クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

EVのパイオニアから次世代モデルがついに登場! 「アリア」に寄せる期待と日産の課題

2021.06.25 デイリーコラム

目指せ捲土重来!

2021年6月4日、日産の新型電気自動車(EV)「アリア」の予約受注がようやく開始された。何をおいても、まずはめでたい。2020年7月のプロトタイプ発表から1年弱。当初からスケジュールがアナウンスされていたとはいえ、いやはや長かった。

皆さんご存じの通り、アリアは日産が新開発のEV専用プラットフォームをベースに仕立てた、クロスオーバータイプのEVである。バッテリー容量は66kWhと91kWhの2種類で、一充電走行可能距離は430~610km(WLTCモード)。急速充電は130kWまでの出力に対応しており、30分の充電で最大375kmの走行距離を得られるという。額面的には、同セグメントに属する舶来の最新EVはもちろん、近い将来出てくるであろうモデルとも伍(ご)して渡り合えるスペックだ。

実車に触れてみても、2枚の巨大モニターで構成されたタッチレス操作対応のデジタルメーター&インフォメーションディスプレイや、ダッシュボードに浮かび上がる空調のコントローラー(ハプティクス<触覚提示技術>採用)、センターコンソールと一体化したドライブモードセレクターと、あざといまでのインターフェイスの新機軸に「レッツ捲土(けんど)重来」という日産の意気を感じる。……個人的には、ダッシュとコンソールは指が触れるところだけテカテカにならないか、不安ではありますが(笑)。

加えて、生産を担うのはインフィニティ(北米などで展開される日産のプレミアムブランド)のモデルも手がける栃木工場と、その品質についても日産は本気(マジ)。「プロパイロット2.0」を設定するなど先進運転支援システムもてんこ盛りで、発表会で星野朝子副社長が「新しい日産のフラッグシップ」と意気込んでいたのも、さもありなんである。

日産自動車の星野朝子副社長と、「日産アリア」の初版限定モデル「リミテッド」。
日産自動車の星野朝子副社長と、「日産アリア」の初版限定モデル「リミテッド」。拡大
ステージ上でアンベールを待つ2台の「アリア」。コロナ禍のなか、こうした“リアルイベント”で新車を拝むのも久々である。
ステージ上でアンベールを待つ2台の「アリア」。コロナ禍のなか、こうした“リアルイベント”で新車を拝むのも久々である。拡大
2枚の大型スクリーンが目を引くインストゥルメントパネルまわり。インターフェイスにはさまざまな新機軸が取り入れられている。
2枚の大型スクリーンが目を引くインストゥルメントパネルまわり。インターフェイスにはさまざまな新機軸が取り入れられている。拡大
生産は栃木工場の「インテリジェントファクトリー」で行われる。インテリジェントファクトリーとは、次世代モデルの生産のために最適化された生産施設のことで、国内外の工場へも順次展開していくという。
生産は栃木工場の「インテリジェントファクトリー」で行われる。インテリジェントファクトリーとは、次世代モデルの生産のために最適化された生産施設のことで、国内外の工場へも順次展開していくという。拡大

「日産アリア」を応援したいこれだけの理由

そんな日産アリアだが、6月15日発のプレスリリースによると、受注開始から10日で3936台の受注を集めたという。これが多いか少ないかは「日産のみぞ知る」であるが(なにせ同車は、目標販売台数が公表されていないのだ)、そこに記されていた「『日産の電気自動車であるという安心感』等が、お客さまから高い評価を受け(後略)」という文言が、EV大好き小僧(=記者)の心にプスっと刺さった。

曲がりなりにも報道を生計(たつき)としている以上、えこひいきはよろしくないのだが、記者はアリアをこっそり応援しているのである。なんでか? 製造元の日産が、“市井のEV”のパイオニアだからだ。

思い起こしていただきたい(遠い目)。初代「リーフ」で“普通の人が普通に買えるEV”を初めて世に問うたのは、三菱とほぼ同着で日産だった。V2H(Vehicle to Home)やバッテリーのリサイクル、あるいは移動電源としての災害派遣など、EVをライフサイクル全体でみて、エネルギーインフラのなかに組み込もうと率先して取り組んできたのも、なんだかんだで日産である。

