世界限定300台の「アルピーヌA110リネージGT 2021」 国内の注文受け付けがスタート

2021.06.10 自動車ニュース
アルピーヌA110リネージGT 2021
アルピーヌA110リネージGT 2021拡大

アルピーヌ・ジャポンは2021年6月10日、限定車「アルピーヌA110リネージGT 2021」の注文受け付けを開始した。受付期間は同年7月18日までで、世界限定台数の300台に達した場合は、その時点で販売終了となる。

 
世界限定300台の「アルピーヌA110リネージGT 2021」 国内の注文受け付けがスタートの画像拡大
 
世界限定300台の「アルピーヌA110リネージGT 2021」 国内の注文受け付けがスタートの画像拡大

アルピーヌA110リネージGT 2021は、2021年5月にデビューした特別な仕立てのA110(関連ニュース)。ハイパフォーマンスモデル「A110S」用の1.8リッター直4ターボエンジン(最高出力292PS、最大トルク320N・m)が搭載されるほか、以下のような特別装備が採用されている。

  • 専用18インチダイヤモンドカットアロイホイール(ブラック)
  • ゴールドブレーキキャリパー
  • ペールゴールドロゴおよびエンブレム
  • リアLEDランプ(クリアタイプ)
  • アンバーブラウンレザーシート&ドアトリム
  • マイクロファイバールーフトリム
  • ブリリアントカーボンの加飾パネル(銅色アウトライン入り)
  • 専用フロアマット(ブラウンステッチ入り)
  • シリアルナンバープレート
  • チタンブラック内装

価格は941万円で、ボディーカラーは「マットマーキュリーシルバー(本国名:アルジャン メルキュール マット)」と呼ばれる専用色のみ。海外仕様車にラインナップされる「アビスブルー」は選べない。ハンドル位置は左右が選択可能となっている。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【試乗記】 2020.2.26 試乗記 新生「アルピーヌA110」のハイパフォーマンスバージョン「A110S」に試乗。+40PSのエンジンパワーと固く引き締められた足まわりがもたらした、ノーマルモデルとの走りの違いをリポートする。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • 2021年1月1日から「アルピーヌA110」が新価格に 2020.12.1 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2020年12月1日、ミドシップスポーツカー「A110」の車両本体価格を2021年1月1日付で改定すると発表した。全モデルとも1.3~1.6%ほどの値上げとなっている。
  • スバルが新型「WRX」を世界初公開 従来モデルから車両構造を全面刷新 2021.9.10 自動車ニュース スバルが米国で新型「WRX」を世界初公開した。4世代目となる新型は、車両骨格に「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。エンジンは2.4リッターターボで、一部のグレードにはドライブモードセレクターや電子制御サスペンションも採用されるという。
ホームへ戻る