クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)

暫定ナンバーワン 2021.05.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。

ティグアンにまつわる朗報と悲報

2020年7月に本国でマイナーチェンジが発表されたティグアンが、ついに日本にやってきた。その概要は後述するが、フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)からうれしい知らせがあった。

それは、同社のSUVとしては初となるハイパフォーマンスモデルの「ティグアンR」が日本に導入されるというニュース。最高出力320PS(235kW)の2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載するとともに、トルクベクタリング機能を備える専用の4WDシステムを採用するこのスポーツSUVがどんな走りを見せてくれるのか、いまから楽しみである。

一方、ティグアンのマイナーチェンジモデルの発売を待ち望んでいた人にとって残念な知らせもある。それは、これまで販売の半分を占めていたディーゼルエンジン「TDI」と4WDを採用する「ティグアンTDI 4MOTION」がラインナップに見当たらないことだ。VGJによればTDIの技術的な理由から導入のめどが立っておらず、ガソリンエンジンの4WDモデルの導入も含めて対応を検討しているというのだ。

フォルクスワーゲンのSUVは、身近なスモールサイズの「Tクロス」とスポーティーなクロスオーバーSUVの「Tロック」、そして、正統派SUVのティグアンが日本市場で販売されている。今やSUVにとって4WDが必須ではないとはいえ、“正統派”をうたうティグアンとしては、かなり頭が痛い状況といえるだろう。

2021年5月12日に日本導入が発表された「ティグアン」のマイナーチェンジモデル。今回の試乗車は導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」(写真右)で、車両本体価格は524万9000円。
2021年5月12日に日本導入が発表された「ティグアン」のマイナーチェンジモデル。今回の試乗車は導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」(写真右)で、車両本体価格は524万9000円。拡大
32個のLEDを個別に制御し最適な配光を行うというLEDマトリクスヘッドライト「IQ.LIGHT」を「TSIエレガンス」以上のグレードに標準装備。
32個のLEDを個別に制御し最適な配光を行うというLEDマトリクスヘッドライト「IQ.LIGHT」を「TSIエレガンス」以上のグレードに標準装備。拡大
LEDを用いた「ティグアン」のリアコンビネーションランプ。外形は従来型と同じだが、内部の点灯箇所デザインが変更されている。
LEDを用いた「ティグアン」のリアコンビネーションランプ。外形は従来型と同じだが、内部の点灯箇所デザインが変更されている。拡大
インテリアデザインは従来型を基本に、細部をリファイン。「TSIファーストエディション」のルーフライニングはブラック仕上げで、ダッシュボードやドアパネルには、専用デコラティブウッドパネルが採用されている。
インテリアデザインは従来型を基本に、細部をリファイン。「TSIファーストエディション」のルーフライニングはブラック仕上げで、ダッシュボードやドアパネルには、専用デコラティブウッドパネルが採用されている。拡大

頼みの綱は新エンジン

そんななかで、ガソリンエンジンのFFモデルに再び主役の座がまわってきた。今回のマイナーチェンジではパワートレインが一新され、エンジンもトランスミッションも最新版にアップデートされるのが心強い。

これまでティグアンには1.4リッター直列4気筒ターボの「1.4 TSI」エンジンが搭載されてきたが、マイナーチェンジを機にその後継機にあたる1.5 TSI Evoエンジンが採用されている。名前からもわかるように排気量が1.5リッターに拡大されるとともに、走行状況により2気筒運転を行うアクティブシリンダーマネジメント(気筒休止機構)を搭載している。組み合わされるデュアルクラッチトランスミッションが、従来の湿式多板クラッチ式の6段DSGから7段DSGへと進化したのも見逃せない点だ。

もちろんマイナーチェンジをうたうだけに、内外装のリニューアルも見どころである。フロントマスクは、ヘッドランプやラジエーターグリルのデザインが変更されたことに加えて、高機能のLEDマトリクスヘッドライト「IQ.LIGHT(アイキューライト)」が利用できるようになったのがうれしいところ。

一方、インテリアは、基本的には従来型を踏襲するが、ステアリングホイールやエアコンのコントロールパネルが新しいデザインに変わっていたり、新しいオンラインサービス「ウィーコネクト」が利用可能なインフォテインメントシステムが搭載されたりと、改良は多岐にわたっている。

