一気に進むEVシフト ルノーのプランはうまくいく?

2021.07.19 デイリーコラム

まずは4WDハッチバックから

既報のとおり、仏ルノーは2021年6月30日(現地時間)にオンライン発表会「Renault Eways ELECTROPOP(ルノー・イーウェイズ・エレクトロポップ)」を開催。同発表会において「2030年までにルノーブランド車の90%をバッテリー式電気自動車(EV)にする。そのために、まずは2025年までに、市場競争力がありサステイナブルで大衆的な新型EVを10車種市場投入する」という野心的な計画を発表した。

今回は同時に、すでに具体的なプロトタイプの姿が明らかになっている「メガーヌE-Techエレクトリック(以下メガーヌE)」と「5(サンク)」の2台に加えて、6台の新型EVの“シルエット”が公開された。つまり、2022年発売予定のメガーヌEと2024年発売が公言されているサンクを含めて、ルノーが今後4年以内に市場投入を期する10機種のEVのうち8機種について、なにかしらのヒントが示されたということになる。

また、これらのシルエット画像は通常の1台ずつのパターンに加えて、2~3台ずつをまとめたパターンも3枚、同時に配信された。これらまとめ画像の意味について公式の詳説はないが、メガーヌEを含む2台の画像は「CMF-EV」プラットフォーム車、サンクの頭上に2台がならぶ画像は「CMF-BEV」プラットフォーム車、そしてブルーに照らされたシルエットが3台連なる画像は「アルピーヌ」を意味することは、容易に想像できる。

かねて報じられているとおり、これらルノー新世代EVの第1弾となるのが、2022年発売予定のメガーヌEだ。それは日本の「日産アリア」とプラットフォームを共用する4WDのCセグメントEVで、メガーヌとは名乗るものの、通常のメガーヌの次期型とは別物という説もある。いずれにしても、このメガーヌEの土台となるのがC~Dセグメントサイズを想定したCMF-EVだが、今回はさらに、同じプラットフォーム上に構築されるもう1台のシルエットが公開されたのだ。その画像を見るかぎり、ホイールベースやルーフラインはメガーヌEとよく似ているが、ルーフレールを備えているのが特徴となる。これらの情報を素直に受け取れば、メガーヌEのレジャー性を強調したSUV的な派生型ということだろうか。

続いて、2024年発売といわれているサンクを含めた3台の画像は、メガーヌEより1クラス下のBセグメントを想定したCMF-BEVを土台とするクルマたちだろう。

2021年6月30日の発表会に展示された、ルノーの「5」(写真左)と「メガーヌE-Techエレクトリック」(同右)。ともに後の量産化が見据えられた新型EVだ。
2021年6月30日の発表会に展示された、ルノーの「5」(写真左)と「メガーヌE-Techエレクトリック」(同右)。ともに後の量産化が見据えられた新型EVだ。拡大
「CMF-EV」プラットフォームを使ってつくられる2タイプのEV。下は先行して概要が明らかにされている「メガーヌE-Techエレクトリック」。もう片方は、そのSUV的な派生モデルだろうか?
「CMF-EV」プラットフォームを使ってつくられる2タイプのEV。下は先行して概要が明らかにされている「メガーヌE-Techエレクトリック」。もう片方は、そのSUV的な派生モデルだろうか?拡大
「CMF-BEV」プラットフォーム採用車は、現在のところ3台開発されるもよう。いずれもBセグメントに属するEVである。
「CMF-BEV」プラットフォーム採用車は、現在のところ3台開発されるもよう。いずれもBセグメントに属するEVである。拡大
今回開発計画が示されたアルピーヌブランドのEVは3モデル。うち2台はスポーツカー然とした形に見える。
今回開発計画が示されたアルピーヌブランドのEVは3モデル。うち2台はスポーツカー然とした形に見える。拡大
ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事