トヨタ・ミライG“Aパッケージ”(後編)

2021.07.04 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が新型「トヨタ・ミライ」に試乗。前編ではその乗り味を「宇宙船のようだ」と評した山野。後編では電動車ならではの加速感について、トヨタのつくり込みに対する最大級の賛辞を送るのだった。

トルクの出方が絶妙

トヨタの量産型燃料電池車(FCV)であるミライに試乗した山野哲也は、アクセル操作に対する俊敏なレスポンスを誇る「スポーツ」モードより、むしろ穏やかな「エコ」モードに感銘を受けたという。

山野:アクセルペダルに足を載せると、緩やかにトルクがかかる。その具合が「内燃機関ではない」と思わせるんです。

webCG:通常のエンジン車にも「エコモード」を設定できるモデルがありますが。

山野:ミライのエコモードは、いわゆる“トルクのつき”が絶妙で、ドライバーの足の動きと、それに呼応して発生するトルクの大きさが実によく煮詰められています。ペダルを踏む量に「オンタイムで合わせ込んでいる」とさえ感じます。

webCG:トルクの湧き出し方とペダル操作のシンクロの仕方が絶妙なんですね。

山野:そうです。内燃機関でも、例えば吸気バルブの開閉タイミングをずらすなどして出力をコントロールできますが、電気モーターのようにはいかない。

 
トヨタ・ミライG“Aパッケージ”(後編)の画像拡大
 
トヨタ・ミライG“Aパッケージ”(後編)の画像拡大
 
トヨタ・ミライG“Aパッケージ”(後編)の画像拡大
 
トヨタ・ミライG“Aパッケージ”(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ミライ(FF)【試乗記】 2015.4.20 試乗記 トヨタの量産型燃料電池車「ミライ」に、公道で試乗。走りに乗り心地、使い勝手、さらに燃料の補給まで、次世代型エコカーの“実際”をリポートする。
  • ホンダNSXタイプS(MR/6MT)【試乗記】 2021.11.8 試乗記 「ホンダNSX」の最終モデルとして発表された「タイプS」だが、目の前の試乗車は同じNSXタイプSでも先代モデル、17年落ちの2004年式だ。同じ名前でも現行モデルとはまるで違う、電気仕掛けとは無縁のプリミティブな走りを味わってみた。
  • ホンダ・シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.11.9 試乗記 世界的な人気モデルでありながら、日本ではいまいち存在感が薄くなってしまった「ホンダ・シビック」。このクルマが“おひざ元”でも元気を取り戻すためにはどうすればよいのか? 新型のスポーティーな走りを味わいながら考えた。
  • トヨタ・ミライZ(RWD)【試乗記】 2021.3.5 試乗記 フルモデルチェンジでがらりと見た目の変わったトヨタの燃料電池車「ミライ」。大型FR車用のプラットフォームを用いたパッケージングや走り、そして一新された内外装デザインなど、純粋に“魅力あるクルマ”を目指したというが、果たしてその進化やいかに。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/10AT)【試乗記】 2021.11.27 試乗記 長い長い納期が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー」だが、クルマドロボーからの熱視線も受けているのはご承知の通り。最上級グレード「ZX」(ガソリンエンジン車)の試乗インプレッションとともに、防犯上の最重要ポイントを報告する。
ホームへ戻る