第211回:究極のオッサン殺し

2021.07.19 カーマニア人間国宝への道

アウディの乗り心地が変わった

私はアウディを買ったことがない。というより、ドイツ車をあまり買っていないのだが。

最初に買ったドイツ車は3代目「ゴルフ」の「ワゴン」(新車)で、絶対の安パイのつもりだったが、実にダメなクルマだった。30年も前のことなので詳しくは省略するが、まさかゴルフがダメグルマとは! 日本では、いまだにドイツ車信仰が生きていて、ドイツ車こそ完璧! みたいな盲信が存在するが、真実は買ってみなければわからない。

2台目のドイツ車はW123型の「メルセデス・ベンツ280E」。風情は満点だったが、あまりにも燃費が悪く(当然といえば当然ですが)、半年で手放した。

3台目はE90型の「BMW 335iカブリオレ」で、納車初日にATがブッ壊れたが、とてもいいクルマだった。その流れで現在はF30型の「BMW 320d」に乗り、ようやくドイツ車のエリート感が体になじんできたが、アウディはまだ1台も買ったことがない。

これまで私は、アウディにあまりいい印象がなかった。とにかく乗り心地が硬すぎる。ピシッとしたスーツで決めるエリートは、肩がこるのがアタリマエ! ということなんだろうけれど、それにしてもこんなのムリ!

ところがここ2年ほどで、アウディの乗り心地が劇的に変化した。

ドイツ車にはうとい筆者のジャンプ。
ドイツ車にはうとい筆者のジャンプ。拡大
かつて雰囲気満点のW123型「メルセデス・ベンツ280E」にも乗ったが、あまりにも燃費が悪く半年で手放した。
かつて雰囲気満点のW123型「メルセデス・ベンツ280E」にも乗ったが、あまりにも燃費が悪く半年で手放した。拡大
3台目のドイツ車となったE90型の「BMW 335iカブリオレ」。納車初日にトランスミッションがブッ壊れたが、今となってはいい思い出だ。(写真=池之平昌信)
3台目のドイツ車となったE90型の「BMW 335iカブリオレ」。納車初日にトランスミッションがブッ壊れたが、今となってはいい思い出だ。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • アウディS3スポーツバック ファーストエディション(4WD/7AT)【試乗記】 2021.6.23 試乗記 アウディのスポーツコンパクト「S3」がフルモデルチェンジ。小柄なボディーに高出力ターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わせたホットハッチは、いかなる進化を遂げたのか? 可変サスペンションを備えた「ファーストエディション」で、その走りを試した。
  • アウディA3/S3 2021.4.21 画像・写真 アウディ ジャパンは2021年4月21日、「アウディA3シリーズ」をフルモデルチェンジし、東京・渋谷において実車を初披露した。会場に展示された導入記念の特別仕様車「A3ファーストエディション」と、「A3セダン」「S3スポーツバック」の姿を写真で紹介する。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • ボルボXC90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.20 試乗記 2種類の過給機にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせる、ボルボのラージサイズSUV「XC90 B6 AWD」。高速道路や山道を行くドライブ旅に出てみれば、グランドツーリングカーとしての優れた資質が見えてきた。
ホームへ戻る