クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ドゥカティ・モンスター+(6MT)

理想がここにある 2021.08.26 試乗記 軽量コンパクトな車体に、パワフルな2気筒エンジンを搭載した「ドゥカティ・モンスター」。軽快な走りを身上とするイタリア製ネイキッドスポーツの最新モデルは、このジャンルの理想ともいえる走りを備えたマシンに仕上がっていた。

フル加速でも感じられるエンジンの上質さ

1993年に登場して以来、ドゥカティ・モンスターはさまざまな進化を遂げてきた。年式やモデルによってハンドリングがずいぶん違っていて、なかには乗りこなすのが難しいモデルもあったが、今回試乗した最新のモンスターは、非常に扱いやすいマシンになっていた。

マシンにまたがってすぐに感じたのは、シートの低さと軽く前傾になる自然なライディングポジション。車体が軽いこともあって取り回しも容易で、走りだす前から乗りやすいマシンであることが伝わってくる。

エンジンのフィーリングも洗練されていて、さすがに3000rpmを切るような回転域で走るとギクシャクしてしまうが、そこから先はとても滑らかに回る。ツーリングモードで走ってみるとスロットルを開けたときのドンツキもなく、とても優しくレスポンスしてくれる。マイルドな特性だが、トルク自体はあるのでストリートではとても楽だし、マシンに急(せ)かされるような感じもしない。

軽やかに回転を上げていくLツインの鼓動感は、以前に比べて多少薄まったような印象もあるが、それは振動が少なくなってよりスムーズになったため。エンジン自体の完成度は確実に向上している。レブリミットまで引っ張って、回転上昇にともなうパワーの出方を確かめてみても、特にどこかの回転域で強く出るようなこともなく、終始フラットな特性を示す。どんな乗り方をしても従順で扱いやすい性格のエンジンだ。

ところが、これがスポーツモードになると様相が一変し、ずいぶんと元気になる。中速域でのレスポンスが鋭さを増し、回転を上げていくと7000rpm付近からパワーが盛り上がり、8000rpmからはレブリミットまで一直線に吹け上がる。非常にパワフルだが、エンジンのフィーリングはやはり滑らかだ。ツーリングモードのときに感じた上質さは、フルパワーで加速しているときも変わらない。

2021年6月に販売が開始された4代目「ドゥカティ・モンスター」。新型でも軽さが徹底されており、乾燥重量は166kgに抑えられている。
2021年6月に販売が開始された4代目「ドゥカティ・モンスター」。新型でも軽さが徹底されており、乾燥重量は166kgに抑えられている。拡大
新開発のフルLEDヘッドランプは、リング状に光るデイタイムランニングライトが特徴的、カラーリングはレッド、グレー、ブラックの3種類が用意される。
新開発のフルLEDヘッドランプは、リング状に光るデイタイムランニングライトが特徴的、カラーリングはレッド、グレー、ブラックの3種類が用意される。拡大
排気量937ccのアルミ製V型2気筒エンジン。従来モデルより116ccも排気量を拡大しながら、同時に2.4kgの軽量化を実現している。
排気量937ccのアルミ製V型2気筒エンジン。従来モデルより116ccも排気量を拡大しながら、同時に2.4kgの軽量化を実現している。拡大
伝統のトレリスフレームを排するなど、車両骨格も全面刷新。車体は剛体となるエンジンにアルミ製のフロントフレームとGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)製のリアフレームを組み合わせたもので、軽量に仕上げられている。
伝統のトレリスフレームを排するなど、車両骨格も全面刷新。車体は剛体となるエンジンにアルミ製のフロントフレームとGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)製のリアフレームを組み合わせたもので、軽量に仕上げられている。拡大

ハイパワーネイキッドに乗るときの鉄則

ただ、スポーツモードでパワーを解き放つときには注意が必要だ。ハンドル位置が高く(スポーツネイキッドとしてはだが)、比較的体が起き気味のライディングポジションとなるため、中速で不用意にスロットルを開けると上体がのけぞり、ハンドルを引っ張ってしまう可能性があるのだ。

モンスターのパワーでハンドルを引っ張ってしまえば、フロントタイヤは簡単に地面から離される。もちろんトラクションコントロール、ウイリーコントロールが介入してくれるのだが、スポーツモードの場合はその度合いも少なくなっているから、タイヤが軽く浮き上がった状態になり、ライダーが体勢を崩していたりすると不安定な挙動を誘発してしまう。だから、スポーツモードで走るときはライダーがしっかりと荷重移動し、加速時はハンドルに力を入れないよう前傾姿勢になっていることが必須。これはモンスターに限ったことでなく、ハイパワーなスポーツネイキッド全般に言えることだ。

車両のほうに話を戻すと、新型モンスターはクイックシフターの作動も秀逸で、交差点でバイクをバンクさせ、加速しているような状態でシフトアップしてもショックはなく、リアタイヤにかかる駆動力の変化も少ない。回転数が低くても作動がスムーズなので、ツーリングからスポーツ走行まで積極的に使いたくなる。

