第102回:「シトロエンDS」の衝撃
先進技術と前衛的デザインが示した自動車の未来

2021.06.09 自動車ヒストリー 自動車史に名を残す傑作として名高い「シトロエンDS」。量販モデルでありながら、革新的な技術と前衛的なデザインが取り入れられたこのクルマは、どのような経緯で誕生したのか? 技術主導のメーカーが生んだ、希有(けう)な名車の歴史を振り返る。

先進技術を積極的に採用したシトロエン

1973年の映画『ジャッカルの日』では、冒頭で仏ド・ゴール大統領の暗殺未遂が描かれる。真っ黒な「シトロエンDS」で移動する大統領をテロリストが狙撃するシーンだ。この映画は事実に基づいており、事件が起きた1960年代初頭には、実際にDSが大統領の公用車として使われていた。1955年に発売されたこのモデルは評価が高く、シトロエンの中心車種となっていたのである。

ただ、DSのエンジンはわずか1.9リッター(後に2.3リッターまで拡大される)であり、特別な高級車とは言い難い。開発当時のコードネームは「VGD」で、これは「Véhicule de Grande Diffusion」(大量普及自動車)の略称である。量産車として企画されたモデルだが、そこに盛り込まれた技術は驚くほど先進的だった。このクルマがカー・オブ・ザ・センチュリーで第3位という栄誉に輝いたのは、スポーツカーでもない普通のクルマに惜しげもなく先端技術を注ぎ込んだことが理由のひとつとなっている。

シトロエンという会社は、成り立ちからして技術主導だった。創業者であるアンドレ・シトロエンは、母親の故郷であるポーランドで鋭角な山型の歯車を見て将来性を確信し、権利を買い取ってフランスでギアの製造を始める。高性能な製品で成功し、資本を得た彼は、1919年に自動車製造に乗り出した。その出自を記念して、シトロエンのエンブレムはドゥブル・シェブロン(山歯歯車)をモチーフにしたものとなっている。

自動車会社としては後発だったが、オールスチールボディーや4輪ブレーキを採用するなど、積極的に先進技術を取り入れて魅力的なモデルを開発した。アメリカ流の大量生産方式を採用したのも、ヨーロッパではシトロエンが初めてである。

後期型の「シトロエンDS」。つり目型のレンズで覆われた、4灯式のヘッドランプが特徴だ。
後期型の「シトロエンDS」。つり目型のレンズで覆われた、4灯式のヘッドランプが特徴だ。拡大
1本スポークのステアリングホイールが目を引くインストゥルメントパネルまわり。インテリアはデザインが革新的だっただけでなく、プラスチックなどの“新素材”が積極的に取り入れられていた。
1本スポークのステアリングホイールが目を引くインストゥルメントパネルまわり。インテリアはデザインが革新的だっただけでなく、プラスチックなどの“新素材”が積極的に取り入れられていた。拡大
アンドレ・シトロエン(1878-1935)
今日に続く自動車メーカー、シトロエンの創業者。自動車の設計や生産技術だけでなく、広告やマーケティングの分野にも、積極的に新しい手法を取り入れた。
アンドレ・シトロエン(1878-1935)
	今日に続く自動車メーカー、シトロエンの創業者。自動車の設計や生産技術だけでなく、広告やマーケティングの分野にも、積極的に新しい手法を取り入れた。拡大
ドゥブル・シェブロンと呼ばれるシトロエンのマークは、自動車より前にシトロエンが手がけていた、山歯歯車の歯をモチーフにしたものだ。
ドゥブル・シェブロンと呼ばれるシトロエンのマークは、自動車より前にシトロエンが手がけていた、山歯歯車の歯をモチーフにしたものだ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事