トヨタが「クルマの進化」まで提供するサービス発表 「GRヤリス」ベースの特別仕様車も設定

2021.06.07 自動車ニュース
トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”
トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”拡大

トヨタ自動車とKINTOは2021年6月7日、「人に寄り添って進化するクルマ」の提供に取り組むとともに、ソフトウエアの更新が可能になる新製品「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”」の取り扱いをKINTOを通じて開始したと発表した。

今回実施されたプレス向けオンライン発表会の様子。出席したトヨタ自動車の佐藤恒治 執行役員(写真左)は、車両のソフトウエアのアップデート・パーソナライズに関して、「短期的に、操舵の応答特性や4WDのトルク配分の制御は対応できるようになると思う」とコメントした。
今回実施されたプレス向けオンライン発表会の様子。出席したトヨタ自動車の佐藤恒治 執行役員(写真左)は、車両のソフトウエアのアップデート・パーソナライズに関して、「短期的に、操舵の応答特性や4WDのトルク配分の制御は対応できるようになると思う」とコメントした。拡大
これまで車両のモデルチェンジとその買い替えでしか享受できなかった「クルマの進化」。オンラインでのソフトウエア更新サービスは、その慣習に一石を投じるものになるという。
これまで車両のモデルチェンジとその買い替えでしか享受できなかった「クルマの進化」。オンラインでのソフトウエア更新サービスは、その慣習に一石を投じるものになるという。拡大
「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”」のインテリア。
「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”」のインテリア。拡大
ROOKIE Racingのチームカラーでコーディネートされた「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”」のショックアブソーバー。
ROOKIE Racingのチームカラーでコーディネートされた「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”」のショックアブソーバー。拡大
「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”」には、支払いプランにより、月額5万4340円から乗ることができる。具体的なソフトウエア更新サービスについては、今後明らかにされる。
「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”」には、支払いプランにより、月額5万4340円から乗ることができる。具体的なソフトウエア更新サービスについては、今後明らかにされる。拡大

最新・最適なクルマを提供したい

近年、ROOKIE Racingと連携してモータースポーツ活動に取り組むなかで、自動車開発のスピードを加速させてきたというトヨタ。今回発表された取り組みは、レースで実践してきた車両のアップデートとパーソナライズを、サブスクリプションサービスであるKINTOを通して市販車のユーザーも利用できるようにするというもので、「クルマの進化」まで含めたトータルでの車両提供を目的としている。

その要素となるのは、「タイムリーなアップデート」と「ユーザーに合わせたパーソナライズ」。現時点では以下のサービス内容が検討されている。

【アップデート】

  • 技術革新に合わせて最新のソフトウエアを反映し、クルマの「走る」「曲がる」「止まる」の基本性能を最適化
  • GRガレージ各店舗(一部除く)においてソフトウエアのアップデートを実施
  • 具体的なアップデートのメニューについては、2022年春ごろに公開予定
  • 費用はKINTOの月額利用料に含まれる(一部有料メニューあり)

【パーソナライズ】

  • 利用者の走行データをもとに、一人ひとりに合わせて車両のソフトウエアをカスタマイズ
  • 「人」に寄り添ったクルマの進化を将来的に目指す


トヨタでは、このソフトウエアを更新・進化させるサービスについて、ユーザーとのコミュニケーションが比較的取りやすいとの観点から、まずはKINTOの車両を対象にトライすることにしたという。

その具体的な商品となるのが、新たに設定されたGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”。同モデルは「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”」がベースで、モリゾウやROOKIE Racingにちなんだ以下のカスタマイズが施されている。

  • モリゾウのサイン入りウインドシールドガラスを採用
  • ROOKIE Racingにちなんだカラーリングのシートステッチやコイルスプリング、ショックアブソーバーを装備
  • ホイールオーナメント、ドアスイッチベースにROOKIE Racingロゴを挿入

カラーバリエーションは「プラチナホワイトパールマイカ」「エモーショナルレッドII」「プレシャスブラックパール」の全3色で、月額利用料は以下の通り。

  • ボーナス併用払いなし:8万1840円から
  • 5万5000円のボーナス併用払いあり:7万2710円から
  • 11万円のボーナス併用払いあり:6万3470円から
  • 16万5000円のボーナス併用払いあり:5万4340円から

(webCG)

関連キーワード:
GRヤリス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.5.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
ホームへ戻る