世界中で愛される“市民のクルマ” 新型「ホンダ・シビック」がこの姿で登場した理由

2021.08.13 デイリーコラム

今のシビックは高い? 大きい?

今回の新型で通算11代目となり、来る2022年には生誕50周年をむかえるという「シビック」は、ホンダの四輪車では最長の歴史をもつモデル名である。ホンダの大生命線といえる北米市場での地歩を固めるきっかけとなったのも、初代シビックだったことは間違いない。また、その初代シビックが国内発売された1972年から2000年ごろまでは、日本でもシビックがエントリーモデル的な存在だった。

よって「シビックはこうあるべし」との一家言をもつファンは少なくなく、「シビックで運転をおぼえた」という中高年のクルマ好きも多い。そんなシビックゆえに、新型が出るたびに侃々諤々(かんかくがくがく)というか、喧々囂々(けんけんごうごう)の議論が巻き起こるのがお約束である。

最近のシビックに対する国内ファンの否定的評価といえば「サイズが大きすぎる」とか「価格が高すぎる」が典型で、そこから「つまりは日本軽視か!?」というホンダの商品戦略そのものへの批判につながるパターンも多い。なるほど、全幅1.8mという新型シビックの車体サイズはエントリーモデルと考えると明らかに大きい。そして、319万円~353万9800円という価格帯は、200万円台前半グレードも用意される「トヨタ・カローラ」や「マツダ3」と比較すると、いかにも高い。

2021年8月に正式発表された新型「ホンダ・シビック」。1972年に登場した初代から数えて、11代目のモデルとなる。
2021年8月に正式発表された新型「ホンダ・シビック」。1972年に登場した初代から数えて、11代目のモデルとなる。拡大
およそ50年前に登場した初代「シビック」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=3405<3545>×1505×1325mm(<>は「GL」の数値)。ちなみに新型は4550×1800×1415mmである。
およそ50年前に登場した初代「シビック」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=3405<3545>×1505×1325mm(<>は「GL」の数値)。ちなみに新型は4550×1800×1415mmである。拡大
新型「シビック」のグレードは319万円の「LX」(グレー)と353万9800円の「EX」(レッド・ホワイト)の2種類。ともに同価格で6段MT仕様とCVT仕様が用意される。
新型「シビック」のグレードは319万円の「LX」(グレー)と353万9800円の「EX」(レッド・ホワイト)の2種類。ともに同価格で6段MT仕様とCVT仕様が用意される。拡大
ホンダ シビック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る