クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツA250eセダン(FF/8AT)

驚速の大盛りカー 2021.07.28 試乗記 メルセデス・ベンツのFFセダン「Aクラス セダン」にプラグインハイブリッドモデルが登場。その環境性能に期待しつつ試乗した清水草一は、エコカーとは思えない、野蛮なほどのスポーティーさに驚かされたのだった。

ニーズがないのにはワケがある

欧州の自動車業界は、プラグインハイブリッドとピュアEVの2本柱で、2035年までを生き抜こうとしている。現状、最低でもプラグインによる充電で25km以上走れないと、CO2排出量で、ほぼEUの課徴金の対象になってしまう。逆に“プラグインハイブリッド以上”なら多額の補助金(国によって異なります)が出る。つまり、プラグインハイブリッドが最低ライン。そこより上じゃないと生き残れない。開発に熱心なのは当然だ。

といってもそれは欧州での話で、日本の政策とは方針が異なる。日本はハイブリッド技術で世界を圧倒していることもあって、プラグインでない通常のハイブリッド車も“電動車”に含まれ、2035年以降も新車を販売できる。つまり日本では、「充電可能なクルマ」にしなければならない予定がない。よってプラグインハイブリッドへの欲求が圧倒的に低い。

かくいう私は、自宅でソーラー発電を行っていることもあって、プラグイン車には魅力を感じているが、それで節約できる金額を考えると急激になえる。災害による長期の停電に備えるため、「V2H(ビークルトゥホーム)」まで実現しようとすると、まるで割に合わない出費を強いられる。補助金を積まれてもまずペイしない。需要がないからコストも下がらない。そういう循環になっている。

これは欧州でも同様だと思うが、プラグインハイブリッドは、EV同様、まだなんらかの後押し(あるいは強制)がなければ需要がない商品だ。

日本におけるプラグインハイブリッド車のシェアは、2019年でわずか0.4%にすぎない。これはEVを下回り、通常のハイブリッド車の100分の1以下だが、まったく自然なことである。

国内では2021年6月に発売された、メルセデスのプラグインハイブリッドモデル「A250e」「A250eセダン」。今回は後者に試乗した。
国内では2021年6月に発売された、メルセデスのプラグインハイブリッドモデル「A250e」「A250eセダン」。今回は後者に試乗した。拡大
オプション「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」を選択した試乗車のシートは、鮮やかなツートンカラーの本革仕立て。ヒーターやランバーサポートも備わる。
オプション「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」を選択した試乗車のシートは、鮮やかなツートンカラーの本革仕立て。ヒーターやランバーサポートも備わる。拡大
インテリアのデザインは、基本的に純内燃機関モデルと変わらない。水平基調のインストゥルメントパネルや2つ並んだ10.25インチの液晶画面、タービン型のエアコン吹き出し口などが特徴。
インテリアのデザインは、基本的に純内燃機関モデルと変わらない。水平基調のインストゥルメントパネルや2つ並んだ10.25インチの液晶画面、タービン型のエアコン吹き出し口などが特徴。拡大
フロントフェンダー部には、メルセデスの電動化モデルであることを示すエンブレムが添えられている。
フロントフェンダー部には、メルセデスの電動化モデルであることを示すエンブレムが添えられている。拡大

プラグインハイブリッドとは思えぬスペック

そんななか、欧州の各メーカーは、続々とプラグインハイブリッド車を日本市場に投入しているが、正直、誰が買っているんだろう。値段も高すぎるし、全然割に合わないのに。EVに比べれば現実解のはずだけど、現実解なだけに中途半端さもあるという谷間にはまっている。

そこに登場した、メルセデス・ベンツAクラスのプラグインハイブリッドモデルが「A250e」だ。基本はセダンで、ハッチバックは注文生産になっている。今回試乗したのも、A250eセダンである。

