クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第657回:登録済み未使用車を狙え! 新車は高いが、お買い得な輸入車5選

2021.09.20 エディターから一言
カーディーラーが展示や試乗用として自社登録したのち、中古車として販売される車両が、一般に登録済み未使用車と呼ばれる。(写真はイメージ)
カーディーラーが展示や試乗用として自社登録したのち、中古車として販売される車両が、一般に登録済み未使用車と呼ばれる。(写真はイメージ)拡大

新車でも中古車でもない、登録済み未使用車という車両を見かけたことはないだろうか。この登録済み未使用車とは、一般に「ディーラーなどの法人名義で登録はされたものの、一度もエンドユーザーの手に渡っていない販売車両」のことをいう。つまり「ナンバーは付いているけれど誰も使っていないクルマ」だから、そう呼ばれているわけだ。新車価格が高いが、ひょっとしたら狙えるかもしれないというプライスタグを付けた、登録済み未使用車を5台紹介する。

 
プジョー508
プジョー508拡大
プジョーの最上級サルーン「508」は、2019年3月に国内販売が開始された。サッシュレスドアにテールゲートを備えた4ドアクーペ風のプロポーションを、プジョーは“4ドアファストバック”と呼んでいる。テールランプはライオンの爪痕をモチーフにデザインされたという。
プジョーの最上級サルーン「508」は、2019年3月に国内販売が開始された。サッシュレスドアにテールゲートを備えた4ドアクーペ風のプロポーションを、プジョーは“4ドアファストバック”と呼んでいる。テールランプはライオンの爪痕をモチーフにデザインされたという。拡大
プジョー車ではおなじみとなった、ステアリングホイールの上からメーターパネルを見渡すi-Cockpitが採用された「508」のインテリア。インフォテインメントシステムや先進運転支援システムも、フラッグシップモデルにふさわしい充実したものになっている。
プジョー車ではおなじみとなった、ステアリングホイールの上からメーターパネルを見渡すi-Cockpitが採用された「508」のインテリア。インフォテインメントシステムや先進運転支援システムも、フラッグシップモデルにふさわしい充実したものになっている。拡大
登録済み未使用車は、走行距離が短くカーディーラーや自動車販売店が所有者である場合がほとんど。つまり、車両はエンドユーザーに渡っていないので、コンディションが良く新車に近い状態であると考えられる。正規ディーラーの中古車部門で販売されているケースが多く見受けられる。(写真はイメージ)
登録済み未使用車は、走行距離が短くカーディーラーや自動車販売店が所有者である場合がほとんど。つまり、車両はエンドユーザーに渡っていないので、コンディションが良く新車に近い状態であると考えられる。正規ディーラーの中古車部門で販売されているケースが多く見受けられる。(写真はイメージ)拡大

スタイリッシュなフレンチ4ドアはいかが?

「近ごろの新車は高すぎる!」というよくある意見に、筆者は必ずしも同意しない。あまりに高度化した運転支援システムや安全対策などを車両にぶっ込めば、昭和の頃のように、クルマの価格が200万円程度で収まるはずがないから──という理由がまずひとつ。もうひとつは、欧米先進国と比べると微妙に労働者の賃金が上がらなくなったニッポンの感覚で、グローバル商品たる自動車の価格をうんぬんしても意味がないと思うからだ。

とはいえ上記はあくまで机上の物言いでしかなく、いち労働者(庶民)である筆者の肌感覚は「最近の新車は高くて買えねえ……」と悲鳴を上げている。

しかし、だ。クルマというのは何も新車にこだわる必要もないわけで、世のなかには「中古車」という便利なモノもある。そして「いや自分は、設計年次が古いクルマはちょっと……」という人に対しても、昔の言葉で言う新古車、現在の用語で言う「登録済み未使用車」がある。新車ではなくそれを狙うことにすれば、筆者のごとき庶民であってもバリバリの新車……ではないにしても、それに近い欧州先進国車を購入することは十分可能なはずなのだ。

例えば、農業および工業大国であるフランスの「プジョー508 GT BlueHDi」である。

言わずと知れた最新のプジョーデザインをまとった、「苦み走ったいい男」的雰囲気の4ドアファストバックであり、特に2リッターディーゼルターボを搭載するGT BlueHDiは素晴らしいと、個人的には思っている。

