産ノート」vs「プジョー208」vs「ホンダ・フィット」vs「シトロエンC3」。4台まとめての比較です。同じBセグメントの実用ハッチバックでありながら、それぞれ開発の方向性や方法が異なります。これほど個性豊かだと、比較して選ぶことそれ自体が楽しくなります。

そのほか、「マクラーレン・エルバ」や「ポルシェ911 GT3」、「キャデラックCT5」など注目モデルの試乗記も見逃せません。また、ザガートによる「イソ・リヴォルタGTZ」や「日産GT-R50 by Italdesign」といった限定生産モデルのストーリーも紹介しています。

読みどころ盛りだくさんのCG6月号は定価1300円です。デジタル版は、Amazon/Kobo/BookLive!/ブックパス/SonyReaderStore/Fujisanで購読できます。お近くの書店や、オンライン書店でお買い求めください。

--------------------------------------------

『CAR GRAPHIC』2021年6月号
発行所:株式会社カーグラフィック
定価:1300円
A4判変型・200ページ

定期購読する
アマゾンで買う
富士山マガジンサービスで買う

--------------------------------------------

あなたにおすすめの記事
新着記事