日産が新型車「ノート オーラ」を発表 3ナンバーサイズのワイドボディーで高級路線を目指す

2021.06.15 自動車ニュース
日産ノート オーラ
日産ノート オーラ拡大

日産自動車は2021年6月15日、コンパクトカー「ノート」をベースとした3ナンバーサイズの派生モデル「ノート オーラ」を発表した。FWD車と4WD車をラインナップし、発売は同年秋を予定している。

 
「ノート オーラ」のエクステリア。全長が4045mm、ホイールベースが2580mmという数値はベースとなった「ノート」と同じだが、全幅は+40mmの1735mmに拡大されている。
「ノート オーラ」のエクステリア。全長が4045mm、ホイールベースが2580mmという数値はベースとなった「ノート」と同じだが、全幅は+40mmの1735mmに拡大されている。拡大
12.3インチサイズに大型化された「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」が採用されたコックピット。
12.3インチサイズに大型化された「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」が採用されたコックピット。拡大
「ノート オーラ」の前席。ヘッドレストにスピーカーを内蔵した、BOSEとの共同開発となる「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」をオプション設定している。
「ノート オーラ」の前席。ヘッドレストにスピーカーを内蔵した、BOSEとの共同開発となる「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」をオプション設定している。拡大
「ノート オーラ」の後席。室内幅や室内高など居住空間は、ベースとなった「ノート」から変わっていない。
「ノート オーラ」の後席。室内幅や室内高など居住空間は、ベースとなった「ノート」から変わっていない。拡大
15工程を経てつくり出される木目調パネルやツイード調織物表皮で、内装を演出。「ノート オーラ」では、上質な雰囲気のインテリアを目指したという。
15工程を経てつくり出される木目調パネルやツイード調織物表皮で、内装を演出。「ノート オーラ」では、上質な雰囲気のインテリアを目指したという。拡大
発電用のHR12DE型1.2リッター直3エンジンは、ベースとなったノートと同じく、最高出力82PSを発生。
発電用のHR12DE型1.2リッター直3エンジンは、ベースとなったノートと同じく、最高出力82PSを発生。拡大
「ノート オーラ」専用となる、切削加工の上に樹脂パーツで加飾を施した 17 インチアルミホイール。
「ノート オーラ」専用となる、切削加工の上に樹脂パーツで加飾を施した 17 インチアルミホイール。拡大

車名の「オーラ」は、「気品」や「独特な雰囲気」を意味する英語「AURA」に由来。日産は「上質なクルマとして、見る人を惹(ひ)きつけ、所有する悦(よろこ)びをご提供する、唯一無二の輝きを放つ存在になるとの思いを込め、新次元のプレミアムコンパクトを目指した」と、同車の車名と開発コンセプトを説明している。

車体前後には専用デザインを採用。前後フェンダーの拡幅などによってボディーは3ナンバー規格になった。全長4045mm、ホイールベース2580mmという数値はベースとなったノートと同じだが、全幅は+40mmの1735mmとなっている。全高は1525mmで、これは駆動方式にかかわらずノート オーラの全グレードに共通する。

日産車のアイコンとなる「Vモーショングリル」は、シグネチャーLEDポジションランプやアクセントランプ、シーケンシャルターンランプの 3 つの機能を有し、薄型のヘッドランプにはアダプティブ LEDヘッドライト機能が備わっている。デザイン性と空力、軽量化などの機能性を両立させたという切削加工の上に樹脂パーツで加飾を施した 17インチアルミホイールも、同車のエクステリアデザイン上の特徴となる。

インテリアでは、ノートの7インチサイズに対して12.3インチサイズに大型化された「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」と、オプションの9インチサイズの「NissanConnect ナビゲーションシステム」がシームレスにつながるバイザーなしのメーターナセルが目を引く。15工程を経てつくり出される木目調パネルやツイード調織物表皮のダッシュボードやセンターコンソール、ドアパネルなどもノート オーラの専用アイテムとなる。室内寸法の数値は、ベースとなったノートからの変更はない。

また、ルーフやドア、フロントドアのガラスに遮音対策を施し、高い静粛性を確保。運転席、助手席のヘッドレストにスピーカーを内蔵したBOSEとの共同開発となる「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」をオプションとして採用したのも同車の特徴である。

発電用のHR12DE型1.2リッター直3エンジンはベースとなったノートと同型ながら、ノート オーラには、よりパワーアップした電動パワートレイン「e-POWER」が搭載される。ノートと同じくFWD車と4WD車が設定され、前輪用モーターは最高出力が20PSアップの136PS、最大トルクが20N・mアップの300N・mを、後輪用モーターはノートの4WD車と同じく最高出力68PS、最大トルク100N・mを発生する。

日産車でおなじみの運転支援システムであるナビリンク機能付き「プロパイロット」は、オプションアイテムとして用意される。ボディーカラーは「ガーネットレッド/スーパーブラック」「ミッドナイトブラック/サンライズカッパー」を含む2トーンが5種類、モノトーンが9種類の全14種類をラインナップしている。

FWD車と4WD車は、いずれも2グレード展開となる。ラインナップと価格は以下の通り。

  • G:261万0300円(FWD車)
  • Gレザーエディション:269万9400円(FWD車)
  • G FOUR:286万8800円(4WD車)
  • G FOURレザーエディション:295万7900円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノート オーラNISMO 2021.8.17 画像・写真 「日産ノート オーラ」をベースとした「NISMO」バージョンが登場。レース由来の空力技術をベースに開発された外装パーツや、専用アイテムで仕立てられたスタイリッシュな内装など、注目のディテールを写真で紹介する。
  • 日産が「ノート オーラNISMO」を発表 専用チューンで走りを強化 2021.8.17 自動車ニュース 日産自動車は2021年8月17日、コンパクトカー「ノート オーラ」をベースに専用の内外装や足まわりを採用したスポーティーバージョン「ノート オーラNISMO」を発表した。同年秋の発売を予定している。
  • 日産ノート オーラNISMOプロトタイプ(FF)【試乗記】 2021.8.17 試乗記 日産自慢の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「ノート オーラ」に「NISMO」バーションが登場。レースで培ったノウハウを注ぎ込み、匠(たくみ)と呼ばれる開発ドライバーが磨きをかけたというそのパフォーマンスを、同社のテストコースで確かめた。
  • 日産ノート オーラ 2021.6.15 画像・写真 日産自動車は2021年6月15日、コンパクトカー「ノート」をベースとした3ナンバーサイズの派生モデル「ノート オーラ」を発表した。同年秋の発売を前に、専用ワイドボディーやこだわりの内装を採用した新型プレミアムコンパクトの姿を写真で紹介する。
  • スズキが「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部仕様を変更 オートライトを全車に採用 2021.9.16 自動車ニュース スズキが「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部仕様変更を実施。オートライトを全車に採用したほか、4段AT車に停車時アイドリングストップシステムを搭載した。またジムニーには、スペアタイヤロアカバーを追加している。
ホームへ戻る