クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(4WD/CVT)

マイルドだろ~? 2021.05.14 試乗記 「スバル・インプレッサスポーツ」に新たな最上級グレードとなる「STI Sport」が追加された。車名とグレード名の双方に“スポーツ”と付くマニア待望のSTIチューニングモデルは、一体どんな走りをみせてくれるのだろうか。

スバルならではの魅力

2020年秋から2リッターのインプレッサスポーツにもSTI Sportが加わっている。同時にマイルドハイブリッドの「e-BOXER」も出た。現行の5代目に変わってまる4年目の「商品力強化」である。

STI Sportのエンジンは従来の2リッター系と同じだが、今回はFFもラインナップされ、シリーズ最上級モデルとして足まわりを中心にSTI Sport化を施したとされる。

試乗したのは292万6000円のAWDモデル。FFより22万円高い。といっても、2リッターの四駆が300万円以下で買える。しかも最廉価モデルの1.6リッターFF(200万2000円)から「アイサイト」はもれなく付いてくる。スバルの武器はコスパだなとあらためて思う。

コリン・マクレーのインプレッサがWRCで暴れ回っていた90年代後半、南ドイツのアルゴイ地方を訪ねたら、異様にスバル密度が高かった。アルプスの麓で冬場、降雪量が多い。インプレッサや「レガシィ」や「ジャスティ」(スバル製の)、なんと初代「アルシオーネ」も走っていた。なぜ? アウディのクワトロがあるのに。これが11台目のスバルだというレガシィ セダンのオーナーに聞いたら、当時の換算で「A4」より150万円安いからだと言っていた。9割近くが海外で売れるスバルの人気に、「リーズナブルな四駆」が大きく貢献してきたのは間違いない。

スバルと同社のモータースポーツを統括するスバルテクニカインターナショナルが共同開発した「STI Sport」。現行モデルでは新型「レヴォーグ」にも設定されている。
スバルと同社のモータースポーツを統括するスバルテクニカインターナショナルが共同開発した「STI Sport」。現行モデルでは新型「レヴォーグ」にも設定されている。拡大
フロントグリルはブラック加飾によってよりスポーティーな印象に。フォグランプベゼルにはカーボン調の加飾が施される。
フロントグリルはブラック加飾によってよりスポーティーな印象に。フォグランプベゼルにはカーボン調の加飾が施される。拡大
シャークフィンタイプのルーフアンテナとブラック塗装のルーフスポイラーも「STI Sport」専用だ。
シャークフィンタイプのルーフアンテナとブラック塗装のルーフスポイラーも「STI Sport」専用だ。拡大

絶妙なアナログ感

STI Sportはシリーズで唯一の18インチホイーラーで、225/40の「ヨコハマ・アドバンスポーツV105」を履く。メタリックブラックのアルミホイールも見た目の識別点だ。シートはエンジと黒のツートン。内装やダッシュボードやメーターにも控えめな加飾が施され、ペダルやフットレストには滑り止めのゴムが付く。

機能面での最大の特徴はフロントに専用の減衰力可変ダンパーを備えることである。メカ式ながら、路面からの振動周波数に応じて、減衰力を自動調整するという。このショーワ製SFRDダンパーに合わせて、リアダンパーにも専用セッティングが施されている。

もともと現行インプレッサは国産Cセグメントのなかでも乗り味が高品質である。大入力が加わっても、ボディーという“器”がイッパイイッパイな感じにならないのは、剛性感の高い新世代プラットフォーム(車台)の恩恵だろう。

それに加えてSTI Sportの開発テーマは乗り心地と操縦性のより高い次元での両立とされるが、ワイドなヨンマルを履いていても、相変わらず乗り心地はいい。シートの設計なども含めて、むしろもう少しスポーティーに振ってもよかったのではと思うくらいである。

スバル車に乗るといつも感じるが、ステアリングやペダル類の操作力は、いまのクルマとしては重いほうだ。ちょっと昔ながらの感じもあるが、それが運転感覚にアナログ感を与えてもいる。

フロントにはショーワ製の周波数応答型ダンパー(SFRD:Sensitive Frequency Response Damper)を装備。路面入力の振動周波数に応じて減衰力が自動で変わる。
フロントにはショーワ製の周波数応答型ダンパー(SFRD:Sensitive Frequency Response Damper)を装備。路面入力の振動周波数に応じて減衰力が自動で変わる。拡大
ダッシュボードやステアリングホイールにはレッドステッチを採用。シフトセレクターの基部などにはピアノブラックのパネルがあしらわれる。
ダッシュボードやステアリングホイールにはレッドステッチを採用。シフトセレクターの基部などにはピアノブラックのパネルがあしらわれる。拡大
タコメーターの盤面に「STI」ロゴがあしらわれた専用メーター。スピードメーターも含めて目盛りがレッドに変更されている。
タコメーターの盤面に「STI」ロゴがあしらわれた専用メーター。スピードメーターも含めて目盛りがレッドに変更されている。拡大
リアに備わった「STI」バッジ。その上にレイアウトされた「IMPREZA」バッジはラスターブラック仕上げに変更されている。
リアに備わった「STI」バッジ。その上にレイアウトされた「IMPREZA」バッジはラスターブラック仕上げに変更されている。拡大

