クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)

熟成はドイツの流儀で 2021.05.08 試乗記 マイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲンのクロスオーバー「パサート オールトラック」に試乗。パワートレインの改良や最新世代の運転支援システムの採用で、地味で実直なそのキャラクターはいかなる進化を果たしたのか?

インテリアが新しくなった

2021年の春、フォルクスワーゲンの「パサート」シリーズがマイナーチェンジを受けた。今回試乗したのは、「セダン」「ヴァリアント」(ステーションワゴン)とともにラインナップを構成するオールトラック。ヴァリアントをベースに、足まわりとタイヤを変更することで車高を25mmほど高くした、ちょいSUV風味のパサートだ。

セダンとヴァリアントはガソリンエンジンとディーゼルエンジンが選べるけれど、オールトラックは2リッターの直列4気筒ディーゼルターボエンジンの一択。駆動方式もフォルクスワーゲンが「4モーション」と呼ぶ、フルタイム4WDのみとなる。パサート オールトラックはベーシックグレードと、装備充実の「Advance(アドバンス)」というグレードの2本立て。試乗車は、アラウンドビューモニターや駐車支援システムを備える後者だった。

マイナーチェンジによるデザイン変更は、エクステリアよりインテリアに顕著だ。外観は新旧2台並べて間違い探しをしないとわからないレベルであるのに対して、インテリアは乗り込んだ瞬間、新しくなったと感じさせる。ステアリングホイール中央の「VW」のエンブレムが新デザインに変わっているし、センターコンソールに鎮座していたアナログ式時計が「PASSAT」のロゴに取って代わった。

こうした見た目の変更だけでなく、走りだしてみるとタッチパネルで操作する空調のコントロールが使いやすくなっているなど、細かい部分までユーザー目線で改良されているという印象を受けた。エンジンを始動すると、ドライバー正面に各種情報が表示される。アドバンスグレードではヘッドアップディスプレイも標準装備なのだ。

2021年4月6日に発表された「パサート」のマイナーチェンジモデル。今回は、クロスオーバーモデルのトップグレード「オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス」に試乗した。車両本体価格は604万9000円。
2021年4月6日に発表された「パサート」のマイナーチェンジモデル。今回は、クロスオーバーモデルのトップグレード「オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス」に試乗した。車両本体価格は604万9000円。拡大
新デザインのステアリングホイールやタッチパネル式となったエアコンの操作パネルなどでインテリアをブラッシュアップ。常時接続の新世代オンラインコネクティビティーサービス「ウィーコネクト」も標準装備されている。
新デザインのステアリングホイールやタッチパネル式となったエアコンの操作パネルなどでインテリアをブラッシュアップ。常時接続の新世代オンラインコネクティビティーサービス「ウィーコネクト」も標準装備されている。拡大
従来型の特徴でもあったダッシュボードセンターのアナログ時計を廃止。代わりにバックライト付きの車名ロゴとハザードスイッチが配置された。
従来型の特徴でもあったダッシュボードセンターのアナログ時計を廃止。代わりにバックライト付きの車名ロゴとハザードスイッチが配置された。拡大
エアコンの操作は、3連ダイヤル式からタッチパネル式に変更された。「アドバンス」グレードで標準装備となる前席のヒーターやベンチレーション機能の操作も、このパネル上で行う。
エアコンの操作は、3連ダイヤル式からタッチパネル式に変更された。「アドバンス」グレードで標準装備となる前席のヒーターやベンチレーション機能の操作も、このパネル上で行う。拡大

気持ちのいいパワートレイン

発進加速は滑らかで力強い、というのはマイナーチェンジの前からこのエンジンの特徴だったけれど、そこにピックアップのよさが加わり、より洗練されたパワートレインになった。ただし今回の主役はエンジンではなく、トランスミッションだ。これまで、ディーゼルエンジンにはデュアルクラッチ式の6段DSGが組み合わされていたけれど、それが7段DSGに変更されたのだ。

多段化によって、1速のギア比がいままでより低くなったほか、ギアがシフトした時のエンジン回転数の変化が小さくなる。そのおかげで、加速がスムーズに感じるなど、ドライバビリティーが向上したのだ。

もともと回転フィールが滑らかでノイズも抑えられているエンジンなので、高速巡航時に静かになるという恩恵は感じなかった。それでも市街地において20km/h程度から加速するような場面では、思い通りに速度が積み上げられていく感覚が味わえて、気持ちがいい。従来の6段DSGでも不満は感じなかったけれど、「不満を感じない」と「気持ちよく感じる」の差はデカい。

