BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本に導入 3リッター直6ターボの高性能モデル

2021.07.16 自動車ニュース
BMW M440i xDriveグランクーペ(本国仕様)
BMW M440i xDriveグランクーペ(本国仕様)拡大

BMWジャパンは2021年7月16日、「M440i xDriveグランクーペ」の国内導入を発表。同日、販売を開始した。納車時期は同年9月以降を予定している。

 
BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本に導入 3リッター直6ターボの高性能モデルの画像拡大
 
BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本に導入 3リッター直6ターボの高性能モデルの画像拡大
 
BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本に導入 3リッター直6ターボの高性能モデルの画像拡大
 
BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本に導入 3リッター直6ターボの高性能モデルの画像拡大

BMW M440i xDriveグランクーペは、BMWのモータースポーツ活動やハイパフォーマンスモデルの開発を担うBMW M社が手がけた「4シリーズ グランクーペ」の高性能モデルである。同社のラインナップにはサーキット走行も可能な「Mハイパフォーマンスモデル」と、サーキットで得たノウハウを取り入れた「Mパフォーマンスモデル」の2種類が存在するが、M440i xDriveグランクーペは後者に属する。

エンジンには最高出力374PS(275kW)/5500-6500rpm、最大トルク500N・m(51.0kgf・m)/1900-5000rpmを発生する3リッター直6ガソリンターボを搭載しており、0-100km/h加速は4.7秒というパフォーマンスを実現。駆動システムはフルタイム4WD「BMW xDrive」で、「Mアダプティブサスペンション」や「Mディファレンシャル」との組み合わせにより、悪路でも安定したコントロール性とスポーティーな走りを実現しているという。

デザインによる標準車との差異化も図っており、Mパフォーマンスモデルの専用色となる、「セリウムグレー」のキドニーグリルやエアインテーク、エアブリーザー、ミラーキャップを採用。テールゲートの後端には、高速走行時の安定性を高める「Mリアスポイラー」を装備している。

価格は1005万円。

(webCG)

◆関連ニュース:BMWが2代目「4シリーズ グランクーペ」を発売

関連キーワード:
4シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 4シリーズ グランクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • BMW M3コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.8.12 試乗記 BMWのハイパフォーマンスセダン「M3コンペティション」の新型がいよいよ国内デビュー。注目すべきは実に魅惑的な造形のフロントマスク……ではなく、最高出力510PSにまで達した3リッター直6ターボエンジンとそれを受け止める堅固なシャシーである。果たしてその仕上がりは?
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW M440i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.20 試乗記 BMWの「4シリーズ カブリオレ」が2代目に進化。“Mパフォーマンス仕上げ”の最上級モデル「M440i xDriveカブリオレ」を郊外に連れ出し、伝統のストレート6と4WDのシャシー、そしてオープンスタイルが織りなす走りを確かめた。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る