トヨタの新型SUV「カローラ クロス」デビュー リーズナブルな都会派モデル

2021.09.14 自動車ニュース
トヨタ・カローラ クロス
トヨタ・カローラ クロス拡大

トヨタ自動車は2021年9月14日、新型SUV「トヨタ・カローラ クロス」を発表。同日、販売を開始した。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4490×1825×1620mm。「カローラ」シリーズの一員ではあるが、幅は1800mmを超える。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4490×1825×1620mm。「カローラ」シリーズの一員ではあるが、幅は1800mmを超える。拡大
パワーユニットはガソリンエンジンのほか、ハイブリッドも選択できる。後者には4WD車もラインナップされる。
パワーユニットはガソリンエンジンのほか、ハイブリッドも選択できる。後者には4WD車もラインナップされる。拡大
インテリアは、インストゥルメントパネルからドアのインナーパネルへと続く水平ラインで空間的な広さを演出。
インテリアは、インストゥルメントパネルからドアのインナーパネルへと続く水平ラインで空間的な広さを演出。拡大
最廉価グレードを除き、シートはスポーティーなものが装着される。表皮はグレードにより本革×ファブリックのコンビ、またはファブリックとなっている。
最廉価グレードを除き、シートはスポーティーなものが装着される。表皮はグレードにより本革×ファブリックのコンビ、またはファブリックとなっている。拡大

“堂々”“洗練”のカローラ

カローラ クロスは、50年以上の歴史を持つカローラシリーズで初となるSUVタイプのニューモデル。「新空間 新感覚 COROLLA」が開発コンセプトに掲げられており、「SUVならではの広い室内空間や高いユーティリティーに加え、力強い走りと低燃費を両立させた」とうたわれる。

エクステリアのデザインコンセプトは「アーバン・アクティブ」。SUVらしいダイナミックさや都会的な洗練が追求されている。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4490×1825×1620mmと、カローラシリーズのなかでは唯一の全福1800mmオーバー。ホイールベースはカローラシリーズの他モデルと同じ2640mmとなっている。

インテリアは、インストゥルメントパネルからドアトリムにかけて連続性のあるデザインで空間の広がりを強調。室内照明をすべてLED化するなどしてカジュアルな雰囲気を演出する一方で、前席にスリムな背面部と高いホールド性を両立したスポーティーシートを採用(最廉価グレードを除く)するなど、上質感が追求されている。

荷室容量は5人乗車時で487リッター(仕様・装備により異なる)。荷室開口部の下端は地面から720mmmと低めに設定されており、つま先をバンパー下に出し入れするだけでバックドアの開閉ができる機能も一部グレードに用意される。さらに、カローラ クロス専用設計の「ラゲージアクティブボックス」を使うと、荷物を車外から見えない状態で収納することができ、より多彩な荷室アレンジが可能になる。

電動サンシェード付きのパノラマルーフや、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)および非常時給電モード(一部グレードにオプション設定)もセリングポイントのひとつとなっている。

積載能力の高さもセリングポイントのひとつ。写真のように、ロードバイクも積み込める。
積載能力の高さもセリングポイントのひとつ。写真のように、ロードバイクも積み込める。拡大
海外でも展開される「カローラ クロス」だが、「パノラマルーフ」は国内仕様車だけに用意される。
海外でも展開される「カローラ クロス」だが、「パノラマルーフ」は国内仕様車だけに用意される。拡大
「S」「Z」といった一部グレードには鮮やかなオプティトロンメーターが装着される。
「S」「Z」といった一部グレードには鮮やかなオプティトロンメーターが装着される。拡大
スマートフォンのワイヤレスチャージ機能「おくだけ充電」は、最上級グレード「Z」のみで選べるオプション。価格は1万3200円。
スマートフォンのワイヤレスチャージ機能「おくだけ充電」は、最上級グレード「Z」のみで選べるオプション。価格は1万3200円。拡大
ボディーカラーが「セメントグレーメタリック」のモデル。写真のグレードはハイブリッド車の「Z」。
ボディーカラーが「セメントグレーメタリック」のモデル。写真のグレードはハイブリッド車の「Z」。拡大

4WD車はハイブリッド限定

パワーユニットは、1.8リッター直4ガソリンエンジン(最高出力140PS、最大トルク170N・m)と、同じ1.8リッターエンジンをベースとするハイブリッドの2タイプ。ハイブリッド車はエンジン単体のアウトプットが同98PS、同142N・mに抑えられるものの、フロントモーター(同72PS、同163N・m)のアシストが加わる。ガソリンエンジン車の駆動方式はFF限定ながら、ハイブリッドには独立式リアモーター(同7.2PS、同55N・m)で後輪を駆動する4WD車が設定されている。燃費(WLTCモード)はガソリン車が14.4km/リッターで、ハイブリッド車は26.2km/リッターである。

プラットフォームはほかのカローラシリーズと同様、“クルマづくりの構造改革”TNGAに基づく「GA-Cプラットフォーム」が採用されているが、同プラットフォームで初めて、リアにトーションビーム式サスペンションが採用されている(FF車。4WD車のリアサスペンションはダブルウイッシュボーン式)。フロントはマクファーソンストラット式だ。

運転支援システムについては「Toyota Safety Sense」を全車標準装備。先日発売された「アクア」や「ランドクルーザー」の新型とは異なり、交差点での対向直進車の検知等には対応していないものの、自転車(昼間)や歩行者(昼夜)も検知可能なプリクラッシュセーフティーと、オートマチックハイビーム、ロードサインアシストなどが備わる。パーキングサポートブレーキとバックガイドモニターも、最廉価グレードを除き装着される。

カローラ クロスのラインナップと価格は以下の通り。ボディーカラーはイメージカラーの「ダークブルーマイカメタリック」を含む全8色が用意される。

【ガソリンエンジン車】

  • G“X”(FF/CVT):199万9000円
  • G(FF/CVT):224万円
  • S(FF/CVT):240万円
  • Z(FF/CVT):264万円

【ハイブリッド車】

  • G(FF/CVT):259万円
  • G(4WD/CVT):279万9000円
  • S(FF/CVT):275万円
  • S(4WD/CVT):295万9000円
  • Z(FF/CVT):299万円
  • Z(4WD/CVT):319万9000円

(webCG)

トヨタ・カローラ クロスのフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
カローラ クロス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ クロス 2021.9.14 画像・写真 2021年9月14日に発売された「トヨタ・カローラ クロス」は、カローラ史上初のとなるSUVタイプのニューモデル。ダイナミックさや都会的な洗練が追求された外観や、質感にこだわったという車内のディテールを写真で紹介する。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • ポルシェ・タイカン(RWD)【試乗記】 2021.10.11 試乗記 ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」に、後輪駆動のエントリーモデルが登場。「4S」や「ターボ」といったバッジの付かない“素”のタイカンは、いかにもポルシェらしい、飾り気のない上質なスポーツカーに仕上がっていた。
ホームへ戻る