第726回:気配りは口元から!? 大矢アキオ流“系列マスク”のススメ

2021.10.07 マッキナ あらモーダ!

たかが配布品、されど配布品

昨今、自動車関係の取材先でマスクを頂戴することがある。

新車販売店やパーツ販売店、そして愛好会などが独自に製作し、スタッフが使用したり、顧客に配布したりしているものだ。

筆者個人は以前から、特定のブランド名がプリントされたものは、特段の理由がない限り着用を避けるようにしてきた。さらに「おそろい」というものも避けてきた。

堅苦しい主義めいたものは別段ない。だが、学校でも仕事でも制服やユニホームを着用した経験がないゆえ、人とおそろいのものを着ることに慣れていないのである。

それでも、マスクくらいなら、まあいいかと思う。また、無料の配布品にもかかわらず、意外に耐久性が高いマスクもある。たかがノベルティー、されどノベルティー。こうしたものに手を抜くか抜かないかに、店のポリシーが伝わってくる。

参考までに新型コロナウイルス対策のイタリア保険省命令において、屋外でのマスク着用義務は2021年6月末から、対人距離が確保できる場所という条件付きで免除された。いっぽうで、スーパーマーケットやショッピングモール、建物内の食堂を含めた屋内施設では、引き続き着用が罰則付きで義務となっている。バス、列車などの公共交通機関内でも着けなければならない。

かくして、気がつけば配布品のマスクを便利に使っていた筆者であるが、ふと困った「状況」にたびたび遭遇するようになった。

空冷フォルクスワーゲンのパーツ専門店、デイ・ケーファー・サービスにて。ジョヴァンニ・デイ社長と特製マスク。
空冷フォルクスワーゲンのパーツ専門店、デイ・ケーファー・サービスにて。ジョヴァンニ・デイ社長と特製マスク。拡大
イタリアで市販されている使い捨てマスクには、誇らしげに「Made in Italy」と記されたものが少なくない。
イタリアで市販されている使い捨てマスクには、誇らしげに「Made in Italy」と記されたものが少なくない。拡大
ここからは筆者が住むイタリア・シエナで、マスクにまつわる風景を少々。子供服店にて。店主のマルタさん(左)とスタッフ。
ここからは筆者が住むイタリア・シエナで、マスクにまつわる風景を少々。子供服店にて。店主のマルタさん(左)とスタッフ。拡大
2020年4月にシエナ市役所から1回だけ届いた、中国の南通市などから寄贈されたという4枚のマスク。
2020年4月にシエナ市役所から1回だけ届いた、中国の南通市などから寄贈されたという4枚のマスク。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事