クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)

しみじみ惚れ惚れ 2021.09.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?

端正さが際立つ

生産台数の少なさゆえに知る人ぞ知るといった立ち位置のアルピナだが、最近は従来よりも広く認知されているように思う。アルピナに注目が集まっているのは、いつも引き合いに出される本家BMWの「M」が明らかにアグレッシブなデザインを導入していることと関係があるのかもしれない。

高性能であることは言うまでもないが、アルピナは相変わらず端正で上品で控えめであることを旨としており、自己主張が強すぎるのはちょっと、と考えるクルマ好きをより引きつけているのではないかと推察するのだ。昨年(2020年)初めてエントリーした日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)で新型「B3」がパフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した効果かもしれない。ちなみにCOTYには年間500台程度の販売台数という制限があったのだが、いつの間にか撤廃されたことでアルピナもエントリーできるようになったという。

何度も繰り返してきたが、アルピナの年間生産台数は以前から最高でも1700台程度(そのうち日本向けはおよそ2割)、Mとは生産台数が二桁違う。その中から新型や人気車種に生産能力を振り分けるから、他の量産メーカーのように注文すればいつでも買えるというわけではない。いわばつるしの定番商品ではなく生地からオーダーするスーツのようなものだ。

2020年に発売された新しいD3 Sは現行G20型/21型「3シリーズ」の「セダン」と「ツーリング」をベースにしたアルピナのディーゼルモデルで、2021年初めにデリバリーが始まった。今回試乗した車両はステーションワゴン版のツーリングである。

「BMW 3シリーズ セダン(G20)/ツーリング(G21)」をベースに開発された「BMWアルピナD3 S」。国内では2021年2月にデリバリーが開始された。
「BMW 3シリーズ セダン(G20)/ツーリング(G21)」をベースに開発された「BMWアルピナD3 S」。国内では2021年2月にデリバリーが開始された。拡大
「D3 S」には、今回試乗したステーションワゴンの「ツーリング」と、セダンの「リムジン」が設定されている。D3 Sツーリングの車両本体価格は、リムジンの39万円アップとなる1117万円。
「D3 S」には、今回試乗したステーションワゴンの「ツーリング」と、セダンの「リムジン」が設定されている。D3 Sツーリングの車両本体価格は、リムジンの39万円アップとなる1117万円。拡大
ベース車両から、アルピナ固有のものへと書き換えられたエンジンルームのシャシーナンバー。公式登録された、自動車メーカーの製造車両であることを証明している。
ベース車両から、アルピナ固有のものへと書き換えられたエンジンルームのシャシーナンバー。公式登録された、自動車メーカーの製造車両であることを証明している。拡大
「D3 Sツーリング」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4720×1825×1470mm、ホイールベースは2850mm。車重は1940kgと発表されている。
「D3 Sツーリング」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4720×1825×1470mm、ホイールベースは2850mm。車重は1940kgと発表されている。拡大

タフに仕立て直した直6ディーゼルターボ

本家BMWの日本仕様では、B57型直6ディーゼルターボは「X5」以上の大型SUVや「Mパフォーマンス」モデルにしか設定されておらず、通常の3シリーズや「5シリーズ」で6気筒のディーゼルターボが選べるのはアルピナだけ。しかも新型はアルピナとしては初めて48V駆動のBSG(ベルトスタータージェネレーター)を備えたマイルドハイブリッド仕様となった。

いわゆる新世代ディーゼルは4気筒でも十分パワフルでスムーズであることはご存じの通りだが、最新型直6ディーゼルの滑らかさと力強さはまた別格であり、初めて乗る人ならディーゼルとはまず気づかないはずだ。例によって吸気系や冷却系などにアルピナ独自の手が加えられた(それでもガソリンターボエンジンほどではないというが)直6ディーゼルツインターボは、最高出力355PS(261kW)/4000-4200rpm、最大トルク730N・m(74.4kgf・m)/1750-2750rpmを発生する。

最大トルクはガソリンツインターボのB3よりも強力だから、ボディーのどこにも表記はないものの当然アルラット(4WD)だ。0-100km/h加速は4.8秒(セダンは4.6秒)、これまた例によって巡航最高速度と公表されるトップスピードは270km/h(同273km/h)と発表されている。さらにスペックシートには「20インチのクラシックホイールを装着の場合3km/h低下します」という細かく律義なただし書きが加えられている。

ビールのグラスに容量の目盛りを刻むほど万事に細かいドイツ本国では、本当に最高速ですっ飛んでいく、そしてわずかでも公称値に届かないと不平を言う、うるさいカスタマーがいるのだろう。それに応えるためには瞬間風速の最高速ではなく、そのスピードを何時間でも維持できるように冷却系も潤滑系もタフに仕立てなければならない。アルピナが独自にエンジンを組み直すのにはそういう背景がある。

