クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ハイブリッドの好敵手! 「アルトゥーラ」と「296GTB」に見るスーパーカーの近未来

2021.07.05 デイリーコラム

足並みがそろってる?

フェラーリとマクラーレンという、今やF1界のみならずロードカー界でもライバルとなったブランドが相次いでプラグインハイブリッドのスーパーカーをデビューさせた。2021年2月17日に発表されたのが「マクラーレン・アルトゥーラ」、そしてつい先だって、同年6月24日には「フェラーリ296GTB」が登場している。

面白いことに両車のハイブリッドパワートレインは一見、とてもよく似ている。大枠で言えばともに、「3リッターの120度V6ツインターボ+8DCTに1つの電気モーターとバッテリーを組み合わせたプラグインハイブリッドシステム搭載の2シーターミドシップ後輪駆動スーパーカー」(=A)である。

とはいえ冷静に見て似ているのは「最高のパフォーマンスを目指した時に必須となる基本エレメント」のみだ。つまり、上記Aに関して言えば、(V8ミドシップのスーパーカーに代わりうるPHVのミドシップスーパーカーをつくろうと思ったなら)誰もがそこから走り出すスタートラインのようなものだと思ってもらえばいい。後々明らかにしていきたいけれども、そこから先の技術的表現にこそそれぞれのブランドの個性や哲学が垣間見えて、そちらのほうがずっと面白いことが分かるだろう。

スーパーカーブランドによるハイブリッド化の兆しは2000年代後半に始まった。もちろん研究開発はそれ以前から行われてきたが、具体的な盛り上がりをみせたのはフォーミュラ1がKERS(カーズ)を採用した2009年以降である。

2010年春には早くもフェラーリがハイブリッドシステムを積んだプロトタイプの「599 HY-KERS(ハイカーズ)」を登場させている。これはEV走行も可能な12気筒のハイブリッドモデルだった。

一方、2010年に心機一転、“マクラーレン・オートモーティブ”としてロードカーシーンに復活したマクラーレンだったが、その数年前、つまり「MP4-12C」の開発当初から積極的にハイブリッド関連の技術者を採用しており、こちらもハイブリッドモデルの登場がずっと取り沙汰されていたのだ。

そして2013年春には両ブランドがそろってハイブリッドシステムを積んだ限定ハイパーカー、「ラ フェラーリ」と「P1」を発表する。世界最高峰ブランドが限定モデルとはいえフラッグシップにモーター+バッテリーを積んだことで、スーパーカー界の電動化への道筋がはっきりと示されたといっていい。

もっとも、量産スーパーカー界において真にハイブリッド化の先陣を切ったのはわれらがホンダだった。アメリカ生産の2代目「NSX」もまた、バンク角こそ75度ながらV6ツインターボに前後計3つのモーターを加えたハイブリッドスーパーカーであることを忘れてはならない。そしてそのコンセプトモデルのデビューが2012年初頭であったことも!

新開発のパワートレイン「HPH(ハイパフォーマンス・ハイブリッド)」を搭載するマクラーレンのスポーツカー「アルトゥーラ」。2021年2月にデビューした。
新開発のパワートレイン「HPH(ハイパフォーマンス・ハイブリッド)」を搭載するマクラーレンのスポーツカー「アルトゥーラ」。2021年2月にデビューした。拡大
フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「296GTB」は2021年6月に登場。ファンの間では「ディーノ」のサブネームが予想されたが、最終的にその名は使われず。
フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「296GTB」は2021年6月に登場。ファンの間では「ディーノ」のサブネームが予想されたが、最終的にその名は使われず。拡大
「アルトゥーラ」のコックピット周辺部。操作系のスイッチはメーターナセル周辺とステアリングコラムに集約されている。
「アルトゥーラ」のコックピット周辺部。操作系のスイッチはメーターナセル周辺とステアリングコラムに集約されている。拡大
「フェラーリ296GTB」のインテリア(写真)も「アルトゥーラ」のものと同様、すっきりとしたデザインでまとめられている。センターモニターは備わらないが、助手席の前方にはパッセンジャー用のディスプレイが配置されている。
「フェラーリ296GTB」のインテリア(写真)も「アルトゥーラ」のものと同様、すっきりとしたデザインでまとめられている。センターモニターは備わらないが、助手席の前方にはパッセンジャー用のディスプレイが配置されている。拡大
「アルトゥーラ」のボディーにはカーボンファイバーとアルミニウムが多用されている。はね上げ式のドアも、同モデルの特徴のひとつ。
「アルトゥーラ」のボディーにはカーボンファイバーとアルミニウムが多用されている。はね上げ式のドアも、同モデルの特徴のひとつ。拡大
「フェラーリ296GTB」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4565×1958×1187mm。純ガソリンエンジンのMRフェラーリ「F8トリブート」に比べてやや幅が狭く、低く、見た目の塊感が増している。
「フェラーリ296GTB」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4565×1958×1187mm。純ガソリンエンジンのMRフェラーリ「F8トリブート」に比べてやや幅が狭く、低く、見た目の塊感が増している。拡大

