三菱が新型「アウトランダー」のPHEVモデルに進化した四輪制御技術を採用

2021.10.01 自動車ニュース

三菱自動車工業は2021年10月1日、今冬に発売予定の新型「アウトランダー」のプラグインハイブリッドモデル(PHEV)に、より進化させた車両運動統合制御システム「S-AWC」を採用すると発表した。

進化させたS-AWCでは、従来は前輪のみだった左右輪のブレーキ制御を後輪にも追加。前輪への負担を軽減し、4輪のタイヤの能力をよりバランスよく最大限に引き出すことが可能になっているという。

さらに、路面状況や運転スタイルに応じた7つのドライブモードを設定。舗装路での通常走行に最適な「ノーマル」を基本に、未舗装路やぬれた舗装路での操縦性と走破性をバランスさせた「グラベル」、雪道などの滑りやすい路面で車両挙動を安定させる「スノー」といった路面状況に応じたモードに加えて、力強い加速が必要な場合の「パワー」や環境に優しく経済的な「エコ」などを用意する。

新しいアウトランダーPHEVモデルの最新情報は、2021年10月1日から三菱自動車のウェブサイトに順次掲載されるという。

(webCG)

新型「三菱アウトランダー」のPHEVモデル。
新型「三菱アウトランダー」のPHEVモデル。拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース