救世主となりうる一品

こうして、確かに「夏タイヤ」としての性能向上が明らかとはいえ、一方で「雪も走れる……」と豪語するからには、そちらの性能ももちろんおろそかにはできない。

というわけで、そちらのポテンシャルについては、強気なことに(?)同社のスタッドレスタイヤ「エックスアイス」との比較というかたちで、冬用タイヤ開発の舞台である北海道は士別の試験場で走行チェックを行う機会が用意された。

早速圧雪状態の路面を走り始めると、「これは全く、無理なく普通に走れちゃうな」というのが正直な第一印象。ただし、調子に乗って走りのペースを高めていき、ひとたびアンダーステアなどを出してしまうと、車体が流れる程度は間違いなくエックスアイスよりも大きく、しかもその流れがなかなか止まらないという印象だった。

このあたりが、雪道の走行適正も付加した夏タイヤの限界というところだろうか。加えれば、数多くのテスト車両の走行によって路面が「磨かれ」て、圧雪からアイスバーン状態へと近づいてくると、スタッドレスであるエックスアイスとのグリップ感の差が、さらに大きく開いてしまう。それもまた、ちょっと特殊なこのタイヤなりの特徴ということになるのかもしれない。

摩耗に関してのチェックはさすがにできなかったものの、通常の夏タイヤとしての性能に全く不満がないことは、ドライのハンドリング路でグリップ力の限界近くまで引き出す走りで実感することになった。逆に、「雪も走れる」のフレーズが偽りなしと納得できる一方で、これがスタッドレス代替のタイヤにはなり得ないというのも、あらためて認識された事柄であった。

冬が近づくと、これまで迷うことなくスタッドレスタイヤに交換していたユーザーはスルーで問題ナシ。しかし、年に1度か2度の積雪予報におののいて、慌ててスタッドレスやチェーン等を手配した経験のあるユーザーには、上手に使えば救世主となってくれそうな一品であることは間違いない。

(文=河村康彦/写真=日本ミシュランタイヤ、webCG/編集=関 顕也)

雪に覆われた北海道・士別のテストコースを行く「クロスクライメート2」のテスト車両。雪上路も普通に走れてしまうものの、ひとたび挙動が乱れた場合の収束レベルという点では、スタッドレスタイヤ並みとはいかなかった。
雪に覆われた北海道・士別のテストコースを行く「クロスクライメート2」のテスト車両。雪上路も普通に走れてしまうものの、ひとたび挙動が乱れた場合の収束レベルという点では、スタッドレスタイヤ並みとはいかなかった。拡大
“スノーフレークマーク”が刻印されている「クロスクライメート2」は、冬用タイヤ装着規制下の高速道路を走行することができる。
“スノーフレークマーク”が刻印されている「クロスクライメート2」は、冬用タイヤ装着規制下の高速道路を走行することができる。拡大
「クロスクライメート2」なら雪道も走れるというミシュランのアピールにウソはなし。それでも路面がアイスバーン状態に近づくと、ポテンシャルの限界は感じられた。
「クロスクライメート2」なら雪道も走れるというミシュランのアピールにウソはなし。それでも路面がアイスバーン状態に近づくと、ポテンシャルの限界は感じられた。拡大
「ミシュラン・クロスクライメート2」は、今回テストに用いられたハッチバック車のほか、SUVやセダン、ミニバンなど幅広い車種に対応する。
「ミシュラン・クロスクライメート2」は、今回テストに用いられたハッチバック車のほか、SUVやセダン、ミニバンなど幅広い車種に対応する。拡大
「ミシュラン・クロスクライメート2」の販売は、2021年10月8日より順次スタート。サイズ展開は175/65R15から275/45R20までの計61サイズで、価格はオープンとなっている。
「ミシュラン・クロスクライメート2」の販売は、2021年10月8日より順次スタート。サイズ展開は175/65R15から275/45R20までの計61サイズで、価格はオープンとなっている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事