実は存亡の危機にある!? 検証・日本製リッターカーの過去未来

2021.09.13 デイリーコラム

いわば“始まり”のカテゴリー

誰が言い出したのかは知らないが、「リッターカー(Liter Car)」とは排気量1リッター(前後)のエンジンを搭載するコンパクトカーを指す和製英語である。使われ始めたのは1977年デビューの初代「ダイハツ・シャレード」がヒットして以降だと思うが、もちろんそれ以前から排気量1000ccのモデルは存在していた。筆者の見解によれば、戦後日本の小型乗用車はリッターカーから始まったと思うのだ。

日産は戦前から「ダットサン」ブランドで小型車を量産していたが、本格的な戦後型として1955年に登場したモデルが「ダットサン・セダン」(110型)。戦前型から基本設計を受け継ぐ直4サイドバルブ860ccエンジンを搭載した4ドアセダンだが、当時の主たる需要だった小型タクシー用としてヒットした。

それに対抗すべく、1957年にトヨタがリリースしたモデルが初代「トヨペット・コロナ」(ST10)。やはりサイドバルブながら1リッターの直4エンジンを積んだ4ドアセダンである。すると日産はカウンターとして110型のボディーにライセンス生産していた「オースチンA50」用をベースにしたOHVの1リッターエンジンを積んだ「ダットサン1000」(210型)を発売。ここにリッターカー市場が形成されたといえる。

1959年に210型はフルモデルチェンジ。それまでのトラックとの共用シャシーから乗用車専用設計となった初代「ダットサン・ブルーバード」(310型)となった。ブルーバードには210型から受け継いだ1リッターエンジンも載ったが、それはタクシー需要が中心で、この頃から増え始めた自家用向けでは新たに用意された1.2リッターエンジン搭載車が主流となっていく。

後を追うように翌1960年にはコロナも世代交代、先代の途中で換装されたOHVの1リッターエンジンを搭載した2代目(PT20型)となる。だが小型車規格(5ナンバー)の上限が1.5リッターから2リッターに変更され、上級の「クラウン」が1.5リッターから1.9リッターに拡大されたことを受けて、1961年に「コロナ1500」が追加されると、セールスの主力はそちらにシフト。形成されつつあったファミリーカー市場の中心的存在だったブルーバードとコロナがそろって上級移行したことで、リッターカーの存在は希薄になっていった。

1957年「トヨペット・コロナ」。「早くダットサンへの対抗モデルを」という販売サイドの要望から、上級の「クラウン」や「マスター」(タクシー専用車)のコンポーネンツを多く流用して急造された。トヨタ車としては初めてモノコックを採用したボディーに最高出力33PSの1リッター直4サイドバルブエンジンを搭載。2年後に同45PSを発生するOHVエンジンに換装された。
1957年「トヨペット・コロナ」。「早くダットサンへの対抗モデルを」という販売サイドの要望から、上級の「クラウン」や「マスター」(タクシー専用車)のコンポーネンツを多く流用して急造された。トヨタ車としては初めてモノコックを採用したボディーに最高出力33PSの1リッター直4サイドバルブエンジンを搭載。2年後に同45PSを発生するOHVエンジンに換装された。拡大
1957年「ダットサン1000」。ライセンス生産していた「オースチンA50」用の1.5リッター直4 OHVエンジンのストロークを縮めて1リッターとしたエンジンを搭載。その性能と耐久性は翌1958年に参戦した豪州一周ラリーのクラス優勝で実証された。
1957年「ダットサン1000」。ライセンス生産していた「オースチンA50」用の1.5リッター直4 OHVエンジンのストロークを縮めて1リッターとしたエンジンを搭載。その性能と耐久性は翌1958年に参戦した豪州一周ラリーのクラス優勝で実証された。拡大
1959年「ダットサン・ブルーバード」。日産オリジナル車両としては初めて前輪独立懸架を持つ乗用車専用シャシーを採用したベストセラー。写真は「1200デラックス」で、1000はもっぱらタクシー用の「スタンダード」のみとなった。
1959年「ダットサン・ブルーバード」。日産オリジナル車両としては初めて前輪独立懸架を持つ乗用車専用シャシーを採用したベストセラー。写真は「1200デラックス」で、1000はもっぱらタクシー用の「スタンダード」のみとなった。拡大
1960年「トヨペット・コロナ」。いわば急造品だった先代に対し、スマートなボディーを持つ2代目。当初は先代から受け継いだ1リッター直4 OHVエンジンを積んでいたが、1961年に1500を追加。セールスではブルーバードの後塵(こうじん)を拝した。
1960年「トヨペット・コロナ」。いわば急造品だった先代に対し、スマートなボディーを持つ2代目。当初は先代から受け継いだ1リッター直4 OHVエンジンを積んでいたが、1961年に1500を追加。セールスではブルーバードの後塵(こうじん)を拝した。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事