初代とはまるで違う!? 2021年秋登場の新型「レクサスNX」はここに注目!

2021.06.21 デイリーコラム

期待も気合も十分

2014年春の北京モーターショーでお披露目となった「レクサスNX」が、登場から7年の時を経て、初のフルモデルチェンジを受ける。

初代となる現行型は、90以上の国と地域で販売、通算100万台以上をリリースし、年間を通してはブランド全量の約4分の1を占める屋台骨へと成長した。ちなみに日本市場では2020年、「RX」が約1万4000台、NXと「UX」が約1万台という販売状況となっている。モデル末期であることを鑑みれば優秀な数字だ。

「グローバルでみれば、まだまだRXのほうが販売台数は多いですね。でもRXは米国が主力市場なのに対して、NXは欧州はじめ北米外の市場で支持していただいています」

加藤武明チーフエンジニアは初代NXの開発当初から責任者として携わってきたほか、現在はRXの開発責任者も兼任するなど、いってみればレクサスのど真ん中を支える2モデルを育てている。今回、新型NXの概要発表にあたり、加藤さんと新型NXのデザインを取りまとめた須賀厚一レクサスデザイン部部長のお二方に、製品に込めた思いを聞くことができた。

「新しいNXはわれわれが言うところのGA-Kプラットフォームを採用しています。これはトヨタブランドの『RAV4』や『ハリアー』が用いるものと基本は一緒で、プラットフォーム自体の開発当初からNXへの展開も織り込んでいました。ホイールベースが一緒ですから単純な転用ととられてしまうかもしれませんが、走行性能やデザインのためにさまざまな箇所をこのモデル用に再構築しています」

各仕向け地やライバルの動向も踏まえたうえで、NXはRAV4やハリアーよりもひと回り大きな20インチタイヤを履くことを前提として骨格を構成、前バルクヘッドの板厚アップをはじめ、サブフレームや足まわりには専用の部品を使用し、各部に補強を加えている。またPHEV版では、「RAV4 PHV」では右後部にある12Vの補機類用バッテリーをリア中央部に移動し、空いたスペースはデザインのために割いているという。

2021年6月12日に世界初公開された、新型「レクサスNX」。発売時期は、同年秋ごろが見込まれている。(※以下、車両の写真はすべて海外仕様車)
2021年6月12日に世界初公開された、新型「レクサスNX」。発売時期は、同年秋ごろが見込まれている。(※以下、車両の写真はすべて海外仕様車)拡大
先代と同様、新型にもスポーティーグレード“Fスポーツ”(写真)がラインナップされる。エクステリアにおいては、専用デザインの前後バンパーやアルミホイールが特徴となっている。
先代と同様、新型にもスポーティーグレード“Fスポーツ”(写真)がラインナップされる。エクステリアにおいては、専用デザインの前後バンパーやアルミホイールが特徴となっている。拡大
これまで世界で100万台以上が販売された「レクサスNX」。その新型はグローバルコアモデルとしての重責を担う。
これまで世界で100万台以上が販売された「レクサスNX」。その新型はグローバルコアモデルとしての重責を担う。拡大
チーフエンジニアの加藤武明さんは、先代から「NX」の開発責任者を務めている。いままさに激戦区のSUV市場だが、ゼロベースで鍛え上げてきた新型には勝機があると自信をみせる。
チーフエンジニアの加藤武明さんは、先代から「NX」の開発責任者を務めている。いままさに激戦区のSUV市場だが、ゼロベースで鍛え上げてきた新型には勝機があると自信をみせる。拡大
レクサス NX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスNX 2021.10.7 画像・写真 「レクサスNX」がフルモデルチェンジ。NXは2014年7月に誕生したミドルサイズの都会派SUVで、同ブランドのグローバルコアモデルに位置づけられている。2代目に進化したNXのフォルムやディテールを写真で紹介する。
  • 「レクサスNX」がフルモデルチェンジ レクサス初のPHEVもラインナップ 2021.10.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年10月7日、新型「レクサスNX」の国内仕様を発表した。同年11月以降に販売を開始する予定。パワーユニットと駆動方式の組み合わせは全6種類で、レクサスブランド初のプラグインハイブリッド車も設定している。
  • レクサスNX【開発者インタビュー】 2021.10.7 試乗記 2021年6月に初のフルモデルチェンジが発表された「レクサスNX」。都会派のミドルサイズSUVは、いかなる進化を遂げたのか。国内仕様の発表にあたり、チーフエンジニアの加藤武明さんにブランド変革の方向性も含めて話を聞いた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2021.9.29 試乗記 フォルクスワーゲンの5ドアクーペ「アルテオン」から派生した、スタイリッシュなワゴン「アルテオン シューティングブレーク」。そのステアリングを握った筆者は、従来のブランドイメージからは想像できなかった仕上がりに衝撃を受けたのだった。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
ホームへ戻る