現在日本に導入されるフォルクスワーゲンのSUVで、最もボディーサイズの大きなモデルとなる「ティグアン」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4515×1840×1675mm、ホイールベースは2675mm。
現在日本に導入されるフォルクスワーゲンのSUVで、最もボディーサイズの大きなモデルとなる「ティグアン」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4515×1840×1675mm、ホイールベースは2675mm。拡大
最高出力150PS、最大トルク250N・mを発生する「1.5 TSI Evo」エンジン。WLTCモードの燃費値は14.3km/リッターと発表されている。
最高出力150PS、最大トルク250N・mを発生する「1.5 TSI Evo」エンジン。WLTCモードの燃費値は14.3km/リッターと発表されている。拡大
搭載されるトランスミッションは、従来の6段DSGから7段DSGへと進化。「ノーマル」「エコ」「スポーツ」「カスタム」「コンフォート」から走行モードを選択できる「ドライビングプロファイル」の切り替えスイッチをセンターコンソールパネルに配置している。
搭載されるトランスミッションは、従来の6段DSGから7段DSGへと進化。「ノーマル」「エコ」「スポーツ」「カスタム」「コンフォート」から走行モードを選択できる「ドライビングプロファイル」の切り替えスイッチをセンターコンソールパネルに配置している。拡大
インフォテインメントシステムは新世代に移行。常時接続の「ディスカバープロ」に連携するオンラインサービスの「ウィーコネクト」が新たに組み込まれた。エアコンの操作パネルはダイヤルスイッチからタッチ式に一新されている。
インフォテインメントシステムは新世代に移行。常時接続の「ディスカバープロ」に連携するオンラインサービスの「ウィーコネクト」が新たに組み込まれた。エアコンの操作パネルはダイヤルスイッチからタッチ式に一新されている。拡大

TSIファーストエディションのうれしい装備

さて、今回試乗したのは、新型導入を記念して設定された特別仕様車のティグアンTSIファーストエディション。充実した装備の「ティグアンTSIエレガンス」をベースに、「ノワゼット/チタンブラック」と呼ばれるブラウンとブラックのコンビネーションレザーシートやダークカラーの専用ウッドパネル、ブラックのルーフライニングなどを追加することで、上質で落ち着いた雰囲気に仕上げられている。さらに、TSIエレガンスには設定のないダンピングコントロールサスペンションの「DCC」が標準装着されるのも注目したいポイントである。

早速走りだすと、1.5 TSI evoエンジンと7段DSGを組み合わせたパワートレインが、期待以上に活発であることがわかる。以前の1.4リッターもFFのティグアンを走らせるには必要十分なエンジンだったが、この1.5リッターはさらに素早くトルクが立ち上がり、静粛性やスムーズさも向上。1550kgのボディーをすんなり動かす性能の持ち主である。シフトフィーリングもこれまで以上に洗練された印象だ。

通常の走行であれば2000rpm以下で事足りる。アクセルペダルに軽く右足をのせるような場面では、前述の気筒休止機構が作動し、2シリンダーに切り替わることで燃費が向上。さらに、走行モードをエコモードに設定すれば、アクセルオフでクラッチが切り離されるコースティング走行となり、このふたつをうまく利用すれば、カタログ燃費の16.1km/リッター(高速道路モード/WLTC-H)超えは難くない。

今回試乗した「TSIファーストエディション」は、同車でのみ選択可能な専用色「ジンジャーブラウンメタリック」をまとっていた。
今回試乗した「TSIファーストエディション」は、同車でのみ選択可能な専用色「ジンジャーブラウンメタリック」をまとっていた。拡大
16チャンネルアンプに9スピーカーを組み合わせた総合出力480Wの「プレミアムサウンドシステムharman/kardon」は、「ラグジュアリーパッケージ」に含まれるオプションアイテム。
16チャンネルアンプに9スピーカーを組み合わせた総合出力480Wの「プレミアムサウンドシステムharman/kardon」は、「ラグジュアリーパッケージ」に含まれるオプションアイテム。拡大
「TSIファーストエディション」には、「ノワゼット/チタンブラック」のツートンカラー専用レザーシートが標準装備される。前席は電動調整およびヒーター機能を内蔵している。
「TSIファーストエディション」には、「ノワゼット/チタンブラック」のツートンカラー専用レザーシートが標準装備される。前席は電動調整およびヒーター機能を内蔵している。拡大
スライドとリクライニング機能が備わる後席は、左右にヒーター機能も内蔵される。背もたれは60:40の分割可倒式で、積載物に合わせたアレンジが行える。
スライドとリクライニング機能が備わる後席は、左右にヒーター機能も内蔵される。背もたれは60:40の分割可倒式で、積載物に合わせたアレンジが行える。拡大

