ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場

2021.09.23 自動車ニュース
ケータハム・セブン170S
ケータハム・セブン170S拡大

ケータハムカーズ・ジャパンは2021年9月23日、軽自動車規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」を発表し、同日、販売を開始した。

 
ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場の画像拡大
 
ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場の画像拡大
セブン170R
セブン170R拡大
 
ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場の画像拡大
 
ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場の画像拡大
 
ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場の画像拡大

ケータハム史上最も軽量な量産モデル

ケータハム・セブン170は、2014年12月に発売された「セブン160」の後継モデルであり、またケータハムが日本のVTホールディングスの傘下となってからリリースされる、初のモデルとなる。

最大の特徴はその軽さで、軽量化オプションが採用された最も軽い仕様では、乾燥重量440kgを実現。ケータハムの量産車としては、史上最も軽量なモデルとされている。一方、搭載されるエンジンはスズキ製の658cc直列3気筒ターボで、最高出力85PS/6500rpm、最大トルク116N・m/4000-4500rpmを発生。先述の最軽量仕様では、パワーウェイトレシオは5.18kg/PSとなる。またサスペンションは前がダブルウイッシュボーン式、後ろがマルチリンクライブアクスル式で、タイヤは前後ともに155/65R14サイズの「エイボンZT7」が装着される。

動力性能については、0-100km/h加速は6.9秒、最高速は160km/h超と公称されており、同時に英ロンドンの超低排出ゾーン規制(ULEZ)や、欧州における最新の排出ガス規制「Euro6」をクリアする環境性能も実現しているという。

ボディーサイズも全長×全幅×全高=3100×1470×1090mm、ホイールベース=2225mmとセブン160と同様に非常にコンパクト。一方、新しいアロイホイールや、ストライプのデザイン、LED式のリアランプなどが、セブン160との違いとして挙げられる。

ラインナップは、ストリート志向の「170S」とサーキット志向の「170R」の2種類で、前者にはロードサスペンションパックやシルバーのアロイホイール、ウインドスクリーン、ソフトトップ、ドア、ブラックレザーシートなどを標準装備。一方170Rには、スポーツサスペンションパックやブラックアロイホイール、コンポジットレースシート、4点式レースハーネス、LSD、カーボンダッシュボードなどが標準装備となる。

価格は以下の通り。

  • セブン170S:539万円
  • セブン170R:561万円

(webCG)

関連キーワード:
セブン, ケータハム, 自動車ニュース

ケータハム セブン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ケータハム・セブン スーパースプリント 2017.11.22 画像・写真 ケータハムから「セブン スーパースプリント」が登場。軽自動車用エンジンを搭載した「セブン160」をベースに、最高出力を96psにアップ。1960年代のレーシングカーを思わせるクラシカルな趣も魅力となっている。60台限定の特別なセブンの姿を、写真で紹介する。
  • ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場 2021.9.23 自動車ニュース ケータハムから軽自動車規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場。2014年に発売された「セブン160」の後継車種にあたり、最も軽い仕様では乾燥重量440kgを実現するなど、ケータハムの量産車史上、最も軽量なモデルとなっている。
  • ケータハム・セブン160(FR/5MT)【試乗記】 2014.6.24 試乗記 スズキ製のパワートレインを搭載した“黄色ナンバー”の「ケータハム・セブン160」に試乗。車両重量490kg(!)というスーパーライトな最新モデルに、ライトウェイトスポーツの本分を見た。
  • ケータハム・セブン160(FR/5MT)【試乗記】 2014.5.1 試乗記 スズキ製の660ccエンジンを搭載した、軽自動車規格の「ケータハム・セブン」が登場。ダイレクトなドライブフィールと適度な動力性能がもたらす、このクルマならではの走行体験をリポートする。
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
ホームへ戻る