クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)

シャレてみせても質実剛健 2021.07.09 試乗記 国内販売がスタートして以来、ディーゼル車だけがラインナップされていた「フォルクスワーゲンTロック」。遅れてやってきたガソリンエンジン搭載車の走りやいかに? 装備が充実した上級グレードでチェックした。

遊んでみるのも真面目

「ビーチに革靴で来る連中だから」とドイツ人を嗤(わら)ったのは、イタリア人だったか、フランス人だったか。ずいぶんと前に聞いたハナシだから、いまではまるで事情が変わっているのかもしれないが、個人的にはそんなドイツ人の生真面目さが嫌いではない。いや、むしろ、好き。

……と、妙な書き出しになって恐縮ですが、「フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル デザインパッケージ」を前にして、そんな冗談を思い出した。試乗車は、目にも鮮やかな「ラヴェンナブルーメタリック」のボディーカラーにホワイトルーフ。その境となるグリーンハウスのサイドには、メッキモールが弧を描いて走る。うーむ、オシャレに演出しようと、精いっぱいガンバっておる!

「この感じ、前にもあったなァ」と記憶の底をさらっていて、発見した。「オペル・ザフィーラ」のシートだ! 見ても乗ってもビジネスライクな、よくできたピープルムーバーにして、しかしやけに派手な青いシート地が使われていた。運転席に座ろうとするたび、胸の奥がくすぐったくなったっけ……。

そんな昔話を無理につなげるわけではないが、「オペル・アストラ」のミニバンがザフィーラ。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のSUV/クロスオーバーがTロックである。厳密には、同じくゴルフのSUVたる「ティグアン」の弟分と言ったほうがいいかもしれない。というのも、ティグアンもTロックも、フォルクスワーゲン グループ自慢のプラットフォーム「MQB」をベースに開発されたから。エンジン横置きモデル向けのMQBは、いまや旧型となったゴルフVIIが皮切りとなり、フォルクスワーゲンをはじめ、アウディ、セアト、シュコダと、グループ内の各ブランドに広がっていった。新しいゴルフVIIIもMQBの延長線上にあるから、まだまだ進化の余地があるベースメントといえる。

そもそもMQBは縦横に伸縮自在なアーキテクチャーだから、実はメインとなる車種を示して「○○ベース」と説明しても、あまり意味がない。せいぜいサイズ感を確認する一助と言えましょうか。Tロックの場合、ゴルフよりわずかに短い2590mmのホイールベースで、全長×全幅×全高=4240×1825×1590mmのボディーを載せる。寸法的には、ティグアンよりTロックのほうがゴルフに近い。キャラクター面では、実用SUVのティグアンに対し、Tロックは柔らかなルーフラインを持った都会派クロスオーバーといった色彩が強い。

フォルクスワーゲンのコンパクトクロスオーバーSUV「Tロック」。2021年5月、ディーゼル車に続くかたちでガソリン車が発売された。
フォルクスワーゲンのコンパクトクロスオーバーSUV「Tロック」。2021年5月、ディーゼル車に続くかたちでガソリン車が発売された。拡大
国内で3車種ラインナップされるフォルクスワーゲンのSUVのなかで、中間に位置づけられる「Tロック」。全長4240mm、ホイールベース2590mmというサイズは「ゴルフ」に近い。
国内で3車種ラインナップされるフォルクスワーゲンのSUVのなかで、中間に位置づけられる「Tロック」。全長4240mm、ホイールベース2590mmというサイズは「ゴルフ」に近い。拡大
ブルーのインストゥルメントパネルが目を引くインテリア。この配色は、「ラヴェンナブルーメタリック」のボディーカラーにホワイトルーフを組み合わせる「TSIスタイル デザインパッケージ」だけに採用されている。
ブルーのインストゥルメントパネルが目を引くインテリア。この配色は、「ラヴェンナブルーメタリック」のボディーカラーにホワイトルーフを組み合わせる「TSIスタイル デザインパッケージ」だけに採用されている。拡大
「Tロック」のステアリングホイールは全車本革仕様。スポーク部のスイッチで、運転支援システムやインフォテインメントシステムの操作、車両設定などを行う。
「Tロック」のステアリングホイールは全車本革仕様。スポーク部のスイッチで、運転支援システムやインフォテインメントシステムの操作、車両設定などを行う。拡大
「TロックTSIスタイル デザインパッケージ」では5種類のツートンカラーが選べる。加えて、単色も3種類用意される。
「TロックTSIスタイル デザインパッケージ」では5種類のツートンカラーが選べる。加えて、単色も3種類用意される。拡大

テコ入れのためのガソリン車

フォルクスワーゲンTロックが登場したのは2017年の夏。それから4年。ゴルフの世代がひとつ進んだいまも、フォルクスワーゲンとしては「Tロックにもうひと暴れしてもらわないと」といったところだろう。コンパクトSUV/クロスオーバーは、現在、最も熾烈(しれつ)な戦いが繰り広げられているカテゴリーである。

