クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)

大人のハイブリッド 2021.06.08 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。

ファーストエディションはぜんぶ載せ

「ゴルフ8」よりひと足早く、新型「A3」が国内導入された。2021年輸入車界の明るいニュースのひとつだろう。ともにコロナショックで来日が難航したフォルクスワーゲン&アウディグループの二枚看板だ。A3は1996年の誕生以来、これが4世代目になる。

新型A3のパワーユニットは、新しい1リッター3気筒ターボ+48Vマイルドハイブリッドの110PS、2リッター4気筒ターボの190PSと310PS(「S3」用)という計3タイプから成る。

2リッター系はすべて4WD。1リッターは前輪駆動の2WD。3タイプのパワーユニットはいずれも5ドアのスポーツバックと、先代から加わって人気を博している4ドアの「セダン」との二本立てになる。

今回取り上げたのは、新型A3のハイライトともいうべき1リッターマイルドハイブリッドの「30 TFSI」スポーツバックである。試乗車は限定375台のファーストエディションで、上級グレードの「アドバンスト」にいずれも専用の18インチホイール、LEDヘッドライトやダッシュパネル、ルーフレールなどの特別装備が盛られる。発売記念ぜんぶ載せモデルだ。

スポーツバックの30 TFSIシリーズは310~389万円だが、ファーストエディションは453万円になる。

第4世代となる新型「アウディA3」は、2021年4月21日に国内導入が開始された。今回は台数375台の限定となる導入記念モデル「A3スポーツバック ファーストエディション」に試乗。車両本体価格は453万円。
第4世代となる新型「アウディA3」は、2021年4月21日に国内導入が開始された。今回は台数375台の限定となる導入記念モデル「A3スポーツバック ファーストエディション」に試乗。車両本体価格は453万円。拡大
最高出力110PS、最大トルク200N・mを発生する1リッター直3ターボエンジン「30 TFSI」。ベルト駆動式のオルタネータースターターと48Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステムが組み込まれている。
最高出力110PS、最大トルク200N・mを発生する1リッター直3ターボエンジン「30 TFSI」。ベルト駆動式のオルタネータースターターと48Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステムが組み込まれている。拡大
前後ランプを結ぶショルダーラインや、「アウディ・クワトロ」をイメージしたというブリスターフェンダーなどが特徴となる「A3」のエクステリア。
前後ランプを結ぶショルダーラインや、「アウディ・クワトロ」をイメージしたというブリスターフェンダーなどが特徴となる「A3」のエクステリア。拡大
「A3スポーツバック ファーストエディション」には、配光を自動調整する「マトリクスLEDヘッドライト&ダイナミックインジケーター」が標準装備される。
「A3スポーツバック ファーストエディション」には、配光を自動調整する「マトリクスLEDヘッドライト&ダイナミックインジケーター」が標準装備される。拡大

あふれ出る“いいもの感”

前の晩にクルマを受け取り、翌朝10時にはロケ地の河口湖で返却しなくてはならない。試乗時間が限られているため、薄暗いうちから動き出し、まずは下道で行けるところまで行くことにした。

30 TFSIユニットは、これまで「A1」にあった3気筒999ccターボに48Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたものである。コンパクトなリチウムイオン電池を積み、ベルト駆動のジェネレータースターターが必要に応じて電動アシストや回生制動、エンジン始動を行う。ゴルフでは「eTSI」と呼ばれる電動ユニットだ。

その動作はとてもなめらかだ。低速域でブレーキペダルを踏むと、ヒューンという回生制動のかすかな音がする。少しでも燃料消費を抑えるために、タウンスピードでもアクセルを戻せばエンジンは止まる。

車列が流れて、またアクセルを踏めば、なにごともなく3気筒は始動する。エンジンのオンオフはタコメーターを見ていなければわからない。そのため、アイドリングストップにも“あと付け感”がない。停車するときにはすでに0rpmで、ジェネレータースターターによる再始動もまったく密かに行われるからだ。そのため、街なかではけっこうEVっぽいエンジン車である。

ファーストタッチの第一印象から最後まで、この新型A3に感じたのは“いいもの感”だった。言ってみれば3気筒のリッターカーなのだが、走行感覚、運転感覚にはそんな固定観念を一蹴する高いクオリティー感がある。その源泉がマイルドハイブリッドの30 TFSIである。マイルドなハイブリッドというよりも、大人のハイブリッドという印象を受けた。

