清水草一が大胆予想! 新型「Z」に乗ってみたら……?

2021.09.06 デイリーコラム

あるだけで泣けてくる

北米でデビューした新型「Z」。そのデザインはシンプルかつ95%回顧的で、従来のZファンの心に刺さる。もうこのデザインだけで新型Zの勝利は間違いない。何に勝利するのかは不明だが、個人的には「勝利!」と叫びたい。

で、走りのほうはどうかというと、エンジンは3リッターV6ツインターボの最高出力405PSと発表された。「スカイライン400R」のエンジンだ。もうこの時点で大勝利である。

スカイライン400Rのエンジンは実に素晴らしい。本当のホントに素晴らしい。絶対性能も十分だが、官能性能が素晴らしい。精緻かつ野蛮なその回転フィールは、太った豚であるスカイラインよりも、新型Zにこそ断然ふさわしい。イメージ的には、死を賭けて身をよじるように走る悪魔のZ(マンガ『湾岸ミッドナイト』の登場車両)が、中年になって多少落ち着いた、みたいなところだ。

しかもトランスミッションがすごい。まず、6段MTがある。あるだけで涙が出る。7段でもよかったのにとは思うが6段でいいです。とにかくMTがあるのだ。カーマニアはこれだけで目頭が熱くなる。

ATは9段だ。なぜ9段? スカイライン400Rは7段だったのに……。9段もあったらどのギアに入ってるかわかりません! 9段なんてほとんど無段変速じゃん! という気がしないでもないが、そのぶん高速巡行では燃費もいいんだろうし、多いぶんには坊主丸もうけでウレシイ。今何速かワケわかんないまま、オッサンがゆったり流すのにちょうどいいし、サーキットを攻めればMTより速いだろう。特にヘタッピの場合。

2021年8月18日にアメリカ・ニューヨークで公開された新型「Z(日本名:フェアレディZ)」。2022年春には、かの地での販売がスタートする。
2021年8月18日にアメリカ・ニューヨークで公開された新型「Z(日本名:フェアレディZ)」。2022年春には、かの地での販売がスタートする。拡大
フロントには、3リッターV6ツインターボガソリンエンジン「VR30DDTT」が搭載される。公表されたスペックは、最高出力405PS、最大トルク475N・m。絶対性能としては十分だ。
フロントには、3リッターV6ツインターボガソリンエンジン「VR30DDTT」が搭載される。公表されたスペックは、最高出力405PS、最大トルク475N・m。絶対性能としては十分だ。拡大
グレードは「スポーツ」「パフォーマンス」の2種類。その両方に6段MTが設定される。ありがたや。
グレードは「スポーツ」「パフォーマンス」の2種類。その両方に6段MTが設定される。ありがたや。拡大
新型「Z」のインテリア。クラシックなスポーツカーのデザイン要素が生かされている。
新型「Z」のインテリア。クラシックなスポーツカーのデザイン要素が生かされている。拡大
日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型日産Z(日本名「フェアレディZ」) 2021.8.18 画像・写真 日産がアメリカで7代目となる新型「Z」(日本名「フェアレディZ」)を発表した。歴代のモデルをモチーフにしたという内外装の意匠が特徴で、エンジンには3リッターV6ターボを搭載。6段MT仕様も用意されるという。新型Zの詳細な姿を写真で紹介する。
  • 日産が7代目となる新型「フェアレディZ」を発表 日本仕様は2021年冬に発表を予定 2021.8.18 自動車ニュース 日産が7代目となる新型「フェアレディZ」の米国仕様を発表した。歴代モデルをオマージュした意匠のボディーに、最高出力405PSの3リッターV6ターボエンジンを搭載。9段ATに加えて6段MTも用意されるという。日本仕様は2021年冬に発表される予定だ。
  • 清水草一が大胆予想! 新型「Z」に乗ってみたら……? 2021.9.6 デイリーコラム 海外で発表されるやファンを沸かせた新型「日産Z(フェアレディZ)」だが、実際に乗れるのはまだまだ先。その走りについて、わかっている仕様・スペックから言えることは……。自動車ライター清水草一は、こう予想する!
  • 第214回:最高だぜ!! 田舎のフェラーリ 2021.8.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。フェラーリ乗りとして、新型「コルベット」には決して触れまいと決めていた。だが、新型コルベットのステアリングを握り夜の首都高に出撃すると、そこにはOHVの重低音サウンドと最高の快楽が待ち受けていた。
  • 新しい提案はどこに!? 新型「日産フェアレディZ」に次世代スポーツカーの資質を問う 2021.8.27 デイリーコラム いよいよ市販モデルが発表された新型「日産フェアレディZ」。3リッターV6ターボエンジンに6段MTの採用と、その中身はクルマ好きを大いに喜ばせるものだったが、同時に“物足りなさ”も感じられた。次世代のスポーツカーとして、新型Zに欠けているものとは?
ホームへ戻る