日本市場でもテコ入れが図られた。これまでの「TDI」こと2リッターディーゼルターボ(最高出力150PS、最大トルク340N・m)に加え、1.5リッター直4ターボ(同150PS、同250N・m)を積むガソリンモデル「TSI」がラインナップされた。組み合わされるトランスミッションは、DSGと呼ばれるデュアルクラッチ式の7段AT。駆動方式はこれまで通りFWD(前輪駆動)のみで、4WDの設定はない。

価格は、シンプルな「TSIスタイル」が355万円。白または黒のルーフトップも選べるTSIスタイル デザインパッケージが376万円。それぞれに該当するTDIより、いずれも20万円安い“お求めやすいTロック”だ。ディーゼルモデルにはある上級版「スポーツ」と「Rライン」は用意されない。

TSIスタイルと比較して、TSIスタイル デザインパッケージは215/55R17と1インチ大きなタイヤを履き、LED化されたヘッドランプ、フォグランプ、そしてパワーテールゲートを持つ。ハイビームアシストやリアビューカメラといった運転支援機能やデバイスが充実するほか、「ドライビングプロファイル機能」でドライブモードを変え、ナビゲーションシステムを含むインフォテインメントシステム「Discover Media」をオプションで装着できるのもデザインパッケージの特権だ。その場合、14万3000円が追加され、車両本体価格だけで400万円に手が届こうかという金額になるが、それでも「せっかくTロックを買うならデザインパッケージ」というのが、一般的なユーザーの判断になろう。

ターボで過給される1.5リッターガソリンエンジン。150PSという最高出力は2リッターディーゼルと最高出力が同じだが、最大トルクについては250N・mと、ディーゼル(340N・m)が90N・m勝っている。
ターボで過給される1.5リッターガソリンエンジン。150PSという最高出力は2リッターディーゼルと最高出力が同じだが、最大トルクについては250N・mと、ディーゼル(340N・m)が90N・m勝っている。拡大
トランスミッションは、デュアルクラッチ式の7段AT。ステアリングホイールにはシフトパドルが備わる。
トランスミッションは、デュアルクラッチ式の7段AT。ステアリングホイールにはシフトパドルが備わる。拡大
14万3000円のオプション「Discover Mediaパッケージ」には「SSDナビゲーションシステム」が含まれる。インフォテインメントシステムのジェスチャーによるコントロールも可能。
14万3000円のオプション「Discover Mediaパッケージ」には「SSDナビゲーションシステム」が含まれる。インフォテインメントシステムのジェスチャーによるコントロールも可能。拡大
センターコンソールのシフトレバー前方には、前席用のUSBコネクター(Type-C)が2つ備わる。
センターコンソールのシフトレバー前方には、前席用のUSBコネクター(Type-C)が2つ備わる。拡大
「TロックTSIスタイル デザインパッケージ」の17インチホイール。タイヤはブリヂストンの「トランザT001」が組み合わされていた。
「TロックTSIスタイル デザインパッケージ」の17インチホイール。タイヤはブリヂストンの「トランザT001」が組み合わされていた。拡大

“機能”は確かにいいけれど……

ブルーメタリックにペイントされたTロックのドアを開けると、外装色に合わせたブルーのラインが入ったファブリックシートが待っている。フォルクスワーゲンらしいざっくりした生地で、座面たっぷり。ハイトレバーで高さを変えても、クッションがやや前上がりなのが個人的には気に入らないが、硬めの座り心地とあわせ、長時間乗っても「このほうが疲れにくい」というのがフォルクスワーゲンの主張だ。

気になるのは周囲に占める樹脂面積の広さで、ことにダッシュボード、グローブボックスを形成する素材の質感の低さは「ちょっとなァ……」と思う。400万円級のクルマとしては、いかなる基準をもってしてもチープに過ぎる。随所に配された、ボディーカラーに合わせた加飾パネルがむなしい。

一方、装備は充実していて、ステアリングホイールは革巻きマルチファンクションタイプがおごられ、メーター類は先進的なフルデジタルだ。ステアリングホイールに設けられたボタンで、メータークラスター内の大型ディスプレイにナビ画面を表示することも可能。センターコンソール下部には、電脳世代必須のUSB端子が用意される。

エンジンをかけて走り始めると、ガソリンエンジンのTロックは、静か。スロットルペダルを踏み増すと、かすかにゴロゴロしたフィールが強まるのがフォルクスワーゲンのパワーユニットらしい。新設された1.5リッター直噴ターボは取り立ててパンチのあるエンジンではないが、さして回さないでも必要十分な動力を供給するフラットトルクな特性で、7スピードのトランスミッションとの相性もいい。スムーズで穏やかな走りが、TSIの持ち味だ。