快適性の向上も新型のトピック。シート高とペダルの位置が下がり、ハンドルがライダーに近づいたことで、アップライトで楽なライディングポジションがとれるようになった。
快適性の向上も新型のトピック。シート高とペダルの位置が下がり、ハンドルがライダーに近づいたことで、アップライトで楽なライディングポジションがとれるようになった。拡大
ライディングモードの選択はハンドルに備わるモード切り替えスイッチで操作。操作方法はやや特殊で、スイッチを長押しするとモードが切り替わり、短く押すと各モードのカスタマイズ機能が作動する。
ライディングモードの選択はハンドルに備わるモード切り替えスイッチで操作。操作方法はやや特殊で、スイッチを長押しするとモードが切り替わり、短く押すと各モードのカスタマイズ機能が作動する。拡大
新型「モンスター」では、ライディングモードに応じてエンジンの制御や、ABS、トラクションコントロールなどの介入度合いが変化。各設定のカスタマイズも可能となっている。
新型「モンスター」では、ライディングモードに応じてエンジンの制御や、ABS、トラクションコントロールなどの介入度合いが変化。各設定のカスタマイズも可能となっている。拡大
足まわりでは、軽量アルミ合金製ホイールの採用により1.7kgの軽量化を実現。ピレリのスポーツタイヤ「ディアブロロッソ3」が組み合わされる。
足まわりでは、軽量アルミ合金製ホイールの採用により1.7kgの軽量化を実現。ピレリのスポーツタイヤ「ディアブロロッソ3」が組み合わされる。拡大
リアには新型「ムルティストラーダV4」と同じ製法でつくられる、アルミ製のスイングアームを採用。ここでも1.6kgの軽量化を実現している。
リアには新型「ムルティストラーダV4」と同じ製法でつくられる、アルミ製のスイングアームを採用。ここでも1.6kgの軽量化を実現している。拡大
ノーマルのシート高は820mmだが、日本仕様はローシートとローダウンサスペンションの組み合わせが標準となり、シート高が775mmに下げられている。
ノーマルのシート高は820mmだが、日本仕様はローシートとローダウンサスペンションの組み合わせが標準となり、シート高が775mmに下げられている。拡大
従来モデルより18kgもの軽量化を実現した新型「モンスター」。扱いやすさも向上しており、スポーツネイキッドの理想形ともいえるバイクに仕上がっていた。
従来モデルより18kgもの軽量化を実現した新型「モンスター」。扱いやすさも向上しており、スポーツネイキッドの理想形ともいえるバイクに仕上がっていた。拡大

ハイシート仕様も試してみたい

テスターはドゥカティ・モンスターというと、どうしても一昔前のモデルをイメージしてしまう。キャスターが立っていてフォークのオフセットが少なく、低くて幅の広いハンドルを押さえ込みながらコントロールするバイクだ。ステアリングで舵角をつける際には、前傾姿勢と幅広のハンドルでは操作がセンシティブになりがちで、思うように操るのが難しかった。しかし新型にそんな難しさはみじんもない。ハンドリングはニュートラルで安定感があり、市街地でも走りやすい。ハンドルの切れ角が増えてUターンがしやすくなったのもストリート派のライダーにはうれしいところだろう。

ただ、シートが低くハンドル位置が高いため、ライダーが意識してハンドルに強く荷重をかけるような乗り方は難しい。もちろんドゥカティがつくるスポーツネイキッドだから、スポーティーなライディングをこなすことはできるのだが、ビッグネイキッドのようにマシンへ体重を預けてバンクさせていくような乗り方になる。ワインディングロードやサーキットなどで積極的に体重移動しながらマシンコントロールを楽しみたい人にとっては、好みが分かれるかもしれない。

もっともこれには、日本仕様では標準装備となるローシート等も関係しているはずだ。機会があったらハイシート仕様にも試乗してみたいと思う。着座位置が変わるだけで、印象はずいぶん変わることだろう。

軽量でハイパワーなマシンをネイキッドに仕立てるのは難しい。アップライトなポジションで乗りやすくなるイメージがあるかもしれないが、スポーツバイクに比べればフロント荷重が減ってしまうし、自由になったライダーの上体は、加減速で暴れてマシンの挙動を乱してしまう可能性もある。ドゥカティ・モンスターは、そういった制約のなかで試行錯誤を続けながら進化してきた。マネジメントシステムの進化やこれまでのデータの蓄積によって、やっと現在のマシンが出来上がったのである。

多くの人がイメージしていた「アップハンドルで乗りやすく、ハイパワーを自由自在に操ることができるマシン」。そんな理想のスポーツネイキッドが、今回のモンスターで具現したのかもしれない。

(文=後藤 武/写真=郡大二郎/編集=堀田剛資)

ドゥカティ・モンスター+
ドゥカティ・モンスター+拡大
 
ドゥカティ・モンスター+(6MT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=--×--×--mm
ホイールベース:1474mm
シート高:775mm
重量:188kg
エンジン:937cc 水冷4ストロークV型2気筒DOHC 4バルブ(1気筒あたり)
最高出力:111PS(82kW)/9250rpm
最大トルク:93N・m(9.5kgf・m)/6500rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:5.3リッター/100km(約18.9km/リッター)
価格:149万5000円~151万5000円

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
関連記事
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。