「メガーヌ アルピーヌ」が誕生!? ルノーの新戦略で人気の高性能モデルはどうなる?

2021.06.11 デイリーコラム

すべてをアルピーヌの名の下に

現行「メガーヌR.S.」に代表される、ルノーの市販スポーツモデル(と、それを使った参加型モータースポーツ事業)を手がけてきた「ルノースポール・カーズ」が、2021年5月1日付で「アルピーヌ・カーズ」になったそうだ。同じく、2011年からルノースポール名義で活動してきたF1チームも、この2021年シーズンから「アルピーヌF1」になっているのはご承知のとおりである。

それだけではない。以前からのアルピーヌ(=スポーツカーと世界耐久選手権<WEC>)に、ルノースポール・カーズ、ルノースポールF1チーム……と、これまでは各ビジネスユニットそれぞれにマネージングディレクターを置いていたが、この2021年1月11日にローラン・ロッシ氏がアルピーヌのCEOに就任。今後はこれら3事業をまとめて、アルピーヌとしてロッシCEOが統括することになった。

これらの一連の動きを、ロッシCEOは「ルノーグループ全体のブランド再構築の一環であり、われわれの価値や理想を実現するためには、アルピーヌの名の下ですべてをひとつのビジネスユニットに結合させることは不可欠な決断だった」と説明している。

ただし、これらアルピーヌにまつわる改変内容は、現時点では名義やマネジメントにかかわるものが大半で、定評のある現場の活動には基本的に手が入っていない印象が強い。

2021年シーズンから、ルノーのF1チームは「アルピーヌF1チーム」と名を改めて参戦している。昨季まで黄と黒の2トーンだったマシンの色もアルピーヌの象徴たる青を基調としたトリコロールに変更。イメージを大きく変えた。
2021年シーズンから、ルノーのF1チームは「アルピーヌF1チーム」と名を改めて参戦している。昨季まで黄と黒の2トーンだったマシンの色もアルピーヌの象徴たる青を基調としたトリコロールに変更。イメージを大きく変えた。拡大
「ALPINE」ロゴが添えられたF1マシンにおさまるドライバー、エステバン・オコン。2021年シーズンは、第6戦アゼルバイジャンGPを終えた時点でランキング12位(12ポイント)。チームは10チーム中7位につけている。
「ALPINE」ロゴが添えられたF1マシンにおさまるドライバー、エステバン・オコン。2021年シーズンは、第6戦アゼルバイジャンGPを終えた時点でランキング12位(12ポイント)。チームは10チーム中7位につけている。拡大
ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
ホームへ戻る