前席の操作は手動式。ランバーサポートは備わるものの、電動調節機構やヒーターはオプションでも用意されない。
前席の操作は手動式。ランバーサポートは備わるものの、電動調節機構やヒーターはオプションでも用意されない。拡大
ブルーの差し色が入ったシート地は、「TロックTSIスタイル デザインパッケージ」のなかでも、ボディーカラーが「ラヴェンナブルーメタリック」のモデルだけに与えられる。
ブルーの差し色が入ったシート地は、「TロックTSIスタイル デザインパッケージ」のなかでも、ボディーカラーが「ラヴェンナブルーメタリック」のモデルだけに与えられる。拡大
「デジタルコックピットプロ」と呼ばれるデジタルメータークラスターは全グレード共通のアイテム。オーソドックスな円形メーターのほか、燃費データやカーナビの地図を大きく表示できる。
「デジタルコックピットプロ」と呼ばれるデジタルメータークラスターは全グレード共通のアイテム。オーソドックスな円形メーターのほか、燃費データやカーナビの地図を大きく表示できる。拡大
1.5リッターのガソリンターボエンジンは、低い回転域からのフラットトルクな特性が印象的。スムーズかつ穏やかな走りが味わえる。
1.5リッターのガソリンターボエンジンは、低い回転域からのフラットトルクな特性が印象的。スムーズかつ穏やかな走りが味わえる。拡大

乗って使って「さすがはワーゲン」

もちろんドライビングプロファイルを使ってスポーツモードを選び、さらにパドルシフトを駆使して“スポーツ”な気分に浸ることもできるが、オシャレ志向のTロックとしては、ノーマルモードのまま、時にシフターをSポジションに入れてエンジンブレーキを利かせるくらいがちょうどいい。

なお、Tロックの4気筒ターボは、状況によって2気筒を休止させるアクティブシリンダーマネジメント機能を備えるが、おとなしく高速巡航を続けていても、気筒数の切り替えを感じたことはなかった。カタログ燃費は、15.7km/リッター(WLTCモード)とされる。

「オシャレだけど、しっかりモノ。」とカタログに記載される通り、ほどよく実用的なところも同車の美点だ。試しにリアシートに座ってみると、さすがはワーゲン。座面の高さは適正で、クーペ寄りのスタイルでも頭上には余裕あり。これなら大人が座っても不満が出ないだろう。センターに長尺物を貫通させて収納できるトランクスルーが備わるのもポイントが高い。

手ごろなサイズで、街乗りがストレスにならないフォルクスワーゲンTロック。ツートンカラーも楽しいが、都会派を気取ってオシャレを自慢するより、むしろ「意外と使えるんだぜ」と実用性を示したりすると、オーナーの好感度が上がりそう。ただし、ビーチに革靴を履いていくのは、やめておいたほうがいいかもしれない。

(文=青木禎之/写真=田村 弥/編集=関 顕也)

ガソリンエンジンの「Tロック」には気筒休止機構が備わる。燃費カタログ値は15.7km/リッター(WLTCモード)で、140kmほど走行した今回の試乗では13.3km/リッター(満タン法)を記録した。
ガソリンエンジンの「Tロック」には気筒休止機構が備わる。燃費カタログ値は15.7km/リッター(WLTCモード)で、140kmほど走行した今回の試乗では13.3km/リッター(満タン法)を記録した。拡大
後席の背もたれにはスキーホールを設置。4人乗車したうえで長尺物が積み込める。
後席の背もたれにはスキーホールを設置。4人乗車したうえで長尺物が積み込める。拡大
「TロックTSIスタイル デザインパッケージ」のバックドアは電動開閉も可能。荷室のフロアレベルは2段階に調節できる(写真は底面を下げた状態)。
「TロックTSIスタイル デザインパッケージ」のバックドアは電動開閉も可能。荷室のフロアレベルは2段階に調節できる(写真は底面を下げた状態)。拡大
「Tロック」のガソリンエンジン車は、今回試乗した上級グレード(写真)のほかに、21万円安のベーシックグレードも選べる。
「Tロック」のガソリンエンジン車は、今回試乗した上級グレード(写真)のほかに、21万円安のベーシックグレードも選べる。拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル デザインパッケージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4240×1825×1590mm
ホイールベース:2590mm
車重:1320kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:150PS(110kW)/5000-6000rpm
最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/1500-3500rpm
タイヤ:(前)215/55R17 94V/(後)215/55R17 94V(ブリヂストン・トランザT001)
燃費:15.7km/リッター(WLTCモード)
価格:376万9000円/テスト車=393万9300円
オプション装備:Discover Mediaパッケージ(14万3000円) ※以下、販売店オプション フロアマット<テキスタイル>(3万6300円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:711km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:137.2km
使用燃料:10.3リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:13.3km/リッター(満タン法)/11.2km/リッター(車載燃費計計測値)

フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル デザインパッケージ
フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル デザインパッケージ拡大
センターコンソールの後端には、後席用のエアコン吹き出し口とUSBコネクター(Type-C)がレイアウトされている。
センターコンソールの後端には、後席用のエアコン吹き出し口とUSBコネクター(Type-C)がレイアウトされている。拡大
後席の背もたれを倒し、荷室容量を最大化した状態。写真の通り、背もたれ部分には若干の傾斜が残る。
後席の背もたれを倒し、荷室容量を最大化した状態。写真の通り、背もたれ部分には若干の傾斜が残る。拡大
荷室のフロア下にはスペアタイヤが収納されている。「Tロック」の全グレードに標準装備されるアイテムだ。
荷室のフロア下にはスペアタイヤが収納されている。「Tロック」の全グレードに標準装備されるアイテムだ。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン Tロック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。