「メルセデス・ベンツGクラス」のEVバージョン登場

2021.09.06 自動車ニュース
コンセプトEQG
コンセプトEQG拡大

独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、新たな電気自動車(EV)のコンセプトカー「コンセプトEQG」を世界初披露した。

 
「メルセデス・ベンツGクラス」のEVバージョン登場の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツGクラス」のEVバージョン登場の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツGクラス」のEVバージョン登場の画像拡大
 
「メルセデス・ベンツGクラス」のEVバージョン登場の画像拡大

コンセプトEQGはメルセデス・ベンツのオフローダー「Gクラス」のEVバージョンを示唆するとされるモデルだ。Gクラスの特徴的な外観にメルセデスの「EQ」シリーズと同じデザイン要素が付与されており、コンセプトモデルながら市販型に近い姿であるという。

角ばったフォルムや丸いヘッドライト、フロントフードの端にレイアウトされたウインカーなどの特徴的な要素をGクラスから受け継ぎつつ、フロントグリルには「EQS」などと同様のブラックパネルタイプを採用。中央のスリーポインテッドスターを囲むように青いドットがレイアウトされる。同じくGクラスの特徴的な装備であるボディーまわりのモールは、LEDによってライトアップ。ボディー背面のスペアホイールカバーは角形に変更され、充電ケーブルなどを保管できるようにしている。

ラダーフレームシャシーとフロント:独立懸架式、リア:リジッド式の足まわりもGクラスを踏襲。リアアクスルはモーター駆動化に合わせて新規に開発されている。パワートレインの詳細は明らかにされていないが、全4個のモーターがそれぞれのホイール近くに搭載され、各輪を個別に制御。シフト可能な2段ギアボックスの採用も合わせて、“G”に要求されるオフロード性能を満たすという。

(webCG)

◆メルセデス・ベンツ・コンセプトEQGのもっと詳しい写真はこちら

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース