第208回:ルノーはフツーだ!

2021.06.07 カーマニア人間国宝への道

オシャレさんな“俺のナロー”

「ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ」を買って約3カ月。登場以来「いつか買わねば!」と思っていた憧れのクルマですが、実際に買ってみると、思い描いていたのとは若干違いました。

まず、RR独特の操縦性の部分。私はトゥインゴが出てすぐの頃、「まるで昔の『911』みたいな操縦性だ!」と感動し、以来トゥインゴをナロー・ポルシェの再来と書き続けてきたんだけど、愛車になったトゥインゴには、RRらしいリアの張り出しをほとんど感じなかった……。なにをやってもケツが流れそうな雰囲気はゼロ! タイトコーナーの立ち上がりで無理やりアクセルを踏んでも、軽く制御が入ってジ・エンド!

0.9リッターターボは、十分パワーがあって十分速いし、RRでエンジンが後ろにあるせいか、キャンバストップの割に室内は驚くほど静か。こんな静かだったっけ。空冷「ビートル」も、エンジン音が後ろに飛んでっちゃうから意外と静かなのを思い出した。

6段デュアルクラッチトランスミッションのEDCは、かなりギクシャクする。走行6万8000kmのせいもあるかもしれない。でも、直噴じゃないターボのターボラグも考慮しながら、アクセルを丁寧に踏んでやれば大丈夫。アクセルペダルの踏力が軽すぎるのは、ゴムひもで少し重くしてカイゼンしました。

トゥインゴは、操縦性に関しては思ったよりずっとフツーだったけど、とにかくスタイルと色がかわいくて、キャンバストップが気持ちいい、小粋でオシャレさんなフレンチコンパクトだった。もうRRうんぬんはどうでもいい! それよりこの水色のボディーが好き! 電球色のヘッドライトもいとしい!

購入したお店(横浜のMAMA)がやってくれたコーティングもメッチャ効いてて、雨に降られてもほとんど汚れない。いつでもオシャレさんな“俺のナロー”よ、かわいいぜ。

“俺のナロー”こと「トゥインゴEDCキャンバストップ」に施したボディーコーディングの仕上がりは本当にスバラシイ。雨に降られてもさほど汚れないのだ。そこで“ラ・スッポン丸”こと愛車「フェラーリ328GTS」のコーティングも、トゥインゴと同じく横浜のMAMAに依頼。その際に代車となったのが、2006年式の「ルノー・ルーテシア」(写真)だった。
“俺のナロー”こと「トゥインゴEDCキャンバストップ」に施したボディーコーディングの仕上がりは本当にスバラシイ。雨に降られてもさほど汚れないのだ。そこで“ラ・スッポン丸”こと愛車「フェラーリ328GTS」のコーティングも、トゥインゴと同じく横浜のMAMAに依頼。その際に代車となったのが、2006年式の「ルノー・ルーテシア」(写真)だった。拡大
最高出力90PSの0.9リッター直3ターボエンジンを搭載する“俺のナロー”。エンジンが後ろに搭載されているせいか、キャンバストップの割に走行中の室内は驚くほど静かである。
最高出力90PSの0.9リッター直3ターボエンジンを搭載する“俺のナロー”。エンジンが後ろに搭載されているせいか、キャンバストップの割に走行中の室内は驚くほど静かである。拡大
“俺のナロー”は、アクセルペダルのタッチが軽すぎると感じていた。そこで、ゴムひもでテンションをかけ重さを調整。DIYによるカイゼンを行った。
“俺のナロー”は、アクセルペダルのタッチが軽すぎると感じていた。そこで、ゴムひもでテンションをかけ重さを調整。DIYによるカイゼンを行った。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
ホームへ戻る