クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)

レーシングレジェンドのDNA 2021.08.20 試乗記 マイナーチェンジした「MINIクラブマン」の高性能モデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。最高出力306PSのパワーユニットと4WDが組み合わされたステーションワゴンは、ホットな走りとクールなフォルムが魅力の、アガる一台に仕上がっていた。

JCWへシフト

MINIのスポーツモデルといえば「クーパー」や「クーパーS」が定番だが、MINI乗りの知人によれば、ハイパフォーマンス志向のユーザーの間でジョンクーパーワークス(以下JCW)へのシフトが進んでいるという。

いまさら説明する必要はないかもしれないが、JCWは世に「Miniクーパー」を知らしめたジョン・クーパーの息子であるマイケル・クーパーが立ち上げたチューナー。BMWが2008年にその名前を買い取り、いまやMINIのハイパフォーマンスモデルに冠されるようになった。レジェンドの魂がMINIのスポーツモデルを支えているという意味では変わりはないのだが。

それはさておき、ワゴンスタイルのクラブマンで比較すると、「MINIクーパーSクラブマン」が452万円であるのに対し、MINI JCWクラブマンは571万円と約120万円高いが、最強のグレードを手に入れたいと思うファンにとって、この価格差は十分納得のいく数字ということになる。

現行のMINIクラブマンにJCWが追加されたのは2017年1月のこと。その当時に搭載されたのは、最高出力231PS、最大トルク350N・mの2リッター直列4気筒ターボで、スポーティーなMINIクーパーSクラブマンの2リッターに比べて39PS、70N・m上回る性能の持ち主だった。これに8段オートマチックと4WDの「ALL4」が組み合わされ、最も速いMINIクラブマンの座を手に入れている。

“MINI史上最速”を掲げ登場した「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」。今回の試乗車は、2019年10月に日本導入が発表されたマイナーチェンジモデルで、車両本体価格は571万円。
“MINI史上最速”を掲げ登場した「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」。今回の試乗車は、2019年10月に日本導入が発表されたマイナーチェンジモデルで、車両本体価格は571万円。拡大
先のマイナーチェンジで、リアのコンビネーションランプが英国国旗であるユニオンジャックをモチーフとしたデザインに変更された。右のリアゲートに「John Cooper Works」のエンブレムが備わる。
先のマイナーチェンジで、リアのコンビネーションランプが英国国旗であるユニオンジャックをモチーフとしたデザインに変更された。右のリアゲートに「John Cooper Works」のエンブレムが備わる。拡大
「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4275×1800×1470mm、ホイールベースは2670mmとなっている。
「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4275×1800×1470mm、ホイールベースは2670mmとなっている。拡大
観音開きのスプリット式リアゲートが印象的な「MINIクラブマン」のエクステリア。閉めた状態では、中央部のピラーによって後方視界が妨げられる。
観音開きのスプリット式リアゲートが印象的な「MINIクラブマン」のエクステリア。閉めた状態では、中央部のピラーによって後方視界が妨げられる。拡大

最新版は306PS

そして2019年、MINIクラブマンのマイナーチェンジとともに、MINI JCWクラブマンもバージョンアップ。注目は新設計の2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載したことで、最高出力、最大トルクがそれぞれ75PS、100N・mアップの306PS、450N・mとイッキに向上。

これにともない、フロントバンパー内に2基のラジエーターを搭載したほか、フロントアクスルに機械式ディファレンシャルロックや、スポーツ走行に適した8段スポーツオートマチックトランスミッションを採用することで、エンジンの高出力を受け止めている。駆動方式は引き続きALL4を採用している。

こうしたパワートレインの性能向上により、同クラスの4WDホットハッチの「フォルクスワーゲン・ゴルフR」や「アウディS3スポーツバック」と肩を並べることになったのだ。

JCWは他のMINIにも用意されているが、より高出力なパワートレインを搭載するのは、このMINIクラブマンと「MINIクロスオーバー」の2タイプだけ。全高と車両重量は、MINIクロスオーバーが1595mmと1670kgであるのに対し、MINIクラブマンは1470mm、1600kgで、より低く、より軽いことから、MINI JCWクラブマンこそが走りの頂点ということになる。

2リッター直4ターボエンジンは、強化クランクシャフトや専用ピストン、改良型ターボチャージャーなどの採用により、最高出力306PS/5000rpm、最大トルク450N・m/1750-4500rpmを発生。
2リッター直4ターボエンジンは、強化クランクシャフトや専用ピストン、改良型ターボチャージャーなどの採用により、最高出力306PS/5000rpm、最大トルク450N・m/1750-4500rpmを発生。拡大
「ダイナミカレザー」と呼ばれるスエード調の表皮素材で仕立てられた「JCWスポーツシート」は、「ジョンクーパーワークス」モデルに標準装備されるアイテム。ヘッドレスト下部に「John Cooper Works」のエンブレムを配置している。
「ダイナミカレザー」と呼ばれるスエード調の表皮素材で仕立てられた「JCWスポーツシート」は、「ジョンクーパーワークス」モデルに標準装備されるアイテム。ヘッドレスト下部に「John Cooper Works」のエンブレムを配置している。拡大
前席と同じく、表皮に「ダイナミカレザー」が採用された「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」の後席。背もたれには40:20:40の分割可倒機構が備わる。
前席と同じく、表皮に「ダイナミカレザー」が採用された「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」の後席。背もたれには40:20:40の分割可倒機構が備わる。拡大

勇ましくも痛快な加速

早速ヘッドレスト一体型の専用スポーツシートに身を委ねると、いつもどおりにぎやかなコックピットが目に入ってくる。大きく丸いセンターディスプレイやトグルスイッチが並ぶセンタークラスターなどを見ると、瞬時に気分が高揚するから不思議だ。

見慣れたメーターパネルはオーバルの液晶メーターにいつのまにか変わっていた。「マルチディスプレイメーターパネル」と呼ばれるこのデジタルメーター、いわゆる2021年モデルからこのMINI JCWクラブマンにも標準装着されるようになったらしい。

「GREEN」「MID」「SPORT」のドライビングモードから、まずは「MID」を選んで走りだすが、アクセルペダルを軽く踏んだだけでも低回転から力強く、レスポンスの良い2リッターエンジンに頰が緩んでしまう。もう少しアクセルを踏み込んでみると勢いを増し、勇ましいサウンドがもっと踏めといわんばかりにドライバーを誘惑する。

ここでSPORTに切り替えると、瞬時にエキゾーストノートが高まり、軽くアクセルペダルに触れるだけで、トルクが湧き出してくる。4000rpmの手前あたりからはさらに加速が鋭くなり、レッドゾーンに向かってイッキに吹け上がる快感は病みつきになること必至だ。

そんな場面でも、ALL4とハイパフォーマンスタイヤのおかげで、エンジンのパワーは余すところなく路面に伝えられるが、それでもウエット路面では軽くトルクステアが顔を出すこともあるから、慎重なアクセル操作を心がけるに越したことはない。

円形をモチーフとしたデザインが特徴的な「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」のインストゥルメントパネル。センターディスプレイ周囲のLEDがエンジン回転数や各種スイッチの操作に反応して光る「MINIエキサイトメントパッケージ」が標準装備されている。
円形をモチーフとしたデザインが特徴的な「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」のインストゥルメントパネル。センターディスプレイ周囲のLEDがエンジン回転数や各種スイッチの操作に反応して光る「MINIエキサイトメントパッケージ」が標準装備されている。拡大
メーターは従来型のアナログタイプから、左にエンジン回転計、右に燃料計を配置する5インチの「マルチディスプレイメーターパネル」に変更された。ヘッドアップディスプレイも標準装備している。
メーターは従来型のアナログタイプから、左にエンジン回転計、右に燃料計を配置する5インチの「マルチディスプレイメーターパネル」に変更された。ヘッドアップディスプレイも標準装備している。拡大
センターコンソールの上部にエアコンの操作系を集中配置。エンジンのスタート/ストップやドライブモード切り替えのトグルスイッチ(右下)がその下に並ぶ。
センターコンソールの上部にエアコンの操作系を集中配置。エンジンのスタート/ストップやドライブモード切り替えのトグルスイッチ(右下)がその下に並ぶ。拡大
走行状況に応じ、最適な駆動トルクを前後輪に自動配分する四輪駆動システム「ALL4」を採用。フロントアクスルには機械式リミテッドスリップデフが組み込まれている。
走行状況に応じ、最適な駆動トルクを前後輪に自動配分する四輪駆動システム「ALL4」を採用。フロントアクスルには機械式リミテッドスリップデフが組み込まれている。拡大