似ているなかにも違いはある

いささか前置きが長くなってしまった。本稿のメインテーマは時を同じくして誕生したハイブリッドスーパーカー、“アルトゥーラ対296GTB”から遠望するスーパーカーの近未来である。

まず、先にお約束した通り、この2台のそれぞれの個性について簡単に説明しておこう。まずはマクラーレンだ。ご存じのように彼らはカーボンファイバーシャシー以外のロードカーをつくったことがない。アルトゥーラもまた重いバッテリー搭載を考慮した最新のCFRPモノコックボディーを採用した。重心位置をできるだけ低く中央に寄せるパッケージがマクラーレンロードカー最大の特徴である。

結果、容量7.4kWhのバッテリーと最高出力95PSの電気モーターを積んでいるにもかかわらず、車両乾燥重量は1395kgと、「720S」比で+110kg、「570S」比では+80kgにおさまっている。

そして新開発のV6エンジンははっきりとロングストローク(ボア84mm×ストローク90mm)だ。車体の軽さを生かして瞬発力を重視、ということだ。

対する296GTBはどうか。ボディー骨格はアルミスペースフレーム。得意であるはずのカーボンをあえて量産ロードカーには使わない。アルミ技術の進化や拡張性などメリットも多い。重くなるぶんはモーター出力でカバーしようと考えている節があって、その昔、599ハイカーズ開発の際も「重量1kg増しにつきモーター1PS以上アップが目標」と聞いたことがある。実際、296GTBにおいても「F8トリブート」比でおよそ140kg重くなっているが、モーターの最高出力はアルトゥーラのほぼ倍、167PSとした。ちなみにバッテリー容量はアルトゥーラとほぼ同じ7.45kWhである。

296GTBに搭載されたV6エンジンは、アルトゥーラ用とは打って変わってショートストローク(ボア88mm×ストローク82mm)。このサイズは「SF90ストラダーレ」のV8と同じ、もっと言うと「マセラティMC20」用の3リッター90度V6ネットゥーノとも同じだ。開発陣の間では「ピッコロV12」と呼ばれていたらしく、8500rpmまで許容するエンジンのサウンドにも期待したい。また低回転域では大出力モーターでトルクを補えるという算段だろう。

296GTBにおいてパワートレインやエアロダイナミクスのほかに最も注目されるべきは、既存のV8モデルよりも50mm、ホイールベースを短くしたこと。V6搭載のメリットを生かしたパッケージで、それこそザ・ハンドリングマシンといわれた「ディーノ」のコンセプトはここに復活したといえそうだ。

