トヨタが「カローラ」シリーズを一部改良 「セダン」と「ツーリング」に「プラスサポート」を採用

2021.07.02 自動車ニュース
「トヨタ・カローラ ハイブリッドS」。ボディーカラーは新規設定色の「センシュアルレッドマイカ」。
「トヨタ・カローラ ハイブリッドS」。ボディーカラーは新規設定色の「センシュアルレッドマイカ」。拡大

トヨタ自動車は2021年7月2日、「カローラ」「カローラ ツーリング」「カローラ スポーツ」を一部改良して発売した。

「カローラ ツーリング ハイブリッドS」。ボディーカラーは「センシュアルレッドマイカ」。
「カローラ ツーリング ハイブリッドS」。ボディーカラーは「センシュアルレッドマイカ」。拡大
「カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”」。ボディーカラーは新規開発色の「エモーショナルレッドIII」。
「カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”」。ボディーカラーは新規開発色の「エモーショナルレッドIII」。拡大
「プラスサポート」用のスマートキー。
「プラスサポート」用のスマートキー。拡大

カローラおよびカローラ ツーリングにはペダルの踏み間違いによる急加速を抑制する「プラスサポート」を販売店オプションとして採用したほか、ウイルスや菌の抑制に効果があるOHラジカルを含む微粒子イオンを「ナノイー」の10倍量放出する「ナノイーX」を「W×B」「S」グレードにオプション設定。さらにW×Bには「センシュアルレッドマイカ」のボディーカラーを追加設定した。

また、カローラ スポーツではボディーカラーのラインナップに新規開発色「エモーショナルレッドIII」を追加した。

価格はカローラが193万6000円~294万8000円でカローラ ツーリングが201万3000円~299万7500円。カローラ スポーツが216万9000円~284万1000円。

(webCG)

関連キーワード:
カローラ, カローラ スポーツ, カローラ ツーリング, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • TOM'Sセンチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2020.4.28 試乗記 レーシングチームであるTOM'S(トムス)が仕立てたコンプリートカー「TOM'Sセンチュリー」に試乗。日本が誇るショーファードリブンは、TOM'Sの手でどのような“ドライバーズカー”に生まれ変わったのだろうか。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • 海外のとはこんなに違う! 新型「カローラ」に見られる“驚異の工夫”とは? 2019.9.20 デイリーコラム 2019年9月17日に販売がスタートした、新型「トヨタ・カローラ」の国内仕様車。先行発売された海外モデルと同じかと思いきや、日本独自のニーズに応える、驚くべき工夫が施されていた!
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
ホームへ戻る