新しい提案はどこに!? 新型「日産フェアレディZ」に次世代スポーツカーの資質を問う

2021.08.27 デイリーコラム

発表の舞台は米ニューヨーク

昨年、突如として現れた「フェアレディZ プロトタイプ」。それから1年弱がたって、いよいよ生産モデルが正式発表となった。お披露目の舞台は米ニューヨーク。日本を代表するスポーツカーなのになぜ? と思われた方も多いことだろう。筆者も一瞬そう感じたものの、発表された市販モデルを見て、その姿形がプロトとほぼ変わっていないことを確認し、留飲を下げた。われわれは1年も前に、世界で最初にしっかりとそれを見ることができた、とも言えるのだから。

そもそも「日産フェアレディZ」(北米名:日産Z/ダットサンZ)は、アメリカ市場の要望をすくい上げて現実となったプロジェクトだった。初代「S30」の「ダットサン240Z」も、日本でのフェアレディZ発表とほぼ同じタイミングで国際プレビューをニューヨークで行っている。1969年10月のことだ。さらに言うと、2019年に発売された50周年記念モデルも、ニューヨークショーで初披露された。

歴代Z(ズィー)カーは確かに日本製だった。けれども、こと販売に関して言うと、そのほとんど……多い年には9割以上を、北米マーケットでさばいてきたという事実がある。おそらく、この歴史的な事実こそが、新型Zのデザインがこのようなスタイルに決まったひとつの大きな要因だったと思われる。いずれにしてもこのクルマは、フェアレディZであるよりも前に、“DATSUN Z(ダッツン ズィー)”であったのだ。

米ニューヨーク・タイムズスクエアでの初公開の様子。今回発表されたのは、厳密には米国仕様の新型「日産Z」である。
米ニューヨーク・タイムズスクエアでの初公開の様子。今回発表されたのは、厳密には米国仕様の新型「日産Z」である。拡大
2020年9月16日に初公開された「フェアレディZ プロトタイプ」。市販化にあたって、デザインの変更や手直しなどはほぼなかったようだ。
2020年9月16日に初公開された「フェアレディZ プロトタイプ」。市販化にあたって、デザインの変更や手直しなどはほぼなかったようだ。拡大
初代「S30」型の北米仕様「ダットサン240Z」。「Z/フェアレディZ」のプロジェクトは、当時米国日産の社長だった故片山 豊氏の働きかけによって実現した。
初代「S30」型の北米仕様「ダットサン240Z」。「Z/フェアレディZ」のプロジェクトは、当時米国日産の社長だった故片山 豊氏の働きかけによって実現した。拡大
日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型日産Z(日本名「フェアレディZ」) 2021.8.18 画像・写真 日産がアメリカで7代目となる新型「Z」(日本名「フェアレディZ」)を発表した。歴代のモデルをモチーフにしたという内外装の意匠が特徴で、エンジンには3リッターV6ターボを搭載。6段MT仕様も用意されるという。新型Zの詳細な姿を写真で紹介する。
  • 日産が7代目となる新型「フェアレディZ」を発表 日本仕様は2021年冬に発表を予定 2021.8.18 自動車ニュース 日産が7代目となる新型「フェアレディZ」の米国仕様を発表した。歴代モデルをオマージュした意匠のボディーに、最高出力405PSの3リッターV6ターボエンジンを搭載。9段ATに加えて6段MTも用意されるという。日本仕様は2021年冬に発表される予定だ。
  • どうして自動車デザインは懐古主義に向かうのか? 2021.9.15 デイリーコラム 「日産フェアレディZ」や「ホンダe」「ミツオカ・バディ」など、最近話題のクルマは明確な懐古主義デザインばかりだ。さらに「ランボルギーニ・カウンタック」が復活し、「ルノー5」はEVとしてよみがえる。自動車デザインにはもう進化の余地が残されていないのだろうか。
  • BMW S1000R(6MT)【レビュー】 2021.10.12 試乗記 BMWの擁するリッタークラスのネイキッドスポーツモデル「S1000R」がモデルチェンジ。同社のスーパースポーツと主要コンポーネンツを共用する“ロードスター”は、新型となっていかなる進化を遂げたのか? その走りをリポートする。
  • レクサスNX 2021.10.7 画像・写真 「レクサスNX」がフルモデルチェンジ。NXは2014年7月に誕生したミドルサイズの都会派SUVで、同ブランドのグローバルコアモデルに位置づけられている。2代目に進化したNXのフォルムやディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る