「A3スポーツバック ファーストエディション」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4345×1815×1450mm、ホイールベースは2635mm。
「A3スポーツバック ファーストエディション」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4345×1815×1450mm、ホイールベースは2635mm。拡大
センターコンソールが運転席側に向けられた、最新のアウディ車に共通するドライバーオリエンテッドなコックピットデザインを採用。
センターコンソールが運転席側に向けられた、最新のアウディ車に共通するドライバーオリエンテッドなコックピットデザインを採用。拡大
10.25インチサイズのフル液晶メーター「アウディバーチャルコックピット」を装備する「A3スポーツバック ファーストエディション」。速度やエンジン回転計、カーナビやメディアなど各種情報を任意に切り替え、表示することができる。
10.25インチサイズのフル液晶メーター「アウディバーチャルコックピット」を装備する「A3スポーツバック ファーストエディション」。速度やエンジン回転計、カーナビやメディアなど各種情報を任意に切り替え、表示することができる。拡大
センターコンソールに組み込まれたタッチ式ディスプレイは10.1インチサイズ。30色の中から好みの室内照明色や明るさを選択できる「マルチカラーアンビエントライティング」を標準装備している。
センターコンソールに組み込まれたタッチ式ディスプレイは10.1インチサイズ。30色の中から好みの室内照明色や明るさを選択できる「マルチカラーアンビエントライティング」を標準装備している。拡大

CO2削減にフォーカス

いつもなら中央道で一足飛びだが、そのまま国道20号で大垂水峠越えをした。早朝とあって、麓から峠を越えて中腹に下りるまで、前走車には出会わなかった。雨だったから、そんなにハイペースは刻めなかったが、峠道でも実に気持ちよく走れるクルマである。

足まわりやボディーの動的クオリティーも高い。ファーストエディションのタイヤは225/40R18。試乗車は「ピレリ・チントゥラートP7」を履いていたが、乗り心地は速度にかかわらず上質だ。ズッシリ系ではない。バネ下はむしろかろやかなのに、脚の動きはしっとり落ち着いている。「MQB」プラットフォームのフォルクスワーゲン/アウディ車が持つ美点だと思う。

一方、車重1320kgに対して110PSだから、動力性能に特別みるべきものはない。ここ一発、チカラがほしいときだと、パワーは物足りない。浅いスロットル開度なら問題ないが、深く踏み込むと、右足のレスポンスがデッドになる。スタート直後も含めて、ジェネレータースターターによる電動アシストはとくに感じない。しかしそれでも、ヘンな言い方だが、飛ばそうとしなければ、十分軽快である。

下道を60km走り、高速道路に上がる。100km/hは7段Sトロニックのトップで2000rpm。アクセルを戻せばエンジンは止まってコースティングに入る。

マナーは高速域でも申し分ないが、パワーは追い越し車線だとやはりパンチがない。スポーツモードにしたらどうかと思ったが、アウディお得意のドライブセレクトは30 TFSIには装備されない。一意専心に「CO2削減」なのだろう。

今回試乗した車両の外装色は「アトールブルーメタリック」と呼ばれるもの。これを含め「ファーストエディション」には、全6色のボディーカラーが設定されている。
今回試乗した車両の外装色は「アトールブルーメタリック」と呼ばれるもの。これを含め「ファーストエディション」には、全6色のボディーカラーが設定されている。拡大
今回の試乗車では、18インチサイズの「5スポークVデザイン」ホイールに、225/40R18サイズの「ピレリ・チントゥラートP7」タイヤが組み合わされていた。
今回の試乗車では、18インチサイズの「5スポークVデザイン」ホイールに、225/40R18サイズの「ピレリ・チントゥラートP7」タイヤが組み合わされていた。拡大
「A3スポーツバック ファーストエディション」のフロントシート。ブルーアクセント付きデビュークロスと呼ばれる表皮を採用した「スタンダードシート」が装備されている。
「A3スポーツバック ファーストエディション」のフロントシート。ブルーアクセント付きデビュークロスと呼ばれる表皮を採用した「スタンダードシート」が装備されている。拡大
「A3スポーツバック ファーストエディション」には、ベースモデルではオプションとなるセンターアームレスト付き3分割可倒式リアシートが標準装備される。
「A3スポーツバック ファーストエディション」には、ベースモデルではオプションとなるセンターアームレスト付き3分割可倒式リアシートが標準装備される。拡大