Aクラス セダンのデザインは、よく言えばほほ笑ましいし、悪く言えばカッコ悪い。「なんでわざわざセダンにしたの?」と言いたくなるような、おまんじゅう体形だ。私は見た瞬間、トヨタの「プラッツ」や「ベルタ」(ともに絶版)を思い浮かべた。カッコ悪すぎて、逆に愛らしく感じた小型セダンたちである。つまり、A250eセダンも「愛らしい」ということになる。

そんな愛らしいA250eセダンだが、スペックを見ると驚かされる。エンジンは1.3リッターターボなので、ベースは「A180」のソレだが、エンジンのパワー/トルクが大幅に増強されている。パワーは136PSが160PSに、トルクは200N・mが250N・mにアップだ。本来CO2排出量の節約が目的のはずのプラグインハイブリッド車が、こんなにパワーアップしてるなんて! これはつまり、EVモードで50km以上の航続距離があれば、CO2排出量が3分の1にカウントされるがゆえの余裕である。

モーターの出力がまたすごい。102PS/300N・mだ。つまり、エンジンとモーターのパワー比率はおおむねイーブン。フロア下に搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量は15.6kWh。EVモードによる航続距離は70.2km(WLTCモード)。24kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)にも対応している。それでお値段は567万円。これは意外とお安いのではないだろうか?

このスペックを「プリウスPHV」と比較すると、エンジン/モーターの出力&トルク、バッテリー容量ともに、2倍まではいかないけれど、8割増しくらいのレベルにある。プリウスPHV(「Aプレミアム」グレード)の価格は401万円。パワーを考えれば、A250eはお買い得という計算になる。

3ボックスながら、紡錘(ぼうすい)形に近いシルエットの「メルセデス・ベンツAクラス セダン」。0.22というCd値(空気抵抗係数)が示す通り、優れた空力性能はセリングポイントのひとつ。
3ボックスながら、紡錘(ぼうすい)形に近いシルエットの「メルセデス・ベンツAクラス セダン」。0.22というCd値(空気抵抗係数)が示す通り、優れた空力性能はセリングポイントのひとつ。拡大
フロントに横置きされる1.33リッターエンジンは単体で最高出力160PS、最大トルク250N・mを発生する。組み合わされるモーターのアウトプットは同102PS、同300N・m。
フロントに横置きされる1.33リッターエンジンは単体で最高出力160PS、最大トルク250N・mを発生する。組み合わされるモーターのアウトプットは同102PS、同300N・m。拡大
EVモードでの後続可能距離は、エネルギーフローとともにセンターモニターで確認できる。エネルギーの回生レベル(5段階)はステアリングホイール裏のパドルで変更可能。
EVモードでの後続可能距離は、エネルギーフローとともにセンターモニターで確認できる。エネルギーの回生レベル(5段階)はステアリングホイール裏のパドルで変更可能。拡大
「A250eセダン」への給電を試みる筆者。同モデルは普通充電だけでなくCHAdeMO規格の急速充電にも対応している。
「A250eセダン」への給電を試みる筆者。同モデルは普通充電だけでなくCHAdeMO規格の急速充電にも対応している。拡大
給電口は2カ所に分かれる。写真右(右リアフェンダー部)が急速充電用で、中央(リアバンパー部)が普通充電用。燃料の給油口は左フェンダー部に配置されている。
給電口は2カ所に分かれる。写真右(右リアフェンダー部)が急速充電用で、中央(リアバンパー部)が普通充電用。燃料の給油口は左フェンダー部に配置されている。拡大

加速力はテスラのごとし

で、実際乗るとどうなのかというと、野蛮なほど速かった。

これだけパワフルなクルマがFFというだけで、今どきかなり野蛮だが、スペック通り、いやそれ以上の加速をみせる。

ドライブモードは6つも用意されていて、どれを選べばいいのかわからなくなるが、デフォルトは C(コンフォート)。それをあえてECO(エコ)に変更し、モーターでの走行を優先させても、発進ではモーターのみで軽くホイールスピンをかましてくれる。