だが、私がそれを個人的にどう思おうと「547万1000円」という新車価格が、まるで絶壁のように眼前に立ちはだかる。

しかし私には、登録済み未使用車という強い味方がいる。どういう理由かは知らないが自社登録された508 GT BlueHDiのうち1台を買うと決めれば、車両価格で390万円ぐらい、支払い総額で考えても415万円ぐらいでイケるのだ。

547万1000円(新車価格)のローンに加えて新車登録時の諸費用を払い切る自信はないが、これであれば私にも払えるはず。大勝利である。

>>プジョー508の中古車はこちら

シトロエンC5エアクロスSUV
シトロエンC5エアクロスSUV拡大
2019年5月28日に販売が開始されたシトロエンの新型車「C5エアクロスSUV」。ボディーサイズは全長×全幅×全長=4500×1850×1710mmで、ホイールベースは2730mm。
2019年5月28日に販売が開始されたシトロエンの新型車「C5エアクロスSUV」。ボディーサイズは全長×全幅×全長=4500×1850×1710mmで、ホイールベースは2730mm。拡大
中央部にレイヤーを重ねた乗り心地のいい柔らかなシートも「C5エアクロスSUV」の特徴。後席には150mmの前後スライドと19度~26.5度までのリクライン機構が備わっている。
中央部にレイヤーを重ねた乗り心地のいい柔らかなシートも「C5エアクロスSUV」の特徴。後席には150mmの前後スライドと19度~26.5度までのリクライン機構が備わっている。拡大

人気のSUVもリーズナブルに購入できる

昨今流行の(ハヤりすぎな気もするが……)SUVでいくなら、その名もズバリな「シトロエンC5エアクロスSUV」の登録済み未使用車がアツい。

いまさらご説明の必要はないと思うが、シトロエンC5エアクロスSUVとは、2019年5月に発売されたミドルサイズのSUV。デザインもすてきだが、「ハイドロニューマチックの現代的解釈」をうたう「プログレッシブハイドローリッククッション(PHC)」なるサスペンションシステムも魅力となる一台だ。

これも新車で買うとなると2リッターディーゼルターボモデルで車両価格441万2000円~(本革モデルは478万4000円から)+諸費用、途中追加された1.6リッターガソリンターボモデルでも422万1000円+諸費用となるわけだが、われらが登録済み未使用車であれば、ディーゼルターボで車両350万円ほどだ。

もしも「……車両350万円はちょい高い」と感じるなら1.6リッターガソリンターボにすれば、車両価格320万円ぐらいで、走行20kmとか40kmの個体が楽勝で見つかるだろう。

>>シトロエンC5エアクロスSUVの中古車はこちら

ボルボV60クロスカントリー
ボルボV60クロスカントリー拡大
「ボルボV60クロスカントリー」は、ミドルクラスワゴン「V60」をベースに悪路走破性能を向上させたクロスオーバーモデル。2019年3月に日本での販売が開始された。
「ボルボV60クロスカントリー」は、ミドルクラスワゴン「V60」をベースに悪路走破性能を向上させたクロスオーバーモデル。2019年3月に日本での販売が開始された。拡大
専用のシャシーやサスペンションを用いて、ベースとなった「V60」より65mm高い210mmの最低地上高が確保された「V60クロスカントリー」。標準で4WDの駆動方式を採用し、オフロード向けのドライビングモードも備わっている。
専用のシャシーやサスペンションを用いて、ベースとなった「V60」より65mm高い210mmの最低地上高が確保された「V60クロスカントリー」。標準で4WDの駆動方式を採用し、オフロード向けのドライビングモードも備わっている。拡大

北欧のプレミアムブランドも狙える

SUVというかクロスオーバー車ではあるが、「ボルボV60クロスカントリー」の登録済み未使用車もなかなか魅力的だ。

V60クロスカントリーは、中型のナイスなステーションワゴン「V60」のボディーをちょい拡大し、最低地上高を65mmアップさせたうえでSUV的な意匠も取り入れたモデル。駆動方式は全車4WDである……なんてことは皆さんには釈迦(しゃか)に説法だろうが、このすてきなクロスオーバー車の新車を買おうとすると、上級グレードである「B5 AWDプロ」の場合で674万円+諸費用という天文学的(?)な額になる。

