アウディS3スポーツバック ファーストエディション(前編)

2021.09.02 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジしたアウディの高性能コンパクト「S3スポーツバック」の走りやいかに? 可変サスペンションを装備する「ファーストエディション」に試乗した谷口信輝が、乗り味の特徴について語る。

小さくてもアウディそのもの

われらが谷口信輝に今回試乗してもらうのは、「アウディA3」のスポーツバージョンであるS3。通常、SモデルはAモデルからやや遅れてデビューするものだが、日本市場に関して言えば今回はA3とS3は同じタイミングで発表され、同じタイミングで日本上陸を果たした。ちなみに、S3よりもさらにアグレッシブなスポーツモデルである「RS 3」も遠からずデビューするもようだ。

そんなS3の運転席に腰掛けた谷口が、目の前に広がる景色を見ながら、その印象を語り始めた。
「やっぱり、ひと目でアウディってわかりますよね。目の前に大きなタッチディスプレイがあって、まるでキッチンのIH調理器具みたいに全面黒いガラス張りになっていたりとか、ダッシュボードとかのデザインがやたらカクカクしていたりする点は、いつもどおりのアウディです。このシートのホールド感もそうだし、ステアリングスポークが細めで転舵したときにもメーターパネルが見やすいのも、そう。いま、シフトレバーを触ろうとしてステアリングコラムのあたりを探しちゃったのは僕が普段メルセデスに乗っているからだけれど、センターコンソール上に設けられたこの短いレバー式のシフトセレクターにも全然違和感を覚えません。シフトセレクターは、押しボタン式よりもこういうレバー式のほうが、やっぱり僕は好きです」

そこまで話し終えると谷口はエンジンを始動させ、いつもの箱根のワインディングロードに向けて走り始めた。
「いやあ、さすがのアウディですね。コーナリングの途中で、さらにぐっとステアリングを切っても、ちゃんとフロントがついてきてノーズの向きを変えてくれる。途中で切り増してフロントがついてきてくれないクルマが少なくないなか、アウディはステアリングを切ったら切ったぶんだけ曲がっていく。しかも、リアが破綻する気配がないんだから、本当にすごいですよね」

 
アウディS3スポーツバック ファーストエディション(前編)の画像拡大
 
アウディS3スポーツバック ファーストエディション(前編)の画像拡大
 
アウディS3スポーツバック ファーストエディション(前編)の画像拡大
 
アウディS3スポーツバック ファーストエディション(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3/S3 2021.4.21 画像・写真 アウディ ジャパンは2021年4月21日、「アウディA3シリーズ」をフルモデルチェンジし、東京・渋谷において実車を初披露した。会場に展示された導入記念の特別仕様車「A3ファーストエディション」と、「A3セダン」「S3スポーツバック」の姿を写真で紹介する。
  • ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.4 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。
  • 変化する新時代のカーライフを語る|サッシャ(ラジオDJ)×藤島知子(モータージャーナリスト) 2021.9.27 シェルドライブ検定・特別対談<AD> 半年前に電気自動車を購入したラジオDJのサッシャさんと、マニュアルトランスミッションのコンパクトカーに6年間乗り続けているモータージャーナリストの藤島知子さんが、変化を続ける新時代のカーライフを語り合った。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.13 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ゴルフヴァリアント」に試乗。ホイールベースの延長により拡大されたキャビンや荷室の仕上がりと、同じ48Vマイルドハイブリッド機構付き1リッター直3エンジンを搭載する、ハッチバック車との走りの違いを確かめた。
ホームへ戻る