それを言っちゃあおしまいよ

アウディAシリーズというと、同クラスのフォルクスワーゲンよりフェミニンなイメージを抱いていたが、新型A3のスタイリングは俄然、スポーティーでアグレッシブになった。

ダッシュボードまわりもエッジの効いたシャープなデザインに変わった。ひとことで言うと、内外ともにカッコよくなった。あまり代わり映えしないゴルフ8よりも目を引くと思う。

ツマミのような形状の変速セレクターは、意外や使いやすい。そのすぐそばにある丸いスイッチは、オーディオのコントローラー。最近のクルマは、ラジオのオンオフすらすぐにはわからないことが多いが、この独立スイッチはユーザーフレンドリーだ。円周を指でなぞると、音量調節ができる。新デザインのドアレバーは手に着かず、しばしば空振りした。

さて、肝心の燃費は、265kmを走って、15.0km/リッター(満タン法)だった。もう少し伸びるかと思った。

ストロングハイブリッドの「ヤリス」なら、同じ走り方でおそらくリッター20kmはフツーに出る。しかも、ヤリス ハイブリッドは無鉛レギュラー仕様で、十分、速いクルマである。おまけに価格は……「それを言っちゃあおしまいよ」である。

だが、ヤリスにはA3のようないいもの感はない。そして、いいものはお高い。アウディはそういうクルマである。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=花村英典/編集=櫻井健一/撮影協力=河口湖ステラシアター)

フォルクスワーゲングループのエンジン横置きプラットフォーム「MQB」を採用する新型「A3」。FF車のサスペンションは、前ストラット式、後ろトレーリングアーム式となっている。
フォルクスワーゲングループのエンジン横置きプラットフォーム「MQB」を採用する新型「A3」。FF車のサスペンションは、前ストラット式、後ろトレーリングアーム式となっている。拡大
指先で操作できる新形状のシフトセレクタースイッチを採用。シフトパネル左上には、指でなぞることで音量調整が行える円形のオーディオコントローラーが配置されている。
指先で操作できる新形状のシフトセレクタースイッチを採用。シフトパネル左上には、指でなぞることで音量調整が行える円形のオーディオコントローラーが配置されている。拡大
リアシートの背もたれを、すべて前方に倒した様子。荷室床面はほぼフラットな状態になり、容量は通常使用時の380リッターから最大1200リッターに拡大できる。
リアシートの背もたれを、すべて前方に倒した様子。荷室床面はほぼフラットな状態になり、容量は通常使用時の380リッターから最大1200リッターに拡大できる。拡大
ドアミラー形状の見直しや、アンダーボディーをパネルで覆うなどの施策により、空力性能に磨きをかけた新型「A3スポーツバック」。空気抵抗の指標となるCd値は、0.28と発表されている。
ドアミラー形状の見直しや、アンダーボディーをパネルで覆うなどの施策により、空力性能に磨きをかけた新型「A3スポーツバック」。空気抵抗の指標となるCd値は、0.28と発表されている。拡大

テスト車のデータ

アウディA3スポーツバック ファーストエディション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4345×1815×1450mm
ホイールベース:2635mm
車重:1320kg
駆動方式:FF
エンジン:1リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:110PS(81kW)/5500rpm
最大トルク:200N・m(20.4kgf・m)/2000-3500rpm
タイヤ:(前)225/40R18 92Y/(後)225/40R18 92Y(ピレリ・チントゥラートP7)
燃費:17.9km/リッター(WLTCモード)
価格:453万円/テスト車=453万円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:3970km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(5)/山岳路(2)
テスト距離:265.7km
使用燃料:17.6リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:15.0km/リッター(満タン法)/14.6km/リッター(車載燃費計計測値)

アウディA3スポーツバック ファーストエディション
アウディA3スポーツバック ファーストエディション拡大
 
アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ A3スポーツバック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。