製品そのものを見ても、リコール時に「自動車と同じ耐用年数の電子部品なんて用意できるか!」とふてくされるメーカーがいるかたわらで、日産はEVを“既存のエンジン車に代わるもの”として、きちんと仕立ててきた。「世界で累計50万台のリーフを販売して、バッテリーの発火事故はゼロ」という事実は、もっと知られていい同社の殊勲だろう。

率直に言って、「(ディーラー網やアフターサービスの観点からも)ようやく高性能EVというジャンルに、身内親族に安心してオススメできるクルマが出てきた」というのが、アリアに対する記者の心象だった。それが公道デビューを果たすというのだから……。

……受注開始の発表当日、記者はかように感慨に浸りつつ横浜・日産本社に赴いたのだが、配布されたリリースを読んで「ん?」となった。初版限定モデル「B6リミテッド」の発売が、今冬? 確かプロトタイプの発表時には、年央の販売開始が予定されていた気がするのだが……。

巨大なモニターはタッチレス操作に対応。左モニターの前で日産のスタッフがしゅっと右に指を走らせると、ナビ表示がスムーズに右のモニターに移動した。
巨大なモニターはタッチレス操作に対応。左モニターの前で日産のスタッフがしゅっと右に指を走らせると、ナビ表示がスムーズに右のモニターに移動した。拡大
クルマを“起動”すると、ダッシュボードにエアコンの操作パネルが浮かび上がる。このコントローラーにはハプティクス(触覚提示技術)が採用されており、触れると微振動して、操作の受理を人間に伝えてくる。
クルマを“起動”すると、ダッシュボードにエアコンの操作パネルが浮かび上がる。このコントローラーにはハプティクス(触覚提示技術)が採用されており、触れると微振動して、操作の受理を人間に伝えてくる。拡大
センターコンソールに配されたドライブモードセレクター。……見た目はスマートだが、使っているうちにテカテカになってしまわないか、ちょっと不安。
センターコンソールに配されたドライブモードセレクター。……見た目はスマートだが、使っているうちにテカテカになってしまわないか、ちょっと不安。拡大
2020年夏に、累計販売台数50万台を突破した「日産リーフ」(初代・2代目の合計)。それだけの台数を販売していながら、今のところ1台もバッテリーの発火事故を起こしていないのは立派だ。
2020年夏に、累計販売台数50万台を突破した「日産リーフ」(初代・2代目の合計)。それだけの台数を販売していながら、今のところ1台もバッテリーの発火事故を起こしていないのは立派だ。拡大

このスピード感にはヤキモキさせられる

ようやく予約受注が始まったアリアだが、実は発売そのものは、まだまだ先。公道デビューは、当初のスケジュールからいささか後ろ倒しになっていたのだ。発表会の席上、この点について質疑応答で問われた星野副社長は、新型コロナ感染症のまん延や昨今の半導体不足などを遅延の理由として挙げ、「日産初、世界初の技術を投入したクルマなので、慎重を期した」と説明していた。

実際、スピード重視の新興メーカーとは違う路線を行く日産としては、アリアのスケジュールには“これが限界”な部分もあるのだろう。チーフエンジニアの中嶋 光氏に聞いたところ、栃木工場のラインはすでに立ち上げ済みで、先行試作車の生産も進んでおり、今はとにかくつくって走らせての“バグつぶし”に取り組んでいるのだとか。「安全は私たちのつくるEVのファンダメンタル」(中嶋氏談)というメーカーの姿勢を思うと、このスケジュールを安易に「遅い」と評するのもどうかと思う。

……とはいえ、予約サイトで見たところ、初版限定車のなかでも「B6」以外の3モデルは2022年夏の発売となっており、カタログモデルはさらにその先となりそう。昨今のEV市場の勢いを見ていると、このスピード感にはヤキモキさせられる。日本のメーカーには信頼性を担保しつつ開発スピードを高める施策に、ぜひ取り組んでいただきたい。

もうひとつ気になったのが、これもQ&Aで星野副社長が述べていた、「年間数万台」というグローバル販売の規模だ。それ自体は「ああ、そうなのね」というお話なのだが、鼻息の荒い数字を示さなかったことについて、氏はポロっと、バッテリーの供給量をその理由のひとつとして挙げていた。いかにアリアが“バッテリー食らい”とはいえ、「現状におけるリーフの販売台数+数万台」が供給キャパというのでは、今後のEV市場を戦ううえで、いささか心もとないのでは? 日産ではハイブリッド車の「e-POWER」シリーズも人気を博しているし、この点はぜひ、早急に打開してほしい。

予約受注が開始された「日産アリア」だが、発売時期は、最初に出てくる「B6リミテッド」でも今冬。公道でお目にかかれるのは、まだ先のようだ。
予約受注が開始された「日産アリア」だが、発売時期は、最初に出てくる「B6リミテッド」でも今冬。公道でお目にかかれるのは、まだ先のようだ。拡大
「日産リーフ」のチーフエンジニアを務めた中嶋 光氏。バッテリーの安全性が不安視される昨今、安心・安全を重視する日産の姿勢には記者も大賛成である。
「日産リーフ」のチーフエンジニアを務めた中嶋 光氏。バッテリーの安全性が不安視される昨今、安心・安全を重視する日産の姿勢には記者も大賛成である。拡大
オンラインで寄せられる報道関係者からの質問に答える星野副社長(左)と、Japan-ASEANデジタルトランスフォーメーション部の山口稔彦部長(右)。
オンラインで寄せられる報道関係者からの質問に答える星野副社長(左)と、Japan-ASEANデジタルトランスフォーメーション部の山口稔彦部長(右)。拡大
今後、EVやFCV、PHEVの市場が拡大することは間違いないだろうし、日産も電動車のラインナップ拡大を公言している。安定したバッテリーの確保は重要課題だろう。
今後、EVやFCV、PHEVの市場が拡大することは間違いないだろうし、日産も電動車のラインナップ拡大を公言している。安定したバッテリーの確保は重要課題だろう。拡大

ちょっと気になる生産時の環境負荷

……いつの間にやら、アリア単体から日産の電動車戦略に関する部分にまで話が飛んでしまった。風呂敷のたたみどころを見誤った。しかし、せっかくなのでもうひとつ記者の関心にお付き合いいただきたい。

記者がナニに関心があるかというと、それはEV生産時の環境負荷についてだ。そのスジに明るい読者諸兄姉ならご存じの通り、リチウムイオンバッテリーを満載する高性能EVは、製造に大量の希少金属を必要とし、また大量の電力を食う。そしてアリアは、日本初となる90kWhクラスのバッテリーを積んだEVである。もちろん66kWh仕様のモデルもあるが、それでも「生産時の環境負荷に配慮した」という「マツダMX-30」などの35.5kWhより、はるかにバッテリー容量は大きく、そのぶん生産時の環境負荷も大きいはず。日産は将来的なカーボンニュートラルを公言しているメーカーのひとつだが、今回の発表では、壇上からも、会場の関係者からも、同車の生産にまつわる具体的な環境負荷軽減策を聞くことはなかった。

もちろん、自動車製造にまつわるCO2削減というのは、組み立てラインだけで完結する話ではないし、パワートレインを問わずさまざまな車種をひとつの拠点で生産する日産のようなメーカーでは、なおのこと「〇〇(特定の車種名)の生産では××のような施策を取り、△万tのCO2削減を実現しました」という形では説明しづらいだろう。

