BMW M3コンペティション(前編)

2021.07.22 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗するのは、フルモデルチェンジした「BMW M3コンペティション」。最高出力510PSの高性能セダンに対峙したレーシングドライバーは、ファーストタッチでどんなことを感じたのか。

メーカーがここまでやる?

「すごいボディーワークですよね」

BMW M3コンペティションを目の前にして、谷口信輝は開口一番にそう語った。
「もう、まるでチューニングカーのレベルじゃないですか。ボンネットにはまるでエアダクトみたいなくぼみがあるし、リアのオーバーフェンダー風処理も『ここまでやるか!』っていうくらい迫力がある。僕が長年関わってきたカスタムカーと同じくらいのこだわりようで、この手のクルマが好きな人には受けるでしょうね。それにしても自動車メーカー自身がここまでやるとは、ちょっと驚きです」

ところで、谷口自身は「BMW M3」に対してどんな印象を持っているのだろうか?
「BMWのなかでも一番走りがいいモデルがM3というイメージですよね。その昔の、ボディーが黄色くてカクカクしていたE36のM3が僕には強く印象に残っているし、その後も『CSL』(クーペスポーツライトウェイトの頭文字)なんて名前のついたM3がありましたよね」

ほー、谷口がクルマの歴史について語るとは珍しい。さては、M3に相当思い入れがあるに違いない。そう思って尋ねてみると、「いや、特別思い入れがあるというわけではありません(笑)」という答えが返ってきた。見た目やブランドで谷口の印象が左右されることがないのは、この連載を愛読してくださっている皆さまであればご存じの通り。クルマはあくまでも「走らせてナンボ」というのが彼のスタンスなのだ。だから、この直後に谷口が「じゃあ、ちょっと乗ってみましょうか」と語ったのは、とても自然なことだったといえる。

もっとも、M3の運転席におさまった谷口がすぐに走りだしたのかといえば、そうとも限らない。正直に言えば、クルマを動かすまでの手続きで、それなりの時間を要したのである。

 
BMW M3コンペティション(前編)の画像拡大
 
BMW M3コンペティション(前編)の画像拡大
 
BMW M3コンペティション(前編)の画像拡大
 
BMW M3コンペティション(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • BMW M3コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.8.12 試乗記 BMWのハイパフォーマンスセダン「M3コンペティション」の新型がいよいよ国内デビュー。注目すべきは実に魅惑的な造形のフロントマスク……ではなく、最高出力510PSにまで達した3リッター直6ターボエンジンとそれを受け止める堅固なシャシーである。果たしてその仕上がりは?
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW M440i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.20 試乗記 BMWの「4シリーズ カブリオレ」が2代目に進化。“Mパフォーマンス仕上げ”の最上級モデル「M440i xDriveカブリオレ」を郊外に連れ出し、伝統のストレート6と4WDのシャシー、そしてオープンスタイルが織りなす走りを確かめた。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る