トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編)

2021.05.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?

意外な機能も備わっている

「オオタニさん、知ってますか?」

試乗車の「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”」に乗り込むなり、運転席の谷口信輝がそう話しかけてきた。
「このクルマ、発進させるときはクラッチをつなぐとエンジン回転数が自動的にちょっと上がるから、右足でアクセルを踏み込まなくてもエンストしないんですよ。いま、やってみますね」

続いて谷口はクラッチペダルを踏み込んでギアを1速に入れると、右足をフロアに置いたまま、クラッチペダルに乗せた左足をゆっくり持ち上げてみせた。すると、エンジン回転数がそれまでよりもすっと上がり、GRヤリスはするすると走り始めたのである。これまで知らなかったGRヤリスの便利機能に驚いていると、谷口は「ね、便利でしょ」と語りながら、まるで自分の宝物を自慢する子供のように得意げな笑顔を浮かべたのだ。

これに気をよくしたのか、谷口は「もうひとつの仕掛け」を私に説明し始めた。
「それで、もしもエンストしても、クラッチペダルを踏むと自動的にセルが回ってエンジンを再始動してくれるんです」

そこまで言うと、谷口はGRヤリスをわざとエンストさせてからクラッチペダルを踏み込んでみせた。するとピーという警告音に続いてセルスターターが回り始め、最高出力272PSを生み出す1.6リッター直列3気筒ターボエンジンは息を吹き返したのである。

こんな具合で、谷口はとにかくGRヤリスについて詳しい。それはHKSとともにGRヤリスをチューニングし、サーキットでタイムアタックしたり、アクロバティックなドリフトで有名なケン・ブロックばりのデモ走行を披露したりするなかで得た知識かもしれないが、私自身は谷口がGRヤリスの開発になんらかの形で関わっているのではないかとにらんでいる。もちろん、谷口はそんなことを私たちにひけらかしたりはしないが、トヨタと縁の深いレーシングドライバーがGRヤリスの開発に協力していたことは公然の秘密。そのメンバーに谷口が含まれていたとしても、私は驚きはしない。

 
トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編)の画像拡大
 
トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編)の画像拡大
 
トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編)の画像拡大
 
トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.5.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
ホームへ戻る