「アリア」の生産を担う、日産の栃木工場。ホームページでは、2018年度目標に対するCO2の削減量や、工場廃棄物発生量削減の達成度などが紹介されている。
「アリア」の生産を担う、日産の栃木工場。ホームページでは、2018年度目標に対するCO2の削減量や、工場廃棄物発生量削減の達成度などが紹介されている。拡大
35.5kWhのバッテリーを搭載した「マツダMX-30」のEVモデル。バッテリー容量の小ささについて、マツダは「ライフサイクルアセスメントでのCO2排出量の抑制を意図したもので、生産と走行の双方で出るCO2の総量を、同クラスのディーゼル車より抑えるため」と説明している。
35.5kWhのバッテリーを搭載した「マツダMX-30」のEVモデル。バッテリー容量の小ささについて、マツダは「ライフサイクルアセスメントでのCO2排出量の抑制を意図したもので、生産と走行の双方で出るCO2の総量を、同クラスのディーゼル車より抑えるため」と説明している。拡大
日産は2021年1月に、自社製品のライフサイクル全体におけるカーボンニュートラルを実現すると発表。生産分野でも「ニッサンインテリジェントファクトリーをはじめとする、車両組み立て時の生産効率を向上させるイノベーションの推進。生産におけるエネルギーと材料の効率向上」という目標が公表されていた。
日産は2021年1月に、自社製品のライフサイクル全体におけるカーボンニュートラルを実現すると発表。生産分野でも「ニッサンインテリジェントファクトリーをはじめとする、車両組み立て時の生産効率を向上させるイノベーションの推進。生産におけるエネルギーと材料の効率向上」という目標が公表されていた。拡大

注目を集める機会のさらなる活用を!

それでも欧米のメーカーは、新製品の発表ごとにCO2削減の取り組みと成果を宣伝している。将来の環境規制における、ライフサイクルアセスメント(LCA)の導入を見据えた戦略、……あるいは、今やバブルの香りただようSDGs投資向けのアピールだとは思うのだが、このあたり、日本メーカーは相変わらずPRが苦手である。

日産も、これを機にデーンとアピれる施策に取り組んでおくべきだったのではないか。あるいは、アリアの製造に関して語れるものがなかったとしても、せめて「2050年までのカーボンフリー」という目標へ向けた何がしかの取り組みを、ここで語るべきだったと思う。英国サンダーランドの例とか、紹介できる話がまったくないわけじゃないんだから。アリアほどの注目車種はそうはないのだから、もったいないじゃないか!

アリアの本当の発売&デリバリー開始はまだ先のことだし、今後も折を見ては取材の機会が用意されると思う。実際、星野氏も発表会の壇上で「いずれアリアのファクトリーを皆にお見せする」と発言していた。

今はとにかく、そのどこかのタイミングで日産の環境負荷低減策の進捗(しんちょく)を聞けることに期待したい。何せ日産は、世界で一番長くEVの普及に取り組んできたメーカーなのだから。

(文と写真=webCGほった)

欧米のメーカーは、生産段階におけるCO2削減に積極的に取り組み、その情報を発信している。例えばアウディは、EV「e-torn GT」を生産するネッカーズルム工場の電力を、すべてグリーン電力に変更。生産時に必要となる熱も、バイオガスを燃料に生成しているという。
欧米のメーカーは、生産段階におけるCO2削減に積極的に取り組み、その情報を発信している。例えばアウディは、EV「e-torn GT」を生産するネッカーズルム工場の電力を、すべてグリーン電力に変更。生産時に必要となる熱も、バイオガスを燃料に生成しているという。拡大
生産拠点における環境負荷低減の取り組みは日産も行っている。例えば英サンダーランド工場では、太陽光発電設備の発電量を約3倍に増強。欧州向け「リーフ」の製造をすべてまかなえる電力を再生可能エネルギーで得られるようになったという。こういう情報、もっとアピールしましょうよ。
生産拠点における環境負荷低減の取り組みは日産も行っている。例えば英サンダーランド工場では、太陽光発電設備の発電量を約3倍に増強。欧州向け「リーフ」の製造をすべてまかなえる電力を再生可能エネルギーで得られるようになったという。こういう情報、もっとアピールしましょうよ。拡大
なんだかんだ言っても、日本のEVをけん引しているのは日産である。今後の取り組みに、ぜひ期待したい。
なんだかんだ言っても、日本のEVをけん引しているのは日産である。今後の取り組みに、ぜひ期待したい。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。