クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ライバルとの競争が生んだニューフェイス 「ワゴンRスマイル」の投入に見るスズキの狙い

2021.09.17 デイリーコラム

とにかくスライドドアが欲しい!

「スズキ・ワゴンRスマイル」は全高が1695mmの軽乗用車だが、後席側のドアをスライド式にした。今のスライドドアを備える軽乗用車は、大半が全高1700mm以上となっている。1700mmを下回るのは1655mmの「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」だけで、そのライバル車としてワゴンRスマイルが加わった。

販売店は「以前から、スズキにはムーヴ キャンバスみたいなクルマはないのか? と尋ねられることがあった」という。またワゴンRスマイルの開発者は「『ワゴンR』のお客さまの40%が、スライドドアを希望していた」という。

スズキにはスライドドアを備える軽自動車として、「スペーシア」と軽商用車ベースの「エブリイワゴン」があった。スペーシアの売れ行きは、「ホンダN-BOX」に続いて軽自動車の2位だが、全高は1700mmを超えてスーパーハイトワゴンになる。スーパーハイトワゴンはN-BOXを含めて人気のカテゴリーだが、すべてのユーザーが背の高いボディーを求めるわけではない。「スライドドアは欲しいが、全高は1700mm以下で十分」という意見もある。

このニーズはメーカーを問わず共通しており、まずはムーヴ キャンバスが開発された。2016年に登場して以来、人気の商品になっている。今でもムーヴシリーズの販売総数の約60%はキャンバスが占めており、1カ月で5000~6000台が届け出されている。同様のニーズに基づいて、全高が1700mm以下でスライドドアを備えるワゴンRスマイルが2021年9月に発売された格好だ。

2021年9月に発売された「スズキ・ワゴンRスマイル」。「ワゴンR」と「スペーシア」の間に位置する、新しい軽ハイトワゴンだ。
2021年9月に発売された「スズキ・ワゴンRスマイル」。「ワゴンR」と「スペーシア」の間に位置する、新しい軽ハイトワゴンだ。拡大
「ワゴンRスマイル」とスズキの鈴木俊宏社長。同車はスズキにとって、久々の新型車となる。
「ワゴンRスマイル」とスズキの鈴木俊宏社長。同車はスズキにとって、久々の新型車となる。拡大
「ワゴンRスマイル」の“キラーコンテンツ”であるリアスライドドア。
「ワゴンRスマイル」の“キラーコンテンツ”であるリアスライドドア。拡大
強力なライバルである「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」。
強力なライバルである「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」。拡大

若いユーザーにとっては必須の装備

「スライドドアはそこまで魅力的か?」と思う人もいるだろうが、今の30歳以下の層では、スライドドアが“クルマの基本形”になっている人も多い。「日産セレナ」や「ホンダ・ステップワゴン」など、スライドドアを備えるミニバンが1990年代の中盤以降に売れ行きを急増させ、幼い頃からスライドドアに親しんで育ったからだ。スライドドアには「開閉時にドアパネルが外側へ張り出さず、狭い場所でも使いやすい」「電動開閉機能を装着すれば子供を抱えた状態でも乗り降りしやすい」といったメリットがあるが、それ以前に、彼らにとってはスライドドアが当たり前の装備になっているのだ。

そうなると、軽乗用車でもスライドドアを装備するのがスーパーハイトワゴンだけでは物足りない。スライドドアにはレールも必要で、全高が1600mm以下だと開口部が狭まって使い勝手が悪化するが、1650~1700mmなら商品として成立する。

このニーズは、スライドドアで育った若年層を前提にするので、今後さらに強まるだろう。つまり、ワゴンRスマイルは売れ行きを伸ばせる。目標販売台数は1カ月あたり5000台で、既存のワゴンRの2021年1月~8月における販売台数は1カ月当たり約4800台だ。この数字からもスズキの強気な姿勢がうかがえるが、同時にスマイルの追加により、ワゴンRの販売を大幅に上乗せする狙いも見て取れる。

