ジープのピックアップトラック「グラディエーター」が2021年冬に上陸

2021.09.15 自動車ニュース
ジープ・グラディエーター
ジープ・グラディエーター拡大

FCAジャパンは2021年9月15日、ジープブランドのピックアップトラック「グラディエーター」を同年冬に国内導入すると発表した。

 
ジープのピックアップトラック「グラディエーター」が2021年冬に上陸の画像拡大
 
ジープのピックアップトラック「グラディエーター」が2021年冬に上陸の画像拡大
 
ジープのピックアップトラック「グラディエーター」が2021年冬に上陸の画像拡大
 
ジープのピックアップトラック「グラディエーター」が2021年冬に上陸の画像拡大

グラディエーターは、現行型(JL型)の「ジープ・ラングラー アンリミテッド」をベースとするピックアップトラック。2018年11月のロサンゼルスモーターショーでデビューした(関連記事)。

フロントセクションやドア、インテリアなどのデザインはラングラー アンリミテッドと同じだが、ホイールベースが50cmほど延長されて後部は荷台になっているのが特徴。ほかラングラーシリーズと同様、優れた悪路走破性がセリングポイントとされている。

日本仕様車のスペックや装備、発売日、価格については今冬の正式発表時に明らかになる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
グラディエーター, ジープ, 自動車ニュース

ジープ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.31 試乗記 ジープ自慢のクロスカントリーモデル「ラングラー」に、限定車「ルビコン ソフトトップ」が登場。伝統の2ドア仕様で、悪路特化の「ルビコン」で、しかもホロ屋根という好事家の心をくすぐる一台は、爽快なまでに“潔さ”を感じさせるクルマに仕上がっていた。
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • BMW R18B(6MT)【レビュー】 2021.9.22 試乗記 BMWのビッグクルーザー「R18」シリーズに、巨大なカウルとサイドケースを備えた「R18B」が登場。ドイツ発のアメリカンツアラーは、どのような走りを味わわせてくれるのか。セグメントのど真ん中に切り込んだBMWの本気度を探った。
  • 「ジープ・ラングラー ルビコン」にソフトトップ採用の限定モデルが登場 2021.7.15 自動車ニュース FCAジャパンは2021年7月14日、ジープブランドの本格クロスカントリーモデル「ラングラー ルビコン」にオープントップ仕様の限定車「Soft Top(ソフトトップ)」を設定し、同年7月24日に100台限定で販売すると発表した。
ホームへ戻る