「ALLRAD(アルラット)」と呼ばれる4WDシステムを採用する「D3 Sツーリング」。独自に調整されたバンプストッパーやスタビライザー、アイバッハ製スプリングなどにより、シャシーが強化されている。
「ALLRAD(アルラット)」と呼ばれる4WDシステムを採用する「D3 Sツーリング」。独自に調整されたバンプストッパーやスタビライザー、アイバッハ製スプリングなどにより、シャシーが強化されている。拡大
2基のターボチャージャーが備わるB57型3リッター直6ディーゼルエンジンは、最高出力355PS、最大トルク730N・mを発生。最高出力11PSの48Vマイルドハイブリッドシステムも組み込まれている。
2基のターボチャージャーが備わるB57型3リッター直6ディーゼルエンジンは、最高出力355PS、最大トルク730N・mを発生。最高出力11PSの48Vマイルドハイブリッドシステムも組み込まれている。拡大
ブランドの伝統を受け継ぐデコレーションストライプ「アルピナデコセット」は標準装備となるアイテムで、ゴールドとシルバー(写真)の2色から選択できる。今回の試乗車は、オプションの外装色「サンセットオレンジ」(18万円)をまとっていた。
ブランドの伝統を受け継ぐデコレーションストライプ「アルピナデコセット」は標準装備となるアイテムで、ゴールドとシルバー(写真)の2色から選択できる。今回の試乗車は、オプションの外装色「サンセットオレンジ」(18万円)をまとっていた。拡大
「アルピナスポーツエキゾーストシステム」の左右振り分け4本出しテールパイプフィニッシャー。アルピナの流儀で、リアエプロン内にきっちりと組み込まれている。
「アルピナスポーツエキゾーストシステム」の左右振り分け4本出しテールパイプフィニッシャー。アルピナの流儀で、リアエプロン内にきっちりと組み込まれている。拡大

すべて昔ながらというわけではない

従来通り外観は控えめだが(今後フロントグリルはどうするのだろう?)、さすがのアルピナも時代の変化に対応したというべきか、これまでとは違う点がいくつかある。

最新の3シリーズ同様、フルデジタルメーターが採用されているのはもちろんだが、それに加えてステアリングホイールの握りが太い。ブルーとグリーンのアルピナカラーでステッチが入っているのだから、「Mスポーツステアリングホイール」そのままではないはずだが、リムの太さはMと同じでまるでソーセージのようだ。

ちょっとアルピナらしくないと残念に感じたが、このD3 Sにも装備されている最新のADAS用センサーなどの都合で仕方ないらしい(それでもできるだけきつく巻き直してあるという)。この太いリムに合わせてということか、標準仕様であるボタン式マニュアルシフト付き8段「スイッチトロニック」に加え、新型ではオプションでシフトパドル仕様も選べるようになった。

シートは本来アルカンターラとセンサテック(合皮)の組み合わせが標準。例によってシリアルナンバー入りのプレートが付くが、ボディーの内外装のどこにも「BITURBO(ビターボ)」や「ALLRAD(アルラット)」の文字は見当たらない。

「ALPINA」のロゴが入るフロントスポイラー。かつてのものに比べて控えめなデザインになったが、アルピナの創業初期から続く伝統のアイコンである。
「ALPINA」のロゴが入るフロントスポイラー。かつてのものに比べて控えめなデザインになったが、アルピナの創業初期から続く伝統のアイコンである。拡大
「スイッチトロニック」の操作ボタンやヒーター機能が組み込まれた「アルピナスポーツレザーステアリング」が目を引くコックピット。センターコンソールには、製造番号が記されたプロダクションプレートが備わる。
「スイッチトロニック」の操作ボタンやヒーター機能が組み込まれた「アルピナスポーツレザーステアリング」が目を引くコックピット。センターコンソールには、製造番号が記されたプロダクションプレートが備わる。拡大
ヴァーネスカレザーのフロントシートは「アルピナラグジュアリーパッケージ」に含まれるオプションアイテム。アルピナのメタルエンブレムが、背もたれの上部に装着されている。
ヴァーネスカレザーのフロントシートは「アルピナラグジュアリーパッケージ」に含まれるオプションアイテム。アルピナのメタルエンブレムが、背もたれの上部に装着されている。拡大
前席と同じく、上質なヴァーネスカレザーで仕立てられた試乗車の後席には、オプションのリアシートヒーティング(6万円)が組み込まれていた。
前席と同じく、上質なヴァーネスカレザーで仕立てられた試乗車の後席には、オプションのリアシートヒーティング(6万円)が組み込まれていた。拡大

走る人ほどわかる

さらにアルピナの変化をうかがわせるのがタイヤ&ホイールだ。アルピナに興味がある人はすぐに目を留めたはずだが、新型D3 Sにはセンターキャップ付きの鍛造「クラシックホイール」が装着されている。繊細な20本スポークデザインが特徴のアルピナクラシックホイールはもともとアルミ鋳造タイプで、センターキャップの内側にエアバルブが設けられており(スポーク部が中空構造)、リム部分には何もない簡潔で繊細なデザインが特徴だった。

