クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ライバルメーカー戦々恐々! 「トヨタ・カローラ クロス」登場で国内SUV市場はどうなる?

2021.09.27 デイリーコラム

売り出されるにはワケがある

2020年7月にタイで発表された「カローラ クロス」が、2021年9月に国内導入されるという報が伝わると、日本のクルマオタクの多くが驚いた。というのも、トヨタの国内SUVラインナップはすでに「ライズ」「ヤリス クロス」「C-HR」「RAV4」「ハリアー」と、A、B、C、D、高級D……という全セグメントで水も漏らさぬ布陣をきずいていたからだ。

カローラ クロスはその名のとおり、「カローラ」由来のGA-Cプラットフォームを土台とするCセグメントSUVだ。既存の国内トヨタSUVでは、C-HRが同じGA-C車となる。2016年末の国内発売直後は大ヒットしたC-HRも、最近は販売ランキング30位前後が定位置で、少しばかり物足りない気がしないでもない。しかし、カローラ クロス発売にともなってC-HRが姿を消す……という話もない。

カローラ クロスはC-HRとプラットフォームを共有しつつも、全長はそれより10cm大きくて背は7cmほど高く、ファミリーカーとして十二分な居住性と実用性を有するのが特徴だ。対するC-HRは居住性や積載性はあえて割り切って、スタイリッシュなデザインと欧州車的なダイナミクス性能を売りとする。つまり、C-HRはもともとニッチ商品であり、そこが国内で継続的な売り上げにつながっていない理由のひとつだろう。

実用的なSUVという視点で見た場合、ひとつ下のヤリス クロスも欧州的なパーソナルカー志向が強く「ホンダ・ヴェゼル」や「日産キックス」などの競合車と比較すると、物足りないのが実情である。一見しただけでは水も漏らさないはずだったトヨタSUVも、こうして意地悪に観察すると“家族で使えるB~CセグSUV”というニーズに対しては手薄だったことが分かる。CセグSUVド真ん中サイズのカローラ クロスはそんなニーズを満たしつつ、純エンジンで200万円台前半、ハイブリッドで200万円台後半という価格はヤリス クロスとC-HRの中間(より、ややヤリス クロス寄り)に落とし込まれる。

「カローラ」シリーズ初のSUVモデルとなる「カローラ クロス」。2021年9月14日に国内販売がスタートした。
「カローラ」シリーズ初のSUVモデルとなる「カローラ クロス」。2021年9月14日に国内販売がスタートした。拡大
こちらは2020年7月にタイで発表された、海外版「カローラ クロス」。フロントまわりのデザインに違いが見られる。
こちらは2020年7月にタイで発表された、海外版「カローラ クロス」。フロントまわりのデザインに違いが見られる。拡大
「カローラ クロス」と見た目は違えど、同じプラットフォームが使われているSUV「C-HR」。トヨタは既存ラインナップの隙間を埋めるようにカローラ クロスを投入し、SUVの商品展開をより堅固なものにしている。
「カローラ クロス」と見た目は違えど、同じプラットフォームが使われているSUV「C-HR」。トヨタは既存ラインナップの隙間を埋めるようにカローラ クロスを投入し、SUVの商品展開をより堅固なものにしている。拡大
こちらはコンパクトSUV「ヤリス クロス」。「カローラ クロス」はこのヤリス クロス以上、「C-HR」以下と位置づけられる。
こちらはコンパクトSUV「ヤリス クロス」。「カローラ クロス」はこのヤリス クロス以上、「C-HR」以下と位置づけられる。拡大

安くてウマいバリエーションモデル

トヨタは赤字事業を許容するようなヌルい経営ではないし、魔法使いでもない。よって、カローラ クロスにも安いなりの理由はきちんとある。たとえばインテリアは基本造形こそ他のカローラと同様だが、各部素材は明らかにグレードダウンしているし、FFのリアサスペンションはGA-C初のトーションビームとされている。トーションビームが悪いとはいわないが、従来のダブルウイッシュボーンより簡素で安価なのは事実だ。さらに純エンジン車用の1.8リッターも最新のTNGAユニット(=ダイナミックフォースエンジン)ではなく、開発費用をとっくに回収済み(?)の「2ZR」系バルブマチックである。

このようにハッキリ安普請とはいっても、完全なBセグ価格でCセグの押し出しと室内空間をもつカローラ クロスは、これまでトヨタのスキ間をうまく突いてきたヴェゼルやキックスには脅威以外のナニモノでもない。

カローラ クロスの国内発売に合わせて、トヨタは今年で生誕55周年となるカローラの小冊子『Philosophy Book(フィロソフィーブック)』を制作した。そこでは、セダンとステーションワゴン、ハッチバックといった定番だけではく、歴代カローラのそれぞれの時代に合わせて存在したバリエーションを振り返っている。

なるほど、若者がこぞって2ドアを乗り回していた昭和~平成初期には「レビン」があり、手軽なスモールカーが求められた時代には「カローラII」があった。4ドアハードトップがはやれば「セレス」、ミニバンブームが勃発すると「スパシオ」、そしてハイトワゴン全盛期には「ルミオン」というのもあった。さらに、かつての兄弟車「スプリンター」まで視野を広げれば「シエロ」や「カリブ」も忘れがたい。カローラ クロスも、そんな伝統の一部だとトヨタは主張するわけだ。