変速は素早く、変速ショックが小さいあたりに、エンジンとトランスミッションの連携がよく煮詰められていることを感じた。1900rpmから400N・mという大トルクを発生するエンジンなので、少なくとも市街地を走っている間は、キックダウンでギアを落としたくなる場面にはほとんど遭遇しない。ドンと踏む必要が生じるのは高速道路の合流などで、そこではシームレスに低いギアに移行してエンジン回転が上がり、その後に力強く押し出される。気はやさしくて力持ちなのだ。

特に色気があるとか回して楽しいエンジンではないけれど、素直で実直なパワートレインには好感が持てる。

今回の試乗車の外装色は「アクアマリンブルーメタリック」と呼ばれる3万3000円のオプションカラー。
今回の試乗車の外装色は「アクアマリンブルーメタリック」と呼ばれる3万3000円のオプションカラー。拡大
2リッター直4ディーゼルターボ「TDI」エンジンは、最高出力190PS、最大トルク400N・mを発生。トランスミッションはデュアルクラッチ式の6段DSGから7段DSGに変更されている。
2リッター直4ディーゼルターボ「TDI」エンジンは、最高出力190PS、最大トルク400N・mを発生。トランスミッションはデュアルクラッチ式の6段DSGから7段DSGに変更されている。拡大
アンダーガード付きバンパーが特徴となる「パサート オールトラック」のフロントフェイス。LEDを個別に制御し、照射の角度や範囲をコントロールするヘッドライトシステム 「IQ.LIGHT(アイキューライト)」が標準装備される。
アンダーガード付きバンパーが特徴となる「パサート オールトラック」のフロントフェイス。LEDを個別に制御し、照射の角度や範囲をコントロールするヘッドライトシステム 「IQ.LIGHT(アイキューライト)」が標準装備される。拡大
荷室容量は5人乗車時で639リッター。後席をたためば最大で1769リッターのスペースに拡大できる(VDA計測値)。足の動きで作動するイージーオープン&クローズ機能付き「オートマチックテールゲート」が全車に標準装備となる。
荷室容量は5人乗車時で639リッター。後席をたためば最大で1769リッターのスペースに拡大できる(VDA計測値)。足の動きで作動するイージーオープン&クローズ機能付き「オートマチックテールゲート」が全車に標準装備となる。拡大

理にかなった改善

トランスミッションの多段化とともにマイナーチェンジの目玉となるのが、運転支援デバイスの進化だ。従来の渋滞時追従支援システム「トラフィック・アシスト」が、0〜210km/hの速度域で作動する同一車線内全車速運転支援システム「トラベル・アシスト」へと移行した。漢字を羅列するとなんのことかよくわからなくなるけれど、日本の高速道路の速度域だったら、いつでも車線を維持するようにアシストしながら前を走るクルマに追従するということだ。

いやいや、いまさらそれを言いますか、という意見もごもっともであるけれど、見ると使うとでは大違い。フォルクスワーゲンのACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は、ほぼひとつのアクションで完結するインターフェイスがすばらしい。

この機能は使いたいと思った瞬間にスパッとオンになるのが望ましいけれど、「システムをON」→「ACC開始」と2段階で開始するケースがほとんどだ。その点、一発スタートのパサートのシステムは使いやすいし、一度使えば次からはブラインドタッチで扱えるあたりも好印象だ。便利な機能なのでじゃんじゃん使ってください、という意思を感じる。

もうひとつ、細かいところでは、ドライバーがステアリングホイールを握っているかどうかを判断する仕組みが変わった。以前はトルクセンシングで見張っていたけれど、マイチェンで静電容量式センサーが採用されることになった。確かに、ステアリングホイールに軽く手を添えているような運転スタイルでも、「ハンドルを握ってください」と注意されることはなくなった。気づきにくいところではあるけれど、こういったところも着実に改善されている。

従来の渋滞時追従支援システム「トラフィック・アシスト」は、0〜210km/hの速度域で作動する同一車線内全車速運転支援システム「トラベル・アシスト」へと進化している。
従来の渋滞時追従支援システム「トラフィック・アシスト」は、0〜210km/hの速度域で作動する同一車線内全車速運転支援システム「トラベル・アシスト」へと進化している。拡大
新デザインのヒーター機能付きステアリングホイールは、「パサート オールトラック」全車で標準装備となるアイテム。進化したACC「トラベル・アシスト」の操作系は、左スポーク部分に集約されている。
新デザインのヒーター機能付きステアリングホイールは、「パサート オールトラック」全車で標準装備となるアイテム。進化したACC「トラベル・アシスト」の操作系は、左スポーク部分に集約されている。拡大
「アドバンス」グレードには、ヘッドアップディスプレイとデジタルメータークラスター「デジタルコックピットプロ」がセットで標準装備されている。
「アドバンス」グレードには、ヘッドアップディスプレイとデジタルメータークラスター「デジタルコックピットプロ」がセットで標準装備されている。拡大
「パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4785×1855×1535mm、ホイールベースは2790mm。車重は1760kgと発表されている。
「パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4785×1855×1535mm、ホイールベースは2790mm。車重は1760kgと発表されている。拡大