ゴーカートフィーリングは標準装備

MINI JCWクラブマンの乗り心地は、MIDモードでも明らかに硬めで、路面にもよるが高速域ではやや跳ね気味になることも。それでも乗り心地はなんとか許容できるレベルには収まっており、後席でもガマンできるのが救いである。

そのぶん、ハンドリングはクイックで、ステアリング操作に応えて面白いようにコーナーを抜けるのは期待どおり。“ゴーカートフィーリング”がワゴンスタイルのMINI JCWクラブマンでも堪能できるのがうれしい。

ステーションワゴンというには、ラゲッジスペースは広いとはいえないが、「3ドア」や「5ドア」のMINIに比べれば収納力は高い。観音開きのリアゲートは後方視界の邪魔になるものの、MINIクラブマンのスタイルには必須アイテムと考えれば、“あばたもえくぼ”に思えてくる。

とにかく、加速もハンドリングも、良くも悪くもわかりやすいのがMINI JCWクラブマンで、刺激的な走りを一度知ってしまうと、他のグレードには戻れなくなる魔性のMINIなのだ。

人も荷物も余裕で載せることができて、さらにスポーティーな走りも手に入れたいという望みをかなえてくれるMINI JCWクラブマンは、最強の4ドアMINIと言っても過言ではないだろう。

(文=生方 聡/写真=神村 聖/編集=櫻井健一)

今回の試乗車では18インチサイズの「John Cooper Worksグリップスポーク ブラック」ホイールに225/40ZR18サイズの「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」タイヤが組み込まれていた。
今回の試乗車では18インチサイズの「John Cooper Worksグリップスポーク ブラック」ホイールに225/40ZR18サイズの「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」タイヤが組み込まれていた。拡大
2リッター直4ターボエンジンにはロックアップ機構と、サーキットなどでのスタート時に車両性能を極限まで引き出せるローンチコントロール機能付きの8段ATが組み合わされる。
2リッター直4ターボエンジンにはロックアップ機構と、サーキットなどでのスタート時に車両性能を極限まで引き出せるローンチコントロール機能付きの8段ATが組み合わされる。拡大
後席を使用する5人乗車時の荷室容量は360リッター。後席背もたれを前方に倒せば荷室容量は最大で1250リッターに拡大できる。
後席を使用する5人乗車時の荷室容量は360リッター。後席背もたれを前方に倒せば荷室容量は最大で1250リッターに拡大できる。拡大
ワインディングロードを行く「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」。0-100km/h加速は4.9秒、最高速は250km/hという動力性能を実現しているという。
ワインディングロードを行く「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」。0-100km/h加速は4.9秒、最高速は250km/hという動力性能を実現しているという。拡大

テスト車のデータ

MINIジョンクーパーワークス クラブマン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4275×1800×1470mm
ホイールベース:2670mm
車重:1600kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:306PS(225kW)/5000rpm
最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/1750-4500rpm
タイヤ:(前)225/40ZR18 92Y/(後)225/40ZR18 92Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)
燃費:13.7km/リッター(JC08モード)/12.1km/リッター(WLTCモード)
価格:571万円/テスト車=626万円
オプション装備:ボディーカラー<サンダーグレーメタリック>(8万円)/JCWスポーツシート<ダイナミカ/レザーコンビネーション カーボンブラック>(0円)/デジタルパッケージプラス<MINIドライバーサポートデスク3年間有効、スマートフォンインテグレーション、ワイヤレスパッケージ、MINIコネクテッドXL>(4万9000円)/アダプティブサスペンション(7万9000円)/レッドルーフ&ミラーキャップ(0円)/レッドスポーツストライプ(3万3000円)/アラームシステム(5万7000円)/MINI Yoursインテリアスタイルピアノブラックイルミネーテッド(2万7000円)/プライバシーガラス<リアガラス>(5万1000円)/ヒートシーター<フロント左右>(4万8000円)/harman/kardon製Hi-Fiラウドスピーカーシステム(12万6000円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:2361km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(6)/山岳路(1)
テスト距離:257.2km
使用燃料:28.7リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:9.0km/リッター(満タン法)/11.2km/リッター(車載燃費計計測値)

MINIジョンクーパーワークス クラブマン
MINIジョンクーパーワークス クラブマン拡大
 
MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

MINI MINIクラブマン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。