S(スポーツ)に入れれば、そこにブーストアップされたエンジンのパワーも加わって、信号からの発進のたびに、映画『ワイルドスピード』のワンシーンみたいにもできる! エンジンフィールは、A180同様、ザラザラしていて気持ちよくはないが、ザラザラを感じさせるほど回す必要があるシーンはめったに、いや下手すると一生ないかもしれない。それくらい、モーターのトルクは強烈だ。

特に強烈なのが発進時だ。このフィーリングはまるでテスラ。テスラが全世界(日本を除く)で絶好調なのは、発進のたびにムチ打ちになるようなトルクの大きさがウケているのだと推察するが、それに学んだセッティングなのだろうか。こんなにホイールスピンするなんて、ひょっとしてグリップの低いエコタイヤを履いているのか? と思えば、サイズは225/45R18、銘柄は「ピレリ・チントゥラートP7」だった。

車両重量は1690kg(パノラミックスライディングルーフ装着車は1720kg)。A180の1370kgに比べると、実に320kgも重いが、加速に関しては、重さなどみじんも感じない。同時に試乗した「プジョー508SW GTハイブリッド」(同じくプラグイン)が非常に重く感じるクルマだっただけに、あまりにも対照的だった。

「A250eセダン」では、エンジンとモーターのパワーを生かした強烈な加速が味わえる。その速さは、パワフルなEVとして知られるテスラ車を思わせる。
「A250eセダン」では、エンジンとモーターのパワーを生かした強烈な加速が味わえる。その速さは、パワフルなEVとして知られるテスラ車を思わせる。拡大
液晶タイプのメーターパネルは、表示される情報・数値だけでなく、メーター全体のデザインも変更可能。
液晶タイプのメーターパネルは、表示される情報・数値だけでなく、メーター全体のデザインも変更可能。拡大
「AMG 5ツインスポーク」と呼ばれるデザインの、18インチアルミホイール。組み合わされるタイヤはピレリの「チントゥラートP7」。
「AMG 5ツインスポーク」と呼ばれるデザインの、18インチアルミホイール。組み合わされるタイヤはピレリの「チントゥラートP7」。拡大
「A250eセダン」には、スポーティーなリアスカートやフロントスポイラーなどがセットになった「AMGスタイリングパッケージ」が標準で与えられる。
「A250eセダン」には、スポーティーなリアスカートやフロントスポイラーなどがセットになった「AMGスタイリングパッケージ」が標準で与えられる。拡大

戦略的なエコ性能

コーナリングやブレーキングでは、そこそこ重さは感じるが、リアにバッテリーを積んでいて重量バランスは良好だ。ボディーや足まわりも、この重量をそれなりにうまくこなしている。

EL(Electric)モードに切り替えると、自動的にセーリングが使えるようになり、文字通りの滑空感を堪能できる。そのままモーターのみで140km/hまで出せるのは、130km/h制限がスタンダードな欧州向けらしい心遣いだ。

実際、A250eは、モーターのみで十分パワフル。エンジンは発電用に徹してもいいんじゃ? という気さえした。

しかし、それでは商品としての魅力に欠けると、メルセデスは判断したのだろう。プラグインハイブリッド車を積極的に買ってもらうためには、欧州での補助金込みの価格を想定したうえで、「このお値段で中身は大盛り!」に仕上げて勝負、ということではないだろうか。

EVでアウトバーンを飛ばすのは、航続距離が大幅に短くなるので無理筋だが、コイツならそれが十分可能。それでいてESG(環境・社会・企業統治)的にも投資適格になる。ということで、このおまんじゅうの大盛りカー、EUのカンパニーカー市場では、かなりの競争力を発揮しているのだろう。

で、燃費だが、満充電から163.8km走行し、バッテリーを使い果たしたうえで、約20km/リッターだった。欧州では「一日の平均走行距離は40km」なので、それはEVでカバーできるが、純粋なハイブリッド車としての燃費は10km/リッター強。いかに日本製ハイブリッド車の燃費がいいかを、あらためて痛感させられた。