バランスよく仕上がったおすすめモデル

高速道路の合流などの場面でアクセルペダルを踏み込めば3000rpmあたりからさらに力強さを増し、1.5 TSIはレブリミットまで気持ちよく回転を上げる頼もしさも兼ね備えている。

235/50R19サイズの「ピレリ・スコーピオン ヴェルデ」タイヤとスポークデザインの19インチアルミホイールは、ベースとなるTSIエレガンスに対して1インチアップとなるが、アダプティブシャシーコントロール「DCC」のおかげもあって、低速の一般道から高速道路までフラットで快適な乗り心地を実現。ワインディングロードを走らせるチャンスもあったが、SUVとしてはしっかりとロールが抑えられており、しなやかな動きのサスペンションとあいまって、見た目以上に軽快なハンドリングを楽しむことができた。

マイナーチェンジを機に運転支援システムもバージョンアップ。全速度域で速度調整と車間調整、レーンキープを行う「トラベルアシスト」が搭載され、ステアリングホイールのスイッチで簡単に起動できるようになった。車線の中央を維持するよう制御も実に自然で、ロングドライブや渋滞時には大いに役立ちそうだ。

余裕で足が組めるスペースが確保される後席や、広大なラゲッジスペースもこれまでどおりで、走りとユーティリティーが高いレベルで両立されるティグアン。なかでもこの特別仕様車のTSIファーストエディションは、FFモデルで一番のおすすめではないかと思う。

(文=生方 聡/写真=荒川正幸/編集=櫻井健一)

ワインディングロードを行く「TSIファーストエディション」。標準装備されるアダプティブシャシーコントロール「DCC」により、ロールが抑えられたしなやかな走りを味わうことができた。
ワインディングロードを行く「TSIファーストエディション」。標準装備されるアダプティブシャシーコントロール「DCC」により、ロールが抑えられたしなやかな走りを味わうことができた。拡大
専用デザインの19インチアルミホイールが採用される「TSIファーストエディション」。試乗車は235/50R19サイズの「ピレリ・スコーピオン ヴェルデ」タイヤを組み合わせていた。
専用デザインの19インチアルミホイールが採用される「TSIファーストエディション」。試乗車は235/50R19サイズの「ピレリ・スコーピオン ヴェルデ」タイヤを組み合わせていた。拡大
荷室は従来型と同じく、後席を使用する通常時の荷室容量は615リッター。後席の背もたれを前方に倒すと、荷室容量を最大1655リッターに拡大できる。
荷室は従来型と同じく、後席を使用する通常時の荷室容量は615リッター。後席の背もたれを前方に倒すと、荷室容量を最大1655リッターに拡大できる。拡大
ドイツ本国において、2020年SUV登録台数No.1の実績を誇る「ティグアン」。今回のマイナーチェンジで車名を示すエンブレムが、他のフォルクスワーゲン車と同じくリアゲート中央部に移動した。
ドイツ本国において、2020年SUV登録台数No.1の実績を誇る「ティグアン」。今回のマイナーチェンジで車名を示すエンブレムが、他のフォルクスワーゲン車と同じくリアゲート中央部に移動した。拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4515×1840×1675mm
ホイールベース:2675mm
車重:1550kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:150PS(110kW)/5000-6000rpm
最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/1500-3500rpm
タイヤ:(前)235/50R19 99V/(後)235/50R19 99V(ピレリ・スコーピオン ヴェルデ)
燃費:14.3km/リッター(WLTCモード)/15.5km/リッター(JC08モード)
価格:524万9000円/テスト車=553万5000円
オプション装備:ラグジュアリーパッケージ<電動サンシェード、UVカット機能付き電動パノラマスライディングルーフ+総合出力480W、16チェンネル、9スピーカー、プレミアムサウンドシステムharman/kardon>(25万3000円) ※以下、販売店オプション フロアマット<テキスタイル>(3万3000円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:880km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--/リッター

フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション
フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション拡大
 
フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。