トヨタが新型「ランドクルーザー」を発表 2021年夏以降に世界各国で発売

2021.06.10 自動車ニュース
新型トヨタ・ランドクルーザー(海外仕様)
新型トヨタ・ランドクルーザー(海外仕様)拡大

トヨタ自動車は2021年6月9日、同年夏以降にグローバルでの発売を予定している、新型「ランドクルーザー」を世界初公開した。

 
トヨタが新型「ランドクルーザー」を発表 2021年夏以降に世界各国で発売の画像拡大

今年で誕生70周年を迎える伝統のモデル

ランドクルーザーは、1951年8月に登場した「トヨタBJ型」を起源とする、トヨタ伝統の本格SUVである。高い信頼性や耐久性、悪路走破性を特徴とし、「レクサスLX」などの派生モデルを含め、これまでに世界170の国と地域で累計約1040万台が販売されている(2020年末時点)。

今回発表された新型は、ランドクルーザーシリーズのなかでも「200シリーズ」の後継を担う上級モデルであり、トヨタブランドのSUV製品群の新たなフラッグシップとなる。

「300シリーズ」の名が付与されたこの新型は、ランドクルーザーの本質である信頼性と耐久性、悪路走破性を進化させつつ継承すること、世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現することを狙いに、開発を実施。歴代モデルより強固なボディー・オン・フレーム構造は踏襲しつつ、プラットフォームやパワートレインを刷新することで、パフォーマンスの向上を図っている。

フレームもエンジンも全面刷新

車体構造については、「GA-F」と呼ばれる新設計のプラットフォームを採用。軽量・高剛性な新しいフレームを用いることで、-200kgという車両重量の軽減と、低重心化、重量配分およびサスペンション構造の最適化を実現したという。さらに、社内のテストドライバーやダカールラリーの出場ドライバーなどからなる評価メンバーが、実路での走行評価を実施。オン/オフ問わず、運転しやすく疲れにくいクルマに仕上げたとされる。

悪路走破性も強化しており、足まわりはタイヤがより路面から浮きづらくなるよう、サスペンションの基本性能を改善。新機能「E-KDSS(Electronic Kinetic Dynamic Suspension System)」の採用により、さらなる接地性向上も図っている。また「ドライバー視点で障害物を直感的に可視化できる」(報道資料より)という「マルチテレインモニター」や、路面状態に応じて自動で最適な走行モードを選択する「マルチテレインセレクト」などの機能も搭載される。

パワーユニットはいずれも新開発で、3.5リッターV6ツインターボ(ガソリン)と3.3リッターV6ツインターボ(ディーゼル)の2種類のエンジンを用意。アウトプットは、前者が最高出力415PS(305kW)、最大トルク650N・m、後者が最高出力309PS(227kW)、最大トルク700N・mで、いずれのユニットでも従来の4.6リッターV8ガソリンエンジンを超える、高い動力性能とドライバビリティーを実現しているという。

これに組み合わされるトランスミッションはともに10段ATで、軽量化されたボディーとも相まって環境性能を向上。一部の地域では、自然吸気のV6ガソリンエンジンと6段ATの組み合わせも用意するとしている。

内外装のデザインもオフロード走行に配慮

予防安全・運転支援システムも強化しており、先進機能を付与した最新の「Toyota Safety Sense」を採用。具体的には、

  • 自転車運転者や夜間の歩行者にも対応するプリクラッシュセーフティー
  • 交差点における対向直進車や前方から来る横断歩行者の検知機能
  • ドライバーの回避操舵をきっかけに作動し、操舵と車線逸脱抑制をサポートする緊急時操舵回避支援機能

これらの機能が追加された。また、駐車場での前後障害物や、後退時に接近してくる車両および歩行者を検知し、事故防止に寄与する「パーキングブレーキサポート」も新たに採用している。

こうした技術面の進化に対し、外観デザインは従来モデルのイメージを残したものとなっている。特に車体のパッケージについては、全長、全幅、ホイールベースや、ディパーチャーアングル、アプローチアングルといった数値はいずれも従来型と共通となっている(一部グレードを除く)。ディテールについても同様で、従来モデルと同じく、悪路走行時にダメージを受けにくい位置にランプ類を装備。バンパーもダメージを受けにくい造形としている。

一方インテリアでは、ドライバーがクルマの姿勢を把握しやすいよう、水平基調のインストゥルメントパネルを採用。スイッチ類は直感的に操作できるよう機能ごとに配置をまとめ、色やデザインなども操作性を考慮したものとしているという。

(webCG)

関連キーワード:
ランドクルーザー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型トヨタ・ランドクルーザー 2021.6.10 画像・写真 トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開した。ランクルの本質である信頼性と耐久性、悪路走破性を進化させつつ継承すること、さらに世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現することを狙いに開発された新型の姿を写真で紹介する。
  • トヨタが新型「ランドクルーザー」を発表 2021年夏以降に世界各国で発売 2021.6.10 自動車ニュース トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開。軽量・高剛性な新設計のフレームや、2種の新型V6ターボエンジンの採用などにより、悪路走破性を高めつつより快適なクルマに進化しているという。2021年夏以降に、世界各国で発売となる予定だ。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション/ノート オーラG FOURレザーエディション【試乗記】 2021.6.15 試乗記 「日産ノート」ベースのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」が登場。パワーアップした「e-POWER」や3ナンバー化された専用ワイドボディー、上級路線を目指したというこだわりの内装や装備など、注目すべきポイントの仕上がりを、テストコースで確かめた。
ホームへ戻る