(文=清水草一/写真=田村 弥/編集=関 顕也)

足まわりにはコンフォートサスペンションが組み合わされているが、コーナーにおける「A250eセダン」の身のこなしは上々。
足まわりにはコンフォートサスペンションが組み合わされているが、コーナーにおける「A250eセダン」の身のこなしは上々。拡大
センターコンソールのエアコン吹き出し口は、イルミネーションで空調の操作内容を視覚的に伝える。温度を上げると右のように赤くなり、下げると左のように紫色に変化する。
センターコンソールのエアコン吹き出し口は、イルミネーションで空調の操作内容を視覚的に伝える。温度を上げると右のように赤くなり、下げると左のように紫色に変化する。拡大
センターコンソールの前方には、スマートフォンの非接触充電機能付きトレーが備わる。その手前にはカップホルダーとインフォテインメントシステムの操作スイッチが並ぶ。
センターコンソールの前方には、スマートフォンの非接触充電機能付きトレーが備わる。その手前にはカップホルダーとインフォテインメントシステムの操作スイッチが並ぶ。拡大
「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」装着車は、後席もツートンカラーとなる。写真のクラシックレッド×ブラックのほか、チタニウムグレー×ブラックのシートカラーも選択可能。
「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」装着車は、後席もツートンカラーとなる。写真のクラシックレッド×ブラックのほか、チタニウムグレー×ブラックのシートカラーも選択可能。拡大
今回は70kmほどのEV走行を交えつつ、約160kmの距離を試乗。燃費は満タン法で20.0km/リッター、車載計で21.7km/リッターを記録した。
今回は70kmほどのEV走行を交えつつ、約160kmの距離を試乗。燃費は満タン法で20.0km/リッター、車載計で21.7km/リッターを記録した。拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツA250eセダン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4560×1800×1460mm
ホイールベース:2730mm
車重:1720kg
駆動方式:FF
エンジン:1.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:8段AT
エンジン最高出力:160PS(118kW)/5500rpm
エンジン最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/1620-4000rpm
モーター最高出力:102PS(75kW)/--rpm
モーター最大トルク:300N・m(30.6kgf・m)/--rpm
タイヤ:(前)225/45R18 91W/(後)225/45R18 91W(ピレリ・チントゥラートP7)
ハイブリッド燃料消費率:16.1km/リッター(WLTCモード)
価格:567万円/テスト車=652万9000円
オプション装備:メタリックペイント(7万2000円)/ナビゲーションパッケージ(19万1000円)/AMGレザーエクスクルーシブパッケージ(21万3000円)/アドバンストパッケージ(21万3000円)/パノラミックスライディングルーフ<挟み込み防止機能付き>(17万円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:592km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:163.8km
使用燃料:8.2リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:20.0km/リッター(満タン法)/21.7km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデス・ベンツA250eセダン
メルセデス・ベンツA250eセダン拡大
車両周辺の様子が容易に確認できる「360度カメラシステム」は、ヘッドアップディスプレイなどとのセットオプションとして提供される。
車両周辺の様子が容易に確認できる「360度カメラシステム」は、ヘッドアップディスプレイなどとのセットオプションとして提供される。拡大
「パノラミックスライディングルーフ」は17万円のオプション。装着車は車重が30kg増加する。
「パノラミックスライディングルーフ」は17万円のオプション。装着車は車重が30kg増加する。拡大
開口部の大きなトランクルーム。5人乗車時の容量は340リッターで、純内燃機関モデルの420リッターに比べて2割ほど小さい。
開口部の大きなトランクルーム。5人乗車時の容量は340リッターで、純内燃機関モデルの420リッターに比べて2割ほど小さい。拡大
長尺物の積載には、3分割式の後席の背もたれを倒すことで対応できる。
長尺物の積載には、3分割式の後席の背もたれを倒すことで対応できる。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Aクラス セダン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。