もちろん背景には、スズキとダイハツの軽自動車販売合戦があるのだろう。2021年1月~8月の軽自動車販売累計台数は、スズキが35万9842台、ダイハツは38万1587台だ。その差は約2万2000台だから、ワゴンRスマイルの売れ行き次第では、2021年度(2021年4月から2022年3月)の軽自動車販売1位はスズキになるかもしれない。このようにワゴンRスマイルの商品化には、さまざまな狙いがあるのだ。

1996年に登場した初代「ホンダ・ステップワゴン」。競合他車とは一線を画す乗用車用のプラットフォームをベースにしたミニバンで、このジャンルの草分けとなった。
1996年に登場した初代「ホンダ・ステップワゴン」。競合他車とは一線を画す乗用車用のプラットフォームをベースにしたミニバンで、このジャンルの草分けとなった。拡大
狭い場所でも開閉できることを筆頭に、さまざまな特長を持つスライドドアだが、それ以前に“ミニバン世代”の若いユーザーにとっては、このカタチこそがクルマの基本形なのだ。
狭い場所でも開閉できることを筆頭に、さまざまな特長を持つスライドドアだが、それ以前に“ミニバン世代”の若いユーザーにとっては、このカタチこそがクルマの基本形なのだ。拡大
「ワゴンRスマイル」の月販計画台数は5000台。これは、2021年における本家「ワゴンR」(「スティングレー」を含む)の平均月販台数を超える台数だ。
「ワゴンRスマイル」の月販計画台数は5000台。これは、2021年における本家「ワゴンR」(「スティングレー」を含む)の平均月販台数を超える台数だ。拡大
「ワゴンRスマイル」の投入によって「ワゴンR」シリーズの大幅販売増をもくろむスズキ。もちろんその先には、軽自動車の販売No.1という目標がある。
「ワゴンRスマイル」の投入によって「ワゴンR」シリーズの大幅販売増をもくろむスズキ。もちろんその先には、軽自動車の販売No.1という目標がある。拡大

なんでもつくれば売れるわけではない

ただし、スライドドアを装着すればなんでも売れるわけではない。2代目「三菱ekワゴン/ekスポーツ」は左後部のドアを電動スライド式にするグレードも用意したが、全高と機能が中途半端で低迷した。全高が1800mmを超える「ダイハツ・ウェイク」も「車内の広さは『タント』で十分」と判断されて伸び悩む。逆に、「ホンダN-BOXスラッシュ」「ダイハツ・タントエグゼ」のように、スーパーハイトワゴンからスライドドアを省いた派生型も売れなかった。

結局のところ堅調に販売できる商品のパターンは限られており、「ホンダN-BOX」「スズキ・スペーシア」「ダイハツ・タント」「日産ルークス/三菱eKスペース」「スズキ・ワゴンRスマイル」「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」はそれぞれ似通っている。

そうしたなかでも、各社は違いを出そうと工夫を凝らしており、それが機能性の違いを生んでいる。そこでワゴンRスマイルとムーヴ キャンバスの違いにも触れておきたい。

ムーヴ キャンバスは、後席の下に引き出し状の収納設備を備えている。引き出した状態で中敷きを持ち上げるとバスケット状になり、この部分に買い物袋を収めると、走行中に倒れにくい。この機能の特徴は電動スライドドアとの親和性が高いことだ。買い物を終えて駐車場の車両に近づいたら、右側のスライドドアを電動で開く。バスケット部分に荷物を置いたら、電動スライドドアを閉めながら運転席に乗り込む。このスムーズな導線がムーヴ キャンバスの特徴だ。