十分なパワーはあるものの……

エンジンにはサワらないのがSTI Sportのお約束である。この直噴2リッター水平対向4気筒も、「2.0i-L EyeSight」と同じ最高出力154PSの自然吸気ユニットだ。

1400kgの車重に対して、パワーは必要にして十分だが、追い越しなど、ここぞのパンチがほしいときに物足りなさを覚えることもある。CVTの特性もあり、右足を踏み込んで待つように感じることがときどきあった。

この試乗の少し前にe-BOXER搭載の上級モデル「アドバンス」に乗った。片手で持てる小型モーターを2リッターエンジンにインストールしたマイルドハイブリッドだ。2013年に「XV」の“ハイブリッド”として初登場したときは、効果が希薄すぎて存在理由も希薄に思えたが、e-BOXERと改名した最新システムでは改良をみている。

インプレッサスポーツでも、電動アシストがチョイチョイ効いてトルクを肉づけしてくれる。そのかわり車重はSTI Sportより130kgも重く、マッチポンプの感は否めないが、電動パワーユニットそのものはSTI Sportの100%エンジンよりもスポーティーに感じた。車重が重いためか、乗り心地はアドバンスのほうがさらにしっとりしていて、より上級感があった。それで価格はSTI Sportより安い。

ちなみにSTI Sportとe-BOXERが加わった2020年10月以降のインプレッサスポーツ販売は、グレード別だとSTI Sportがトップ(25%)だが、アドバンスと「2.0e-L EyeSight」を合わせたe-BOXER軍団も26%と健闘している。

安全運転支援システム「アイサイト」は「STI Sport」も含めた全グレードに標準装備される。新型「レヴォーグ」よりも一世代前のシステムとなるが、ACCの制御などは正確かつアグレッシブだ。
安全運転支援システム「アイサイト」は「STI Sport」も含めた全グレードに標準装備される。新型「レヴォーグ」よりも一世代前のシステムとなるが、ACCの制御などは正確かつアグレッシブだ。拡大
ステアリングの右スポークに備わったACCと車線維持支援システムの操作スイッチ。
ステアリングの右スポークに備わったACCと車線維持支援システムの操作スイッチ。拡大
歩行者保護用のエアバッグも全車に標準装備となっている。
歩行者保護用のエアバッグも全車に標準装備となっている。拡大
パワーユニットは2リッター水平対向4気筒の「FB20」型エンジン。最高出力154PSを発生する。
パワーユニットは2リッター水平対向4気筒の「FB20」型エンジン。最高出力154PSを発生する。拡大

課題もいろいろ

“燃費いのち”のスバリストはいないと思う。今回、約360kmを走って、燃費は満タン法、車載燃費計表示ともに9.1km/リッターだった。2リッターのフルタイム四駆であるにしても、燃料経済性はかんばしくない。以前試乗したe-BOXERのアドバンスも12km/リッター台だった。スバルの大きな課題がCO2削減であることはメーカー自身が一番よくわかっているはずだ。

それはともかく、今回のお題はSTI Sportである。インプレッサに待望の走り系、かと思ったら、意外やおとなしかった。

筆者よりも先にステアリングを握った編集部Fさんにバトンタッチのとき感想を聞いても、「フツーのクルマです」と答えが返ってきた。「STI」とSTI Sportは違うとはいえ、e-BOXERの出来を考えると、もう少しスパイスを効かせてもよかったのではないか。

エンジンも、よりパワフルでレスポンスにすぐれる「レヴォーグ」の新型1.8リッターターボがうらやましいところだが、それは次のモデルチェンジでのお楽しみだろうか。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸/編集=藤沢 勝)

シートはレッドを大胆に使った専用デザイン。グレーの部分には高い伸縮性を備えたトリコット生地を使っている。
シートはレッドを大胆に使った専用デザイン。グレーの部分には高い伸縮性を備えたトリコット生地を使っている。拡大
2つのペダルとフットレストはアルミ製。ゴムの滑り止めが付いている。
2つのペダルとフットレストはアルミ製。ゴムの滑り止めが付いている。拡大
タイヤ&ホイールはラインナップで最も大きな18インチ。ホイールにはダークメタリック塗装が施される。
タイヤ&ホイールはラインナップで最も大きな18インチ。ホイールにはダークメタリック塗装が施される。拡大

テスト車のデータ

スバル・インプレッサスポーツSTI Sport

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4475×1775×1480mm
ホイールベース:2670mm
車重:1400kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:CVT
最高出力:154PS(113kW)/6000rpm
最大トルク:196N・m(20.0kgf・m)/4000rpm
タイヤ:(前)225/40R18 88W/(後)225/40R18 88W(ヨコハマ・アドバンスポーツV105)
燃費:12.4km/リッター(WLTCモード)
価格:292万6000円/テスト車=300万3000円
オプション装備:アイサイトセイフティプラス<運転支援+視界拡張>(7万7000円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:4425km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:362.6km
使用燃料:39.7リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:9.1km/リッター(満タン法)/9.1km/リッター(車載燃費計計測値)

スバル・インプレッサスポーツSTI Sport
スバル・インプレッサスポーツSTI Sport拡大
 
スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スバル インプレッサ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。