鍛造になってスタッドが露出しているデザインになったはずなのだが、昔ながらの落ち着いたデザインを好む声も多かったのか、あるいは盗難防止を考えたためか、センターキャップ付きも用意されたという。

実はこの20インチホイール&タイヤはオプション(46万円)で、標準装備は星型スポークの19インチダイナミックホイールとなる。以前はタイヤとホイールは一本化されており、それに合わせ込んだ足まわりを仕立てるのがアルピナの流儀だった。新型はどちらのサイズでもタイヤは専用開発の「ピレリPゼロ」だが、従来に比べれば乗り心地も明らかにより引き締まっている。

とはいえもちろんMほどではなく、当たりは滑らかで洗練されている。どんな場面でもパワートレインのきめ細やかなスムーズさとたくましさは文句なしだが、特に高速道路でのクルージングは極上である。日常的に長距離を走る人ほど、アルピナD3 Sの上質な高性能にしみじみ感じ入るはずである。

(文=高平高輝/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

今回の試乗車では、オプションの「アルピナクラシック20インチホイール」に前255/30ZR20、後ろ265/30ZR20サイズの「ピレリPゼロ」タイヤが組み合わされていた。標準仕様のホイールは、19インチサイズとなる。
今回の試乗車では、オプションの「アルピナクラシック20インチホイール」に前255/30ZR20、後ろ265/30ZR20サイズの「ピレリPゼロ」タイヤが組み合わされていた。標準仕様のホイールは、19インチサイズとなる。拡大
ダッシュボードやセンターコンソール部のパネルは、ピアノブラックの「アルピナインテリアトリム」と呼ばれる専用アイテム。ダッシュボードパネルには、小さなメタルエンブレムも貼られている。
ダッシュボードやセンターコンソール部のパネルは、ピアノブラックの「アルピナインテリアトリム」と呼ばれる専用アイテム。ダッシュボードパネルには、小さなメタルエンブレムも貼られている。拡大
後席使用時の荷室容量は550リッター(写真)。後席の背もたれをすべて前方に倒すと、最大1600リッターに拡大できる。「D3 Sツーリング」には、足の動きで作動する「オートマチックテールゲートオペレーション」が標準装備されている。
後席使用時の荷室容量は550リッター(写真)。後席の背もたれをすべて前方に倒すと、最大1600リッターに拡大できる。「D3 Sツーリング」には、足の動きで作動する「オートマチックテールゲートオペレーション」が標準装備されている。拡大
「D3 Sツーリング」の標準仕様車は0-100km/h加速タイムが4.8秒、最高巡航速度が270km/hとアナウンスされている。20インチホイールを装着した場合は、最高巡航速度が3km/h低下するという。
「D3 Sツーリング」の標準仕様車は0-100km/h加速タイムが4.8秒、最高巡航速度が270km/hとアナウンスされている。20インチホイールを装着した場合は、最高巡航速度が3km/h低下するという。拡大

テスト車のデータ

BMWアルピナD3 Sツーリング

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4720×1825×1470mm
ホイールベース:2850mm
車重:1940kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ツインターボ
トランスミッション:8段AT
エンジン最高出力:355PS(261kW)/4000-4200rpm
エンジン最大トルク:730N・m(74.4kgf・m)/1750-2750rpm
モーター最高出力:11PS(8kW)/--rpm
タイヤ:(前)255/30ZR20 92Y/(後)265/30ZR20 94Y(ピレリPゼロ)
燃費:13.0km/リッター(WLTCモード)
価格:1117万円/テスト車=1329万5000円
オプション装備:ボディーカラー<BMWメタリックペイント サンセットオレンジ>(18万円)/パノラマガラスサンルーフ(20万6000円)/サンプロテクションガラス<リアドアウィンドウ、リアウィンドウ>(9万円)/ガルバニックフィニッシュ(2万2000円)/ランバーサポート<運転席&助手席、電動式>(3万5000円)/リアシートヒーティング(6万円)/地上デジタルTVチューナー<12セグ/ワンセグ自動切り替え>(13万6000円)/アルピナセーフティーパッケージ<アクティブプロテクション、ドライビングアシストプロフェッショナル、BMWレーザーライト、パーキングアシストプラス、ヘッドアップディスプレイ>(59万8000円)/アルピナラグジュアリーパッケージ<ヴァーネスカレザーインテリア、アルピナクラシック20インチホイール&タイヤセット[鍛造]、アコースティックガラス、レーザーフィニッシュダッシュボード、harman/kardonサラウンドサウンドシステム>(79万8000円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:5482km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:260.2km
使用燃料:21.92リッター(軽油)
参考燃費:11.9m/リッター(満タン法)/12.7km/リッター(車載燃費計計測値)

BMWアルピナD3 Sツーリング
BMWアルピナD3 Sツーリング拡大
 
BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMWアルピナ D3 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。