「シトロエンC3エアクロスSUV」の特別仕様車「サーフエディション バイ リップカール」発売

2021.04.30 自動車ニュース
シトロエンC3エアクロスSUVサーフエディション バイ リップカール
シトロエンC3エアクロスSUVサーフエディション バイ リップカール拡大

グループPSAジャパンは2021年4月30日、「シトロエンC3エアクロスSUV」に特別仕様車「SURF EDITION by RIP CURL(サーフエディション バイ リップカール)」を設定し、同年5月1日に発売すると発表した。

 
「シトロエンC3エアクロスSUV」の特別仕様車「サーフエディション バイ リップカール」発売の画像拡大
 
「シトロエンC3エアクロスSUV」の特別仕様車「サーフエディション バイ リップカール」発売の画像拡大
 
「シトロエンC3エアクロスSUV」の特別仕様車「サーフエディション バイ リップカール」発売の画像拡大
 
「シトロエンC3エアクロスSUV」の特別仕様車「サーフエディション バイ リップカール」発売の画像拡大
 
「シトロエンC3エアクロスSUV」の特別仕様車「サーフエディション バイ リップカール」発売の画像拡大

今回のシトロエンC3エアクロスSUVサーフエディション バイ リップカールは、シトロエンとサーフブランドのリップカールとのコラボレーションによって生まれたモデルだ。2019年の100周年記念モデル「オリジンズ」、2020年の「Cシリーズ シックエディション」に続く、グローバルで展開される特別仕様車であり、5年にわたるリップカールとシトロエンのコラボレーションのなかで初めて日本市場に投入されるモデルでもある。

ボディーカラーには「グリアルタンス」(メタリックグレー)を採用し、ルーフおよびルーフレールは「ノアールペルラネラ」でコーディネート。アクセントカラーの「リップカール・アルマイト・オーカー・カラー」(マットイエロー)はサーフィンの世界で見られる砂丘や太陽の光からインスピレーションを得たとされており、ヘッドライトベゼルやドアミラー、さらにブラックの16インチアルミホイールのセンターキャップに用いられている。フロントドアにはリップカールのブランドロゴを大胆かつトーンを抑えめにしてあしらったほか、リアクオーターのベネチアンストライプの代わりに「RIP CURL」ロゴをレイアウトした。

インテリアにはダークグレーのファブリックをメインにブラックのテップレザーとマットイエローのアクセントを採用し、エクステリアと呼応するかのようなグラフィカルな仕立てに。さらに、カタログモデルではファブリック張りのダッシュボードをダークグレーのテップレザー張りとし、タフなイメージを強調している。

1.2リッター直3ターボエンジンも強化されており、カタログモデルよりも20PSと25N・m強力な最高出力130PS/最大トルク230N・mを発生。駆動方式はFWDながらヒルディセントコントロール付きのアドバンストグリップコントロールを標準装備しており、「サンド」モードを選ぶことでトラクションコントロールとブレーキLSDを高度に統合制御し、サーフスポットまでの移動をより確実なものにできるという。

価格は305万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
C3エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3エアクロスSUV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.10.16 試乗記 「優れた快適性こそが群雄割拠のSUV市場で際立つ新しい価値」というポリシーを掲げて登場した、シトロエンの新たなフラッグシップ「C5エアクロスSUV」。姿カタチは変われど、好事家を満足させるシトロエンらしさは受け継がれているのか? その仕上がりを確かめた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.22 試乗記 シトロエンの「C5エアクロスSUV」に1.6リッターガソリンターボ搭載モデルが追加された。先に導入された2リッターディーゼル車と比べると、最高出力は微増で最大トルクは大幅減、そして車両重量も大幅減。果たしてその仕上がりは?
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る