カーナビがGoogleマップに!? ホンダ×Googleで自動車のインフォマティクスはどう変わる?

2021.10.08 デイリーコラム
ホンダの北米向け販売車種「アキュラRDX」のインフォテインメントシステムに表示されるAndroid Autoの画面。
ホンダの北米向け販売車種「アキュラRDX」のインフォテインメントシステムに表示されるAndroid Autoの画面。拡大

2021年9月24日、本田技研工業が2022年度から主要車種にAndroidプラットフォームを搭載することを発表した(参照)。世界の巨大IT企業群“GAFA”のなかでも、とりわけ強い影響力を有するGoogle。方や、テレマティクスやインフォマティクスに格別の思い入れを持って取り組んできたホンダ。両社の提携でクルマはどう進化していくのだろうか。

2011年当時のホンダのHDDナビゲーションシステム。「インターナビ」とは、ホンダが提供する交通情報サービス、およびそれに対応するナビゲーションシステムの総称である。
2011年当時のホンダのHDDナビゲーションシステム。「インターナビ」とは、ホンダが提供する交通情報サービス、およびそれに対応するナビゲーションシステムの総称である。拡大
東日本大震災の際、ホンダはインターナビ搭載車の走行情報をもとにした通行実績情報マップを公開。交通網が寸断されたなか、「どの道はつながっているか、通れるか」という情報を開示した同社の取り組みは、被災地の支援と復興に大いに役立てられた。
東日本大震災の際、ホンダはインターナビ搭載車の走行情報をもとにした通行実績情報マップを公開。交通網が寸断されたなか、「どの道はつながっているか、通れるか」という情報を開示した同社の取り組みは、被災地の支援と復興に大いに役立てられた。拡大
2016年に発売された9代目「アコード」のマイナーチェンジモデル。
2016年に発売された9代目「アコード」のマイナーチェンジモデル。拡大

“あの日”を共に乗り越えた盟友として

クルマがつながるってこういう意味だったのか――。筆者がそう実感したのは10年前、東日本大震災のあとだった。

ホンダのカーナビゲーションシステム「インターナビ」は、会員の実走行データに基づく情報提供を売りのひとつにしていた。確かに便利そうだと思ったし、ホンダファンの支持も得ていたが、なくてはならないものとまでは思わなかった。しかし、震災で道路が寸断され、カーナビも地図帳も役に立たないなか、インターナビの通行実績情報マップだけが希望の光を放って人々を導いたのである。

この取り組みがすごかったのは、震災発生翌日の3月12日午前から現地情報を発信したことだ。しかも、発災3日後の3月14日からはGoogleに対して、4月21日からはYahoo! JAPANに対して通行実績を提供し、ホンダ以外のユーザーにも貴重な情報を届けている。その年のグッドデザイン大賞を受賞したのは企業の枠組みを超えた取り組みが高く評価されたからだ。

いまでこそ、非常時の連携も、そのための事前の取り決めも珍しくはなく、近年の大規模災害ではその備えが生かされている。しかし、2011年時点ではそこまでの流れはないし、クルマがつながることの意義を理解していた人は多くなかった。後日談として筆者がホンダ関係者から聞いたところでは「被災地のためにできることを」と現場が心をひとつにして奮闘したという。

このとき、Googleはオンリーワンの情報を持つホンダを、ホンダは広く情報を届けられるプラットフォーマーのGoogleを、それぞれ必要としたことは言うまでもない。3年後の2014年、ホンダはGoogle のAndroid搭載促進を目指す団体「Open Automotive Alliance(OAA)」に参画。OAA設立初期に参画した日本企業はホンダだけだ。また、2016年発売の「アコード」からインフォテインメントシステムが「Android Auto」に対応している。こうした流れを振り返ると、今般のホンダの発表は当然の流れといえるかもしれない。

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事