「アルトゥーラ」の核となる「マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー」は、カーボン材とアルミ材で構成されている。このシェルを採用したマクラーレン車は、同モデルが初。
「アルトゥーラ」の核となる「マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー」は、カーボン材とアルミ材で構成されている。このシェルを採用したマクラーレン車は、同モデルが初。拡大
最高出力585PSを発生する「アルトゥーラ」の3リッターV6ツインターボエンジン。120度という広めのバンク角を採用することで重心の低下が図られている。
最高出力585PSを発生する「アルトゥーラ」の3リッターV6ツインターボエンジン。120度という広めのバンク角を採用することで重心の低下が図られている。拡大
赤いカムカバーが目を引く「フェラーリ296GTB」のエンジン。アルミニウム製のブロックとシリンダーヘッドは、新たなV6アーキテクチャーのために新開発された。
赤いカムカバーが目を引く「フェラーリ296GTB」のエンジン。アルミニウム製のブロックとシリンダーヘッドは、新たなV6アーキテクチャーのために新開発された。拡大
「フェラーリ296GTB」のV6エンジンも、排気量は3リッター。過給機はVバンクの間に配置されている。
「フェラーリ296GTB」のV6エンジンも、排気量は3リッター。過給機はVバンクの間に配置されている。拡大
「フェラーリ296GTB」の駆動方式はMR。EV走行時もリアを駆動する。
「フェラーリ296GTB」の駆動方式はMR。EV走行時もリアを駆動する。拡大

いわば電動化の伝道師

両車とも、最新のテクノロジーを駆使して磨き上げたエアロダイナミクス処理を随所にちりばめた。それがスタイリングの個性となって現れている。以前のようなこれみよがしなデバイスに頼っていない点も、未来のスーパーカースタイルを感じさせる。いや、プレ空力時代へと先祖帰りしたというべきか。

パフィーマンススペックを見れば、296GTBに軍配が上がる。けれどもこれはおそらく、ブランドラインナップにおける位置づけ、つまりは開発スタート時点におけるグレードターゲットの違いではないだろうか。つまり、アルトゥーラは570Sの、296GTBはF8のポテンシャル進化を狙った、と。もっとも、それぞれの後継モデルではなく新たなシリーズであるとメーカー側は主張しているのだが。

これら2モデルは、スーパーカー界の頂点に位置する2ブランドの今後、主力を担うことになる。つまり既存モデルのパフォーマンスをハイブリッドモデルで大幅に超えていくことで、電動化への確かな道筋としたいというわけだ。さらにエンジンの楽しみを社会が許すギリギリまで活用したい、それもできるだけ効率的に、というそれぞれの思惑も透けて見える。

両ブランドともこの先数年以内にロードカーの全車ハイブリッド化は確実で、2025年以降にはフルEVの登場も期待できそうだ(他のハイエンドブランドも同じ)。ハイブリッドモデルを順次投入し、バッテリー駆動性能のアピールを増やしていくことで、カスタマー側のクルマに対する思いの重心を確実に電動パワートレインへと移していこうというわけである。

そして、さらなる電動パワートレイン時代がやってきた時に、最も重要になってくるのは、最新のエアロダイナミクスをフルに活用し、ブランドの実績や伝統、歴史を物語るような美しいスタイリングを表現し続けることであろう。

(文=西川 淳/写真=フェラーリ、マクラーレン・オートモーティブ/編集=関 顕也)

「フェラーリ296GTB」には、大幅な軽量化と空力性能の向上を実現する「アセット・フィオラノパッケージ」装着車(写真)も用意される。
「フェラーリ296GTB」には、大幅な軽量化と空力性能の向上を実現する「アセット・フィオラノパッケージ」装着車(写真)も用意される。拡大
「アセット・フィオラノパッケージ」を装着した「フェラーリ296GTB」のインテリア。カーボンファイバーをはじめとする、軽量素材が多用されている。
「アセット・フィオラノパッケージ」を装着した「フェラーリ296GTB」のインテリア。カーボンファイバーをはじめとする、軽量素材が多用されている。拡大
「マクラーレン・アルトゥーラ」の室内。写真の軽量シートはアルトゥーラ用に新開発されたもので「クラブスポーツシート」と呼ばれる。
「マクラーレン・アルトゥーラ」の室内。写真の軽量シートはアルトゥーラ用に新開発されたもので「クラブスポーツシート」と呼ばれる。拡大
「アルトゥーラ」(写真)が0-100km/h加速に要する時間は3.0秒。「296GTB」は、これをわずかにしのぐ2.9秒を豪語する。
「アルトゥーラ」(写真)が0-100km/h加速に要する時間は3.0秒。「296GTB」は、これをわずかにしのぐ2.9秒を豪語する。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フェラーリ 296GTB の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。