今が“買い時”

試乗をしているなかで、唯一といっていいぐらいの不満が、低い速度域では路面からの突き上げをダイレクトに感じることだった。例えば荒れた山道ではハーシュネスがキツく、もう少しふんわりマイルドな乗り心地だったらいいのに、と思わされた。探っていくうちにタイヤに原因があるのではないかと考えた。試乗したアドバンスグレードは245/45R18というサイズで、ベーシックグレードの225/55R17より太くて薄いぶん、乗り心地には不利に働くはずだ。

ここで、アドバンスグレードに備わるアダプティブシャシーコントロール「DCC」を、「ノーマル」から「コンフォート」にチェンジしてみる。するとアラ不思議、不快だった突き上げの角が丸くなり、トゲトゲしさがなくなった。

ベーシックグレードとアドバンスの価格差は約50万円。ぶっちゃけ、「ヘッドアップディスプレイもアラウンドビューモニターもいらないから、ベーシックのほうがコスパがいいよな」と思っていた筆者であるけれど、DCCは欲しい。がんばって50万円はどこかで節約したい。

というわけで、見えるところから見えないところまで、パサート オールトラックは熟成が図られ、洗練の度合いを高めていた。このクルマは寡黙で地味だけどしっかり仕事をする『巨人の星』の左門豊作みたいなモデルだと思っていた。現行モデルのデビューから7年、熊本から出てきた左門豊作も都会の生活に慣れて、しゃれた振る舞いもできるようになった。

とはいえ、タフで実直な性格は変わっていない。時間をかけてじっくり練られて完成度が上がった今が、ひとつの“買い時”かもしれない。

(文=サトータケシ/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

今回の試乗車は、標準装備となる18インチホイールに、245/45R18サイズの「コンチネンタル・スポーツコンタクト5」タイヤを組み合わせていた。
今回の試乗車は、標準装備となる18インチホイールに、245/45R18サイズの「コンチネンタル・スポーツコンタクト5」タイヤを組み合わせていた。拡大
ナッパレザー表皮が標準仕様となる「TDI 4MOTIONアドバンス」グレードのシート。前席には電動調整機構とヒーター&ベンチレーションシステムが備わり、さらに運転席にはマッサージ機能も組み込まれている。
ナッパレザー表皮が標準仕様となる「TDI 4MOTIONアドバンス」グレードのシート。前席には電動調整機構とヒーター&ベンチレーションシステムが備わり、さらに運転席にはマッサージ機能も組み込まれている。拡大
前席と同じく後席にもナッパレザー表皮を採用。背もたれには、60:40の分割可倒機構およびスキーホールが備わる。リアおよびリア左右のウィンドウにはUVカットダークティンテッドガラスが用いられている。
前席と同じく後席にもナッパレザー表皮を採用。背もたれには、60:40の分割可倒機構およびスキーホールが備わる。リアおよびリア左右のウィンドウにはUVカットダークティンテッドガラスが用いられている。拡大
「パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス」のWLTCモード燃費値は、15.0km/リッター。今回の試乗では、満タン法で18.2km/リッターを記録した。
「パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス」のWLTCモード燃費値は、15.0km/リッター。今回の試乗では、満タン法で18.2km/リッターを記録した。拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4785×1855×1535mm
ホイールベース:2790mm
車重:1760kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:190PS(140kW)/3500-4000rpm
最大トルク:400N・m(40.8kgf・m)/1900-3300rpm
タイヤ:(前)245/45R18 96W/(後)245/45R18 96W(コンチネンタル・スポーツコンタクト5)
燃費:15.0km/リッター(WLTCモード)
価格:604万9000円/テスト車=626万9000円
オプション装備:ボディーカラー<アクアマリンブルーメタリック>(3万3000円)/電動パノラマスライディングルーフ(15万4000円) ※以下、販売店オプション フロアマット<テキスタイル>(3万3000円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:2046km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(6)/山岳路(1)
テスト距離:239.0km
使用燃料:13.1リッター(軽油)
参考燃費:18.2km/リッター(満タン法)/16.9km/リッター(車載燃費計計測値)

フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス
フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス拡大
 
フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン パサート オールトラック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。