クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス(FF/7AT)

積み重ねの美学 2021.08.28 試乗記 新世代の1.5リッターガソリンエンジンを搭載した「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント」に試乗。室内が広く快適で、荷物もたくさん積めるという実用性に注目が集まるパサートだが、その走りはいかなる進化を遂げたのか。

2021年の主役は「1.5 TSI Evo」

2021年のフォルクスワーゲンは、ニューモデルラッシュである。主力の「ゴルフ」シリーズがフルモデルチェンジし、ようやく日本でも発売になったのに加えて、「パサート」「ティグアン」「アルテオン」のマイナーチェンジ版が立て続けに導入され、さらに「ゴルフトゥーラン」と「Tクロス」のエンジンバリエーションにも変更が加えられている。

このニューモデルラッシュを支えるひとつの要素が、ガソリンエンジンの世代交代。ダウンサイジングコンセプトを掲げて過給機付きの1.4リッター直列4気筒ガソリンエンジンの「1.4 TSI」が登場したのが2006年のこと。

当初はターボとスーパーチャージャーの2つを搭載する“ツインチャージャー”の1タイプだったが、その後はターボのみの“シングルチャージャー”や、気筒休止機構の「アクティブシリンダーマネジメント(ACT)」を搭載したバリエーションを展開。これが多くのモデルに搭載され、ガソリンエンジンの主力として、フォルクスワーゲンの一時代を築いてきた。

この主役が1.5リッター直列4気筒ガソリンターボの「1.5 TSI Evo」エンジンに世代交代し、マイナーチェンジなどのタイミングで各モデルに搭載されるようになった。今回、試乗したパサートシリーズでも、ガソリンエンジンモデルには新しい1.5 TSI Evoエンジンが採用されているのだ。

「パサートヴァリアント」のマイナーチェンジモデルは、2021年4月6日に登場。パワートレインや内外装デザイン、装備のアップデート、運転支援システムの充実などがうたわれている。
「パサートヴァリアント」のマイナーチェンジモデルは、2021年4月6日に登場。パワートレインや内外装デザイン、装備のアップデート、運転支援システムの充実などがうたわれている。拡大
最新のフォルクスワーゲン車と同じように、「PASSAT」のエンブレムをリアの中央部分に移動。「VW」のエンブレムも最新デザインにアップデートされている。
最新のフォルクスワーゲン車と同じように、「PASSAT」のエンブレムをリアの中央部分に移動。「VW」のエンブレムも最新デザインにアップデートされている。拡大
マイナーチェンジにあたり、デジタル化を推進したというコックピット。「パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス」では、新デザインのステアリングホイールや、9.2インチのタッチ式大型モニターが目を引く。
マイナーチェンジにあたり、デジタル化を推進したというコックピット。「パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス」では、新デザインのステアリングホイールや、9.2インチのタッチ式大型モニターが目を引く。拡大
「パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス」のサイドビュー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4785×1830×1510mm、ホイールベースは2790mm。
「パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス」のサイドビュー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4785×1830×1510mm、ホイールベースは2790mm。拡大

デジタル化も良しあし

この1.5リッターエンジン、最高出力150PS/5000-6000rpm、最大トルク250N・m/1500-3500のスペックは、従来の1.4 TSIとまったく変わりがないが、排気量を拡大しただけでなく、気筒休止機構のACTや高圧の直噴システムなどに手が加えられているのは想像に難くない。組み合わされるトランスミッションは、デュアルクラッチギアボックスの7段DSGで、乾式単板クラッチを用いることで、軽量かつ高効率を実現しているのは従来どおりである。

もちろんマイナーチェンジのハイライトはエンジンの変更だけではない。エクステリアでは、前後バンパーやラジエーターグリルのデザインなどを変更するとともに、リアの「PASSAT」のバッジをVWエンブレムの下に移すなど地道な手直しが行われている。自動的に配光を制御するLEDマトリクスヘッドライト「IQ.LIGHT(アイキューライト)」が標準装着となるのはうれしいところ。0〜210km/hで動作する同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist(トラベルアシスト)」も全車に標準である。

インテリアでは、常時オンライン接続可能なインフォテインメントシステムがこのパサートにもいよいよ搭載され、ディスプレイオーディオの「Ready 2 Discover(レディートゥーディスカバー)」またはナビゲーションシステムの「Discover Pro(ディスカバープロ)」ともにオンランサービスの「We Connect(ウィーコネクト)」が利用可能になった。

細かいところでは、アナログクロックの代わりにハザードランプのスイッチがダッシュボード中央に配置されている。また、エアコンのパネルが一新され、タッチスライダーにより温度調節が可能になった。ただ、パネルそのものが低い位置にあるため、操作の際にいちいち視線を落とすのが面倒。個人的にはカチカチと回す、従来のダイヤル式のほうが使いやすいと思う。デジタル化も良しあしである。

最高出力150PS、最大トルク250N・mを発生する「1.5 TSI Evo」エンジン。気筒休止機構が組み込まれている。WLTCモードの燃費値は15.0km/リッター。
最高出力150PS、最大トルク250N・mを発生する「1.5 TSI Evo」エンジン。気筒休止機構が組み込まれている。WLTCモードの燃費値は15.0km/リッター。拡大
「パサート」シリーズ全モデルに、対向車や前走車を検知して配光を最適化するマトリクスLEDヘッドライト「IQ.LIGHT(アイキューライト)」が標準装備となっている。
「パサート」シリーズ全モデルに、対向車や前走車を検知して配光を最適化するマトリクスLEDヘッドライト「IQ.LIGHT(アイキューライト)」が標準装備となっている。拡大
エアコンは、独立したコントロールパネルに備わるタッチ式スイッチやスライダーのほか、インフォテインメントシステムのタッチ式ディスプレイでも操作が行える。
エアコンは、独立したコントロールパネルに備わるタッチ式スイッチやスライダーのほか、インフォテインメントシステムのタッチ式ディスプレイでも操作が行える。拡大
従来型でアナログ時計が置かれていたダッシュボードセンターには、新たにバックライト付きの車名ロゴとハザードスイッチが収まる。
従来型でアナログ時計が置かれていたダッシュボードセンターには、新たにバックライト付きの車名ロゴとハザードスイッチが収まる。拡大

新エンジンの進化を実感

さて、今回試乗したのは、ナッパレザーのパワーシートや純正ナビゲーションシステム、駐車支援システム「Park Assist(パークアシスト)」、アラウンドビューカメラ「Area View(エリアビュー)」、デジタルメーターの「Digital Cockpit Pro(デジタルコックピットプロ)」など、快適装備や先進装備を充実させた「エレガンス アドバンス」。このグレードにだけ、フロントシートにベンチレーション機構が搭載されるのも見逃せないポイントである。

前置きはこのくらいにして、さっそく走らせると、4気筒ターボエンジンの感触が明らかに良くなっていることに気づく。1.5 TSI Evoは低回転から十分なトルクを生み出し、1500kgのパサートヴァリアントに対して、不満のない加速をもたらす。しかも、以前の1.4ターボに比べるとアクセルペダルを踏んだときの反応が素早くなり、静粛性やスムーズさも向上しているのだ。おかげで、これまで以上に街乗りがしやすくなった。

一方、アクセルペダルを深く踏み込めば、5000rpmあたりまで勢いが続く。とくにスポーティーな性格ではないが、追い越しなどの場面で力不足を感じることはないだろう。

一般道や高速道路でアクセルペダルを軽く踏んで巡航する場面では気筒休止機構のACTが作動する。それはメーターに「eco」や「2シリンダーモード」の表示が現れるのでわかるのだが、これまでの1.4ターボよりも頻繁に2気筒運転を行っているようで、実用燃費の向上が期待できそうだ。

「パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス」の車重は、同グレードのディーゼル車「TDI」よりも110kg軽い1500kgと発表されている。最高出力150PSの「1.5 TSI Evo」は低回転から十分なトルクを発生。不満のない加速を味わうことができた。
「パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス」の車重は、同グレードのディーゼル車「TDI」よりも110kg軽い1500kgと発表されている。最高出力150PSの「1.5 TSI Evo」は低回転から十分なトルクを発生。不満のない加速を味わうことができた。拡大
従来の機械式メーターに代わるデジタルメーター「Digital Cockpit Pro(デジタルコックピットプロ)」。ステアリングホイールに設けられたスイッチで画面デザインの切り替えが行える。
従来の機械式メーターに代わるデジタルメーター「Digital Cockpit Pro(デジタルコックピットプロ)」。ステアリングホイールに設けられたスイッチで画面デザインの切り替えが行える。拡大
ナッパレザー表皮が標準仕様となる「パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス」のシート。前席には、ヒーターとベンチレーションシステムが内蔵されている。
ナッパレザー表皮が標準仕様となる「パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス」のシート。前席には、ヒーターとベンチレーションシステムが内蔵されている。拡大
前席と同じく、肌触りのいいナッパレザーで覆われた「TSIエレガンス アドバンス」の後席。背もたれには40:20:40の分割可倒機構が組み込まれている。
前席と同じく、肌触りのいいナッパレザーで覆われた「TSIエレガンス アドバンス」の後席。背もたれには40:20:40の分割可倒機構が組み込まれている。拡大

とにかく広い

パサートシリーズでは、フロントにマクファーソンストラット式、リアに4リンク式のサスペンションを採用する。タイヤに関しては、パサートヴァリアントTSI エレガンス アドバンスでは245/45R18サイズを装着。このコンビネーションでは乗り心地は少し硬めだが、走りだしてしまえば十分快適で、高速走行時のフラット感もまずまずといったところだ。

ただ、このクラスであれば、さらに洗練された乗り心地を期待したくなるのも確かで、オプションでもいいので、ダンピングコントロールサスペンションの「DCC」が選べるようになるとうれしい。

ところで、パサートシリーズといえば、クラストップレベルの広い室内が自慢であるが、あらためてチェックしてみると、後席は無理なく足が組めるうえ、後方にルーフが伸びたヴァリアントならヘッドルームも余裕のひとこと。ラゲッジスペースも、後席を使用したままでも110cm強も奥行きが確保され、大人4人とたくさんの荷物を楽に飲み込んでしまうキャパシティーは見事というしかない。

フォルクワーゲンというと、どうしてもゴルフばかりに注目が集まるが、より広いスペースを求める人にはこのパサートヴァリアントは見逃せない存在。ゴルフに比べると地味だが、買ってよかったと思える一台なのである。

(文=生方 聡/写真=神村 聖/編集=櫻井健一)

「10ダブルスポーク」デザインの18インチアルミホイールを標準装備する「パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス」。試乗車には235/45R18サイズの「ピレリ・チントゥラートP7」タイヤが組み合わされていた。
「10ダブルスポーク」デザインの18インチアルミホイールを標準装備する「パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス」。試乗車には235/45R18サイズの「ピレリ・チントゥラートP7」タイヤが組み合わされていた。拡大
後席を使用する通常時の荷室容量は650リッター。床面にはサブトランクも備わる。荷室を覆うスライディングカバーに加え、キャビンと荷室を区切るラゲッジネットパーティションも標準装備されている。
後席を使用する通常時の荷室容量は650リッター。床面にはサブトランクも備わる。荷室を覆うスライディングカバーに加え、キャビンと荷室を区切るラゲッジネットパーティションも標準装備されている。拡大
後席の背もたれを前方に倒すと、荷室容量を最大1780リッターに拡大できる。荷室内には、背もたれをワンタッチで倒せるレバーも用意。足の動きで作動する「オートマチックテールゲート」も標準装備されている。
後席の背もたれを前方に倒すと、荷室容量を最大1780リッターに拡大できる。荷室内には、背もたれをワンタッチで倒せるレバーも用意。足の動きで作動する「オートマチックテールゲート」も標準装備されている。拡大
今回試乗した車両の外装色は「マンガングレーメタリック」と呼ばれるもの。これを含め「パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス」には、全5種類のボディーカラーが用意されている。
今回試乗した車両の外装色は「マンガングレーメタリック」と呼ばれるもの。これを含め「パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス」には、全5種類のボディーカラーが用意されている。拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4785×1830×1510mm
ホイールベース:2790mm
車重:1500kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:150PS(110kW)/5000-6000rpm
最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/1500-3500rpm
タイヤ:(前)235/45R18 94W/(後)235/45R18 94W(ピレリ・チントゥラートP7)
燃費:15.0km/リッター(WLTCモード)
価格:519万9000円/テスト車=523万2000円
オプション装備:なし ※以下、販売店オプション フロアマット<テキスタイル>(3万3000円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:605km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス
フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス拡大
 
フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。