しかし登録済み未使用車であれば、走行20kmぐらいのレザーパッケージ装着車が車両510万円とか520万円ぐらいである。高いは高いが、頑張れば手が届かなくもなさそうな線だ。

ちなみに筆者が住まう長屋のお隣さんも先日、クルマをV60クロスカントリーに替えたのだが、たぶん新車ではなく未使用車的なモノを買ったのではないかとにらんでいる。余計なお世話だが。

ただ、ここで言う510万円ぐらいのV60クロスカントリーは2リッターの直4ガソリンターボを搭載した「T5 AWDプロ」であり、現在販売されている48VハイブリッドモデルB5 AWDプロとはパワーユニットが異なる点には注意されたい。

>>ボルボV60クロスカントリーの中古車はこちら

 
ボルボV90クロスカントリー
ボルボV90クロスカントリー拡大
ボルボのフラッグシップクロスオーバー「V90クロスカントリー」。2017年2月に導入が開始された。
ボルボのフラッグシップクロスオーバー「V90クロスカントリー」。2017年2月に導入が開始された。拡大
荷室の容量は5人乗車時で560リッター。後席を倒すことで1526リッターにまで拡大できる。
荷室の容量は5人乗車時で560リッター。後席を倒すことで1526リッターにまで拡大できる。拡大

フラッグシップモデルも夢ではない

ここからは、そのほかの注目モデルをコンパクトにまとめよう。

「ボルボV90クロスカントリー」の登録済み未使用車もなかなかアツい。たたずまいからしてかなりステキなV90クロスカントリーだが、新車価格は844万~914万円もするので、庶民感覚ではどうしても買う気になれない。いや、正確には「買えない」。

だが「未使用車」ならば「D4プロ」が車両600万円ぐらいからイケる。まぁ600万円とて気軽に「イケます」などと言える立場にない筆者だが、一応夢は膨らむというものである。

なおこちらも現在販売されている電動車(48Vマイルドハイブリッド)ではなく、2リッター直4直噴ディーゼルターボになるわけだが、登録済み未使用車は、そういった細かいことを気にしていては買えない。「割り切り」あるいは「あきらめ」の心が重要である。「完璧」を求めたいのであれば、新車を買うしかないのだ。

>>ボルボV90クロスカントリーの中古車はこちら

DS 7クロスバック
DS 7クロスバック拡大
シトロエンから独立したDSブランドのフラッグシップとなるSUVが「DS 7クロスバック」。2018年7月に販売が開始された。“新世代のDSサスペンション”とうたわれる「DSアクティブスキャンサスペンション」を搭載している。
シトロエンから独立したDSブランドのフラッグシップとなるSUVが「DS 7クロスバック」。2018年7月に販売が開始された。“新世代のDSサスペンション”とうたわれる「DSアクティブスキャンサスペンション」を搭載している。拡大

普段なら手が出しにくいモデルもアリ?

フランス車に戻るが、DSオートモビルのフラッグシップである「DS 7クロスバック」は、その希少性ゆえの価値や魅力は大いに感じる。しかし「コレに520万3000円+諸費用かぁ(最新の「バスティーユBlueHDi」の場合)」と思うと実際には手を出すのは難しい、なんとも微妙な存在だった。

しかし走行30km程度の未使用車で車両440万円ぐらい、支払い総額でも460万円ぐらいとなれば、「……いっそ思い切ってDS 7クロスバック、買ってみるか?」という気持ちも湧き上がってくるものだ。

登録済み未使用車。それは、メジャーで王道なモデルを割安価格で買いたい場合に有効な選択肢だが、「いろいろと微妙なモデルだが、でも乗ってみたい!」と心が叫んだ場合にも、割と有効に機能する選択肢である。

(文=玉川ニコ/写真=ステランティス、ボルボ・カーズ/編集=櫻井健一)

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ V60クロスカントリー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。