「カローラ クロス」のインテリア。広がり感や上質感を意識してデザインされてはいるが、車両価格なりに簡素で安価なつくり、ともいえる。
「カローラ クロス」のインテリア。広がり感や上質感を意識してデザインされてはいるが、車両価格なりに簡素で安価なつくり、ともいえる。拡大
「カローラ クロス」のFF車は、「GA-Cプラットフォーム」を採用したモデルとしては初めて、リアサスペンションがトーションビーム式となっている。なお、4WD車はダブルウイッシュボーン式である。
「カローラ クロス」のFF車は、「GA-Cプラットフォーム」を採用したモデルとしては初めて、リアサスペンションがトーションビーム式となっている。なお、4WD車はダブルウイッシュボーン式である。拡大
トヨタの小冊子「フィロソフィーブック」では、1966年から続く「カローラ」のDNAが「カローラ クロス」にも受け継がれていることが強調されている。
トヨタの小冊子「フィロソフィーブック」では、1966年から続く「カローラ」のDNAが「カローラ クロス」にも受け継がれていることが強調されている。拡大
「フィロソフィーブック」によれば、「カローラ レビン」(写真)が“運転をスポーツに変え”、「カローラ ワゴン」が“一段と楽しみを広げた”ように、今回の「カローラ クロス」は“あそびをもっと加速させる”という。
「フィロソフィーブック」によれば、「カローラ レビン」(写真)が“運転をスポーツに変え”、「カローラ ワゴン」が“一段と楽しみを広げた”ように、今回の「カローラ クロス」は“あそびをもっと加速させる”という。拡大

戦えそうなクルマはあるのに……

こうして歴史的に他社を圧倒してきたトヨタ商法だが、最近さらに、えげつないレベルの独走態勢に入っている。そこにダメ押しのようにカローラ クロスが出た。アンチトヨタ派の「だからトヨタは下品だ、嫌いだ」との声もさらに高まるかもしれない。しかし、現在の国内市場がここまでトヨタ独走の構図になったのは、日産やホンダといった本来トヨタに食らいつくべきメーカーが、まるで日本をあきらめたかのように縮小均衡戦略に逃げているからでもある。

トヨタとて、ライズ、ヤリス クロス、カローラ クロス、C-HR、RAV4、ハリアー(もっといえば「ランクル」)というギチギチのSUVラインナップを構築しているのは日本だけだ。カローラ クロスは基本的に新興国市場をメインターゲットとした高コスパ商品で、今のところ欧州や北米では販売されない。そして、そんなカローラ クロスを先進国の日本に導入するにあたり、トヨタは日本専用にハイブリッドの4WD車を用意して、フロントマスクまで専用デザインとした。トヨタはここにいたっても、日本市場を子細に観察して、不足を徹底して補完し続けている。

世界を見わたせば、日産やホンダにも、トヨタに対抗できそうなSUVはたくさんある。日産なら、たとえば2代目「ジューク」に旧「デュアリス」の後継「キャシュカイ/ローグスポーツ」、そして「ムラーノ」が今も存続している。どれも日本でも認知された商品だ。ホンダにしても、Aセグ級の「WR-V」にコンパクト3列シーターの「BR-V」なんて魅力的だろう。さらには、「アキュラRDX」などは、ホンダブランドに転換すれば日本でハリアーに対抗できるかもしれない。このように、ホンダにもヴェゼルと「CR-V」の前後やスキ間を埋められそうなタマはある。

しかし、両社ともこれらを日本で売る気はまるでなさそうだ。先日、webCGで渡辺敏史さんも嘆いておられたように、これじゃあトヨタと、日産やホンダの差は開くばかりだろう。ホント、軽自動車を除いた日本市場は、もうトヨタ1社独占でなんら問題なし……なんて話にもなりかねない?

(文=佐野弘宗/写真=トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業/編集=関 顕也)

海外で先行発売した「カローラ クロス」をトヨタが日本でも展開するのは、もちろん今がチャンスとみてのこと。国内市場における他メーカーの弱腰も、理由のひとつではないだろうか。
海外で先行発売した「カローラ クロス」をトヨタが日本でも展開するのは、もちろん今がチャンスとみてのこと。国内市場における他メーカーの弱腰も、理由のひとつではないだろうか。拡大
トヨタは市場ニーズに合った工夫として、日本仕様車にだけ大型のパノラマルーフを用意している。
トヨタは市場ニーズに合った工夫として、日本仕様車にだけ大型のパノラマルーフを用意している。拡大
国内では現在販売されていない、日産のSUV「ローグスポーツ」。そのデザインのよさから、日本での展開を求める声も聞かれるが……。
国内では現在販売されていない、日産のSUV「ローグスポーツ」。そのデザインのよさから、日本での展開を求める声も聞かれるが……。拡大
インドネシアで発表された「ホンダBR-V」は、7人乗りのSUV。同社がかつて扱った3列シートSUV「クロスロード」は必ずしも成功作とはいえなかったが、SUV熱の高い今の国内市場ならばBR-Vは支持されるのではないか?
インドネシアで発表された「ホンダBR-V」は、7人乗りのSUV。同社がかつて扱った3列シートSUV「クロスロード」は必ずしも成功作とはいえなかったが、SUV熱の高い今の国内市場ならばBR-Vは支持されるのではないか?拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。