2006年に登場した2代目「三菱eK」シリーズ。4枚ともにヒンジドアの仕様に加え、左リアのみスライドドアとした仕様も設定された。
2006年に登場した2代目「三菱eK」シリーズ。4枚ともにヒンジドアの仕様に加え、左リアのみスライドドアとした仕様も設定された。拡大
自動車の商品開発は試行錯誤の連続。人気車種「ホンダN-BOX」の派生車種「N-BOXスラッシュ」(左上)は1代限りで終わったし、1835mm(!)という全高が特徴の「ダイハツ・ウェイク」(右下)も、販売は振るわないようだ。
自動車の商品開発は試行錯誤の連続。人気車種「ホンダN-BOX」の派生車種「N-BOXスラッシュ」(左上)は1代限りで終わったし、1835mm(!)という全高が特徴の「ダイハツ・ウェイク」(右下)も、販売は振るわないようだ。拡大
同じジャンルに属する軽乗用車でも、モデルによって機能性は大きく異なる。写真は「ムーヴ キャンバス」に備わるリアシートの「置きラクボックス」。
同じジャンルに属する軽乗用車でも、モデルによって機能性は大きく異なる。写真は「ムーヴ キャンバス」に備わるリアシートの「置きラクボックス」。拡大

機能の差に見るスズキとダイハツの違い

その代わり、シート下に収納設備があるから、後席を小さく畳むことはできない。後席の背もたれを倒しても、拡張された荷室の床には段差と傾斜ができる。後席の収納設備やバスケットが不要なユーザーにとっては「考えすぎ」の機能になる。

その点で、ワゴンRスマイルは機能が単純だ。シートアレンジはワゴンRやスペーシアと共通で、背もたれを前側に倒すと、座面も連動して下がる。平らで広い床面を得ることが可能なのだ。スペーシアの機能性を1700mm以下の車高に収めた格好で、特別なセリングポイントはないが、後席および荷室のアレンジは、ワゴンRやスペーシアと同様に扱いやすい。

ここには、スズキとダイハツの“背の高い軽自動車”の車種数も関係している。ダイハツには「キャスト スタイル」やウェイクもあり、とにかく背の高い軽自動車が豊富だ。ダイハツ車同士の競争を避ける目的もあり、以前から車種ごとの特徴を明確にしている。

その点でスズキは、ダイハツほど車種の数が多くない。前輪駆動で背の高い軽乗用車は、以前はワゴンR、スペーシア、「ハスラー」のみだった。そのためにシートアレンジは実用重視で共通化され、ルーフの高さやデザインで特徴を表現している。以上のようにワゴンRスマイルとムーヴ キャンバスの違いには、両社の販売合戦まで含めて、メーカーのいろいろな事情が絡んでいるのだ。

(文=渡辺陽一郎/写真=スズキ、ダイハツ工業、日産自動車、本田技研工業、三菱自動車、webCG/編集=堀田剛資)

座席下に収納がある関係で「ムーヴ キャンバス」は後席をフラットに格納することができない。(写真:峰 昌宏)
座席下に収納がある関係で「ムーヴ キャンバス」は後席をフラットに格納することができない。(写真:峰 昌宏)拡大
こちらは「ワゴンRスマイル」の後席を格納した様子。床面のフラットな積載スペースが得られる。
こちらは「ワゴンRスマイル」の後席を格納した様子。床面のフラットな積載スペースが得られる。拡大
後席の左右独立スライド&リクライニング機構や、助手席背もたれの可倒機構など、「ワゴンRスマイル」のシートアレンジは「ワゴンR」や「スペーシア」と基本的に共通である。
後席の左右独立スライド&リクライニング機構や、助手席背もたれの可倒機構など、「ワゴンRスマイル」のシートアレンジは「ワゴンR」や「スペーシア」と基本的に共通である。拡大
若いユーザーへの訴求に、ライバルに対する逆転の一手……と、「ワゴンRスマイル」はスズキのさまざまな思惑が込められたクルマなのだ。
若いユーザーへの訴求に、ライバルに対する逆転の一手……と、「ワゴンRスマイル」はスズキのさまざまな思惑が込